スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/06/19更新

Vol.022

国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生  前編

チャンスがあるところに
舞い降りてくる
異文化に接することで「自分」を理解して
夢の実現のために学び続けよう

千葉杲弘 (ちば あきひろ)

1934年東京生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒業、同大学大学院教育学研究科修了。1961年、ユネスコパリ本部教育局入局。ユネスコアジア太平洋州教育事務所次長、ユネスコ本部教育局次長、同オペレーション事業調整局局長などを務めたのち、1991年より国際基督教大学教授、2004年より2008年まで同大学COE客員教授。日本ユネスコ国内委員、日本ユネスコ協会連盟理事、世界寺子屋運動委員会委員長、ユネスコアジア文化センター識字協力委員会委員長などを歴任。

日本人として当時最年少の27歳でユネスコ(国際連合教育科学文化機関)のパリ本部に勤務し、世界を舞台に基礎教育の普及と発展に努めてきた千葉杲弘先生。小6のときに終戦を迎え、そのときに感じた平和のありがたさから、ユネスコで働く夢を抱き、実現させました。異文化・多文化のなかでさまざまな経験を積まれた千葉先生が、夢をもつことの素晴らしさを語ってくれました。

教科書の丸暗記で英語が得意に認められるとうれしくて、さらにがんばった

国際基督教大学教育研究所顧問 千葉杲弘先生

小さいころの私は、からだが小さくて病弱でした。かといって勉強ができるわけでもない。そんな子がどうやって英語を話せるようになり、世界を飛び回るようになったのか不思議に思うでしょう?何しろ英語の成績も底辺をさまよっていましたから。他の教科も先生からまともに相手をしてもらえないほどでした。

ただ戦後、ある先生からノーベル賞の存在を教えられ、そのスケールの大きさに感動して、友人と「どちらが先にノーベル賞をもらうか」なんて会話をしていたことが、勉強ができないながらも高等教育を受けたい動機づけになっていたように思います。

そんな私が高校で希望の大学を書かされたときに、「ハーバード大学」「ケンブリッジ大学」など、世界の名だたる名門大学の名を書いて、先生にかんかんに怒られたことがあります。底辺の生徒がそんなことを書いたので、冗談にもほどがあると思われたのでしょう。

ただ、そこでハーバード大などの名前を出したからには、せめて英語くらいは成績を上げないと、と本気になって中学1年から3年までの英語の教科書を丸暗記して勉強するようになりました。参考書も塾もない当時、手にとれるのは教科書しかなかったんです。それで英語力が伸び、その後の私の人生を左右することになりました。

もうひとつ、勉強することで先生に質問ができるようになり、「勉強しているんだね」と言われたのが励みになったことも、伸びる要因だったと思います。その一言で認められた気になり、「よし、次は先生がわからないことを質問しよう」と、いろいろ考えるようになりました。

こうして英語力を身につけ、私は国際基督教大学(ICU)の第一期生として入学することになりました。ICUに進学したのは、高校3年生のとき「国際性を身につけ、幅広い教養をつくりだす教育。明日の大学」という同校の紹介記事を読み、ノーベル賞のような国際的に大きな夢を描ける大学を探していた自分にぴったりだと思ったからです。

大学在学中には仲間と地域の子どもたちの勉強をサポートするボランティア活動をはじめ、それを機に、教育への興味が膨らみました。教育は人間を成長させ、よい教育を受けた心の豊かな人が、平和で民主的な社会をつくる原動力になっていく、ということに気づいたのです。

同時期には、ユネスコに加盟した日本が、積極的にユネスコの活動を実施している様子が連日報道されていました。当時ユネスコは、「平和な世界を築くにはお互いが理解することが大事で、それを教育で広めていく」ことを推進していました。そのとき私のなかで、これまでの漠然とした将来への思いがつながって「ユネスコで働きたい!」という具体的な夢になったのです。ただ、どうしたらそれを実現できるかはわからず、まずは大学院へ進み、ユネスコの活動に関連することを学ぶことにしました。

念願のパリ本部で働くことになるきっかけとは?

関連記事

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

KUMONグループの活動  2018/11/13更新

Vol.281 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生

ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!