スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/05/27更新

Vol.032

認知科学者 明和政子先生  後編

やりたいと思ったことは
迷わず進んで「やってみる」
ぶれずに貫く自分をみている人がいる

明和 政子 (みょうわ まさこ)

富山県生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。京都大学霊長類研究所研究員、滋賀県立大学人間文化学部専任講師などを経て、現在は京都大学大学院教育学研究科教授。専門は「比較認知発達科学」。主な著書に『霊長類から人類を読み解く なぜ「まね」をするのか』(河出書房新社)、『心が芽ばえるとき コミュニケーションの誕生と進化』(NTT出版)、『まねが育むヒトの心』(岩波書店)など多数。

ヒトの心だけでなく、チンパンジーの心も研究対象とすることで、「比較認知発達科学」という新分野を開拓された明和政子先生。研究結果から、ヒトの育児スタイルは本来、「共同養育」と提唱し、多くの母親たちの共感を呼んでいます。自らの妊娠・出産・育児体験を踏まえ、ヒトらしい心の発達に必要な条件を科学的に解明しようと研究を続ける明和先生に、ご自身のお子さんとの関わり方も含め、学びの原動力についてうかがいました。

この子がハッピーで生きていられれば、それでよし
笑顔でいられることを見つけよう

認知科学者 明和政子

私自身も子育ての悩みは尽きませんが、子どもがどんどん自分とは別の存在になっていくにつれ、「こうなってほしい」と求めるのは無理だなぁ、と思います。子どもにとっての幸せと、親が子どもに願う幸せが同じとは限らない。だから、「何をやったら自分が笑顔でいられるか、考えてみよう」と言っています。毎日、自然と笑っていられる。それに勝るものはありません。

親がやるべきことは……あまり口出ししないことでしょうか。朝、学校に行く前に「忘れ物ない?ハンカチ持った?」なんて言わないほうがいい。実際に忘れて、本人が困ったときにはじめて、「次は持っていこう」と自覚するはずですから。私が母にしてもらったように、「信じて待つ」ことを大事にしたいですね。ヒトの脳には、他人から信頼されることに喜びを感じるシステムがあります。そういう経験を、早いうちからたくさん積み重ねていってほしいです。

もうひとつ、読書についてですが、子どもには読書に没頭する時間をぜひもってもらいたいですね。読書は、視覚、嗅覚、触覚など、五感を総動員してそこに描かれている世界を具体的にイメージする、きわめて創造的な活動です。私の母は、知人から古本をたくさんもらい受け、自宅の一部屋を「本の部屋」にしてくれていました。次はこの本を読んでみようかな、と自然と思わせてくれる環境。「この主人公はこう思っているけど、あの主人公だったらそうはしないだろうな。私だったらこう思うな」など、たくさんの本に出会うことで、自然にイメージ力が鍛えられたと思います。イメージ力こそ、まさしくヒトが特異的に進化の過程で獲得してきた素晴らしい能力。昨今ブームのAI(人工知能)にも、まだまだ太刀打ちできない能力です。

「本の部屋」が、私の学びの原点だったとしたら、私にとって学びとは、「何かの役に立つからやろう」と考えてやるものではなく、「知りたいと思うことが次々浮かび、それを探る作業自体に喜びを感じるもの」といえるかもしれません。研究者として日々学び続ける中で、苦しいこともたくさんありますが、少しずつ高い目標を設定し、到達していくことにわくわくするのは、今も昔も変わりません。「次は、何をやったらうれしいかな?」と考えることこそ、道を切り拓くための原動力です。進むべき道を自らの意思で選択することに喜びを感じられるかどうか、これが人生を豊かにする鍵のひとつだと思います。

これから私がやりたいことは、自分の研究成果を検証するための実践の場をつくること。基礎研究の成果から確信してきた「ヒトらしい心」と「それを育てるための条件」を実際の社会で実装する挑戦です。うまくいかなくても、検証を繰り返すことでさらにヒトの育ちに必要な条件がみえてくるはずです。学ぶことの喜びは尽きません。

関連リンク

京都大学大学院教育学研究科 明和政子研究室


 

認知科学者 明和政子  

前編のインタビューから

-明和先生が確立された「比較認知発達科学」とは?
-「生と死」に興味を持ち、産婦人科医を志す
-明和先生を支えた方々とは?

 
関連記事

2016/05/20更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生

やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる

2013/12/27更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か学びやしつけの土台となる自己肯定感を育もう

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2016/04/28更新

Vol.031 声楽家 佐藤しのぶさん

歌も学びも、 人間の成長とともに 成熟する だからこそ、人生をかけて探求したい

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!