スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/06/26更新

Vol.022

国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生  後編

チャンスがあるところに
舞い降りてくる

異文化に接することで「自分」を理解して
夢の実現のために学び続けよう

千葉杲弘 (ちば あきひろ)

1934年東京生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒業、同大学大学院教育学研究科修了。1961年、ユネスコパリ本部教育局入局。ユネスコアジア太平洋州教育事務所次長、ユネスコ本部教育局次長、同オペレーション事業調整局局長などを務めたのち、1991年より国際基督教大学教授、2004年より2008年まで同大学COE客員教授。日本ユネスコ国内委員、日本ユネスコ協会連盟理事、世界寺子屋運動委員会委員長、ユネスコアジア文化センター識字協力委員会委員長などを歴任。

日本人として当時最年少の27歳でユネスコ(国際連合教育科学文化機関)のパリ本部に勤務し、世界を舞台に基礎教育の普及と発展に努めてきた千葉杲弘先生。小6のときに終戦を迎え、そのときに感じた平和のありがたさから、ユネスコで働く夢を抱き、実現させました。異文化・多文化のなかでさまざまな経験を積まれた千葉先生が、夢をもつことの素晴らしさを語ってくれました。

その子がどういう人間かを理解させた上で夢をもたせてあげよう

国際基督教大学教育研究所顧問 千葉杲弘先生

現代は可能性がたくさんある時代です。夢をもてば、かなえられる可能性は非常に大きい。でも、「やりたいことがわからない」「夢がない」という子もいるようですね。私は、「夢があるところにチャンスが舞い降りてくる」と思います。夢がなければチャンスは素通りしてほかの人のところに降りてしまう。学校や教育の役割は、まず、子どもたちに「自分は何か」「どういう人間か」をよく理解させ、そのうえで夢をもたせてあげることだと思います。

気になるのは、「偏差値を高くする」ことだけを目指している傾向です。偏差値を高くしたあと、「自分は何をするか」がなければ意味がありません。「偏差値」とは違って一人ひとりがもつ夢には競争も序列もありません。夢はその子固有の価値であり宝物です。その宝物が何かを自分で気づき、追い求めていってほしいと思います。

そのために、私が自分の人生を通して効果的だと思うのは、やはり「異文化に接すること」です。同じ環境にいて同じ生活を送っていると、なかなか新しいことを考えられませんし、世の中に違う考えの人がいること、違う道があるということにも気づきにくい。何より異文化に接することで、「自分」というものをもう一度見直す機会が得られます。そしてそこからの学びを、自分の体内に吸収して、自分の人生の中で活かしていく。それが夢の実現にもつながります。

教育とは”teaching”ではなく”learning”、つまり「教える」ことではなく「学ぶ」こと。先生やカリキュラムや教科書がどんなに立派でも、生徒が学ばなければ教育とはいえません。我々大人はそっとその背中を押せばいいのです。「いいアイデアだね」「頑張っているね」。そんな言葉が子どもたちを変えていきます。

KUMONの主催するEnglish Immersion Campに参加した子の中には、「飲み水がきれいではないのでお腹を壊して命を落としてしまう子もいる」と途上国の人から聞き、「井戸をつくりたい」という思いを実現させた子や、缶のプルタブを800kg集めて車いすを寄付した子もいます。「自分と違う」状況の人に接して「なんとかしたい」という思いを実行したわけですが、子どもにはそういう何かを成し遂げる「爆発力」があって、夢を支えてあげるとそれを存分に発揮します。これからの日本には、そういう人が増えていくことを期待します。

近年「グローバル人材」といわれますが、私の経験を振り返ると、語学だけでなく、どこに行っても力強く生きていけるタフさ、また個人として生きていけるだけでなく、周りの人と協力して成し遂げていこうという気力があること、さらに新しく生み出したり改良したりする意欲、弱者に対するいたわりの気持ちや、みんなが良くなるという意識、そうしたものを持つことが大事だと思います。

千葉先生が考える「学び」とは?

関連記事

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

KUMONグループの活動  2018/11/13更新

Vol.281 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生

ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動

調査・研究・アンケート  2015/07/21更新

Vol.096 グローバル人材に関する母親の意識調査

語学力は必要、加えてもっと大切なこともある「グローバル人材とわが子に関する母親の意識調査」結果

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!