スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/04/28更新

Vol.031

声楽家 佐藤しのぶさん  後編

学びも、
人間の成長とともに 成熟する
だからこそ、人生をかけて探求したい

佐藤 しのぶ (さとう しのぶ)

東京生まれ。ウィーン国立歌劇場をはじめ、欧州、豪州、アメリカでの一流のオペラハウス及びオーケストラとの共演多数。「椿姫」、「トスカ」、「蝶々夫人」等の主役は記憶に残る名演である。2014年1~4月「夕鶴」つう役初主演で絶賛され、2016年2・3月に全国各地で行われた再演も大好評を博した。文化放送音楽賞、都民文化栄誉章、ジロー・オペラ賞大賞、マドモアゼル・パルファム賞、Federazione Italiana Cuochi、日本文化デザイン賞大賞等を受賞。

1984年に『メリー・ウィドウ』『椿姫』でデビュー以来、日本を代表するオペラ歌手の一人として、国内のみならず、ウィーン国立歌劇場をはじめ世界各地で活躍してきた佐藤しのぶさん。ライフワークである恒例の「母の日に贈るコンサート」(東京オペラシティコンサートホール)を5月8日に控え、歌や子育て、そして人の幸せとは何か?についての思いを、率直に語っていただきました。

日本人だからできること

声楽家 佐藤しのぶ
『蝶々夫人』ウィーン国立歌劇場

私がオペラを続ける中で思ったのが、“日本人だからこそできること”がたくさんあるということ。西洋人が生んだ西洋文化の華であるオペラに日本人が挑戦することは、決して簡単ではありません。

音楽は世界を繋ぐと言っても、まず、言語も風習も違い、西洋の長い歴史と文化は私たちの価値観とは異なります。たとえどんなに海外に長く住んだとしても、やはり鏡を見れば“日本人”です。
でもだからこそ、私たちは彼らと違うから、非常に謙虚に、ひとつひとつ注意深く努力することができます。当たり前にならず、新鮮に尊厳を持って異文化を理解していけます。

例えば、オペラの時代背景、役柄における身分、階級の違い、衣装、剣や扇子の由来、使い方、着こなし方、姿勢、目配せ一つにしても、一から学び、全てに注意をはらいます。日本人だからこそ、いただいた役について調べ考え、体験できるものについては可能な限り体験します。

例えば『カルメン』のミカエラという役では、彼女はメリメの原作には登場しないキャラクターなので、まずなぜこの役がオペラで必要なのかを考えます。そのうえで、物語の舞台であるバスクに行って、まず土地のものを食べる。空気、空の色、土の色、地元の生活、文化や歴史、街の雰囲気を体験してから、楽譜を読み、過去への想像力を膨らませてミカエラという人物像を作っていきます。

なぜなら「自分の中にないものは表現できない」からです。どう歌うかをあえて見せたり演じたりではなく、蓄積したものが自然に溢れ滲みでる演奏が、本物だからです。そのための努力を惜しまないのは、勤勉な日本人なればこそ。私たち日本人には、大きな可能性があると思います。情熱と探究心、誠実さと勤勉さ、これはどんな職業にも当てはまることなのではないでしょうか。

常に悩んだ子育てと仕事

関連記事

2016/04/22更新

Vol.031 声楽家 佐藤しのぶさん

歌も学びも、 人間の成長とともに成熟する だからこそ、人生をかけて探求したい

2014/12/26更新

Vol.016 特養園長 山崎律美さん

100点をもらえれば誰もがうれしい 人は“ちょうどの学び”で たしかに育つ

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2014/12/10更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!