スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/05/20更新

Vol.032

認知科学者 明和政子先生  前編

やりたいと思ったことは
迷わず進んで「やってみる」
ぶれずに貫く自分をみている人がいる

明和 政子 (みょうわ まさこ)

富山県生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。京都大学霊長類研究所研究員、滋賀県立大学人間文化学部専任講師などを経て、現在は京都大学大学院教育学研究科教授。専門は「比較認知発達科学」。主な著書に『霊長類から人類を読み解く なぜ「まね」をするのか』(河出書房新社)、『心が芽ばえるとき コミュニケーションの誕生と進化』(NTT出版)、『まねが育むヒトの心』(岩波書店)など多数。

ヒトの心だけでなく、チンパンジーの心も研究対象とすることで、「比較認知発達科学」という新分野を開拓された明和政子先生。研究結果から、ヒトの育児スタイルは本来、「共同養育」と提唱し、多くの母親たちの共感を呼んでいます。自らの妊娠・出産・育児体験を踏まえ、ヒトらしい心の発達に必要な条件を科学的に解明しようと研究を続ける明和先生に、ご自身のお子さんとの関わり方も含め、学びの原動力についてうかがいました。

信じて認めてくれた母 モチベーションを支えてくれた二人の恩師

認知科学者 明和政子

進路の選択の際にはいろいろと考え、迷いましたが、“悩む”ことはなかったですね。やりたいことがぼんやりとみえてきていましたし、やりたいと思ったら「やってみないとわからない」と割り切って前に進むタイプなので。最近の学生さんをみていると、手持ちの選択肢の中でベターなものを選ぶタイプが多いような気がします。若い皆さんには、ベストな選択を積極的に考え、「まずやってみよう。失敗しても、次がある」と思える経験を多くもってほしいですね。

今は、子どもに失敗させる、放っておくことが難しい時代なのかもしれません。「まず、やってみる」という思いを強く抱けるかどうかは、幼少期の経験の影響が大きいように思います。私の場合、何をやっても母は信じ、認めてくれました。今の私があるのは、「自分で選択する猶予」を親が与えてくれたから。でも、その反面、祖母の影響もあって、「自分で責任を取らなくては」という意識は高校生くらいから強くありました。親が決めていたら、失敗を親のせいにしていたかもしれません。互いに一貫した信頼があったのだと思います。

受験勉強をやりなおし、河合隼雄先生のもとで学ぼうと、京都大学教育学部に入学しました。ところが、ここでも迷いが生じてしまいました。障害をもつ子どもたちに寄り添いたいと、ボランティアサークルに所属し、活動していました。しかし、彼らの心は多種多様で、教科書で学んだ知識が役に立たない。限界を感じました。これからどこに向かうべきか、数か月一生懸命考えました。そして出した結論は、もういちど生命の原点にたつこと。「人間とは何か、人間らしさとは何か」を考える研究をしようと思いました。

転機は大学4回生のときです。障害児心理・教育のトップリーダーであった田中昌人先生(故人)のゼミに参加していました。先生に私の思いを聞いていただくと、開口一番、「人間を知るには、こういう方法もあるよ」と、愛知県犬山市にある京都大学霊長類研究所(以下、霊長研)を紹介してくださったのです。チンパンジーという存在を通して人間らしさを浮き上がらせるアプロ―チです。

田中先生に、霊長研の松沢哲郎先生を紹介いただき、松沢先生も私の希望を快く受け入れてくださいました。霊長研で研究を始めた当初は、どんなに忙しくてもほぼ毎日30分、個別指導をしてくださいました。この時期、私の素朴な研究へのモチベーションを高め続けてくださった二人の恩師との出会いがなければ、決して今の私はありません。

関連リンク

京都大学大学院教育学研究科 明和政子研究室


 

認知科学者 明和政子  

後編のインタビューから

-育児に専念した2年間
-明和先生が研究で明らかにしたこととは?
-道を切り拓くための原動力とは?

 
関連記事

2016/05/27更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生

やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる

2014/04/18更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは 新しい世界が開けること 夢中になれると人は伸びる

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2013/12/20更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か 学びやしつけの土台となる 自己肯定感を育もう

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!