KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/11/13更新

Vol.281 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生  

ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る
世界の未来と呼応するKUMONの活動

KUMONは2018年、創立60周年を迎えました。KUMONを知る識者の方々に、それぞれのご専門の観点からKUMONについて伺っていくスペシャルコンテンツ。第5弾となる今回は、ユネスコ本部教育局次長、オペレーション事業調整局長などの要職を歴任し、現在は国際基督教大学教育研究所顧問である千葉杲弘先生に、国際社会の潮流におけるKUMONの存在価値について、お話しいただきました。

KUMONは世界の未来の重要な基礎を構成している

Q.千葉先生とKUMONの出会いについて教えていただけますでしょうか。
最初の出会いは、2001年に日本ユネスコ協会連盟がKUMONと協力して京都で開催した「世界寺子屋会議」の場です。私は仕事柄、海外での生活が長かったので、正直なところKUMONがどのような活動をしている企業なのか、当時はよく分かっておりませんでした。
ところがその世界寺子屋会議には、たいへん大勢の熱心なKUMONの関係者の方々がいらして、その熱意に完全に圧倒されて、「素晴らしい組織だな」というのが初対面の印象ですね。
それ以来、イングリッシュ・イマージョン・キャンプをはじめ、ずっとKUMONと関わらせていただいてきましたが、教育産業の一社というよりはそういう枠を超えて、世界平和に貢献できる団体なのだということに気づくようになりました。親しみとともに、はっきり申し上げて、私のほうがのめり込んできたかもしれません(笑) 

Q.先生は海外でのご経験も大変豊富でいらっしゃいますが、世界的な視点からKUMONの印象についておきかせください。
どんな社会でも、そこに教育が行き渡らないと、その社会の将来というものは保証できません。たとえどんなに素晴らしい政治家が一人現れても、国民の教育レベルが低ければなかなか夢は実現しませんし、いろいろな計画も実行に移せません。
社会が“学習できる社会”になると、すべての人が基礎教育を受けて、活発に生き生きと暮らしていくことが実現できる社会になると思います。そういう意味で、KUMONはまさにその理想に近い姿で、日本国内はもちろん世界の一部の国々に浸透できているのではないかと思います。
私は1961年にユネスコに赴任しましたから、KUMONが歩んできた道と同じ時代を私も歩いてきたことになります。そして振り返ってみると、1960年代以降の国際社会の大きな動きの中、KUMONの大きな変化も呼応して起きているのですね。
近年ですと「Education for All(=万人のための教育)」や、「持続可能な開発目標」達成のための教育目標というゴールが設定されてきました。KUMONは時代のニーズにマッチしていますし、これからもそういう世界の動きと呼応して成長し続けることを望んでおります。

Q.公文が持つ可能性について先生のお考えをきかせていただけますか?
ユネスコが将来の教育のビジョンを発表したことがあります。「教育というものは教えることではなく学ぶことだ。そして教育や行政はその学びを支える活動だ」ということを明確に示しました。
ところが実際に世界中の教育現場を見てきたなかでは、教室があって先生が黒板の前に立って教え込む、という形式ばかりでした。公文式の場合は、学習者が自主的に学ぶ、という形式であり、それこそ教育の主体であり、まさにユネスコが示したことをもうすでに実行しているわけです。
また、自分で学習目標を設定できるという点もいいですね。既存の学校教育では、カリキュラムについていけないと落ちこぼれてしまうことになりますが、KUMONではそれぞれの子どもたちに適切なレベルで対応できるので、落ちこぼれというものが生まれないのですから。
KUMONが、従来の、先生が教え込むという教育ではなく、自主的に学ぶという教育法であるということを知ったとき、本当に素晴らしいと思いました。また、公文の先生方が家庭的な雰囲気の中で、子ども一人ひとりに愛情を持って接していることも、教育として大変なメリットがあると思います。

Q.公文に関わる全てのスタッフに向けて、先生からメッセージをいただけますか?
これからの社会は、ますます“学習社会”として、一般の人々が教育と教養を身につけて、自分たちの社会と世界について協力しあっていく時代になると思います。そして、KUMONは世界の未来の基礎を築く上で、非常に重要な役割を担っている団体だと思います。KUMONが栄えることは、世界の基礎が強固になることだと思います。
私はKUMONがこれからも100年、200年と続いてゆくことを願っておりますし、そして100年、200年後の世界が、これまでには経験したことのないような、素晴らしい世界が実現していることを期待しております。
したがって、先生方も社員の方々も一致団結して、KUMONの素晴らしい可能性に自信を持って、将来に対するビジョンを共有し、頑張っていただきたいと思います。

 

関連リンク
Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問千葉杲弘先生  前編
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)片平秀貴さん|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2)田島信元先生|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)井上達彦先生|KUMON now! トピックス

KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4)伊藤健先生|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6)多賀幹子さん|KUMON now!トピックス

関連記事

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

KUMONグループの活動  2018/08/21更新

Vol.270 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生

発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業

KUMONグループの活動  2018/07/31更新

Vol.267 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん

ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!