スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/04/24更新

Vol.020

応用言語学者 吉田研作先生  後編

わたしたちは
多文化・多言語の世界”に生きている
そのなかで自分発揮できる
学びをめざそう

吉田研作 (よしだ けんさく)

1948年京都府生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。同大学大学院言語学専攻修士課程修了。ミシガン大学大学院博士課程修了。現在、上智大学言語教育研究センター特任教授、同センター長。

英語教育への関心がいっそう高まるなか、英語にどのように向き合うことがのぞましいのでしょうか。英語をはじめとする外国語教育、異文化間コミュニケーション教育の第一人者で、文部科学省の外国語教育に関する委員会・各種会議の活動にも携わる吉田研作先生に、ご自身の体験をふり返っていただきながら、子どもたちが「英語が楽しい」と感じる秘訣や外国語を学ぶ意義をうかがいました。

心と心を通わせるために“もうひとつの言葉”を学ぼう

応用言語学者 吉田研作先生

英語については早くから学ばせることに批判的な意見もありますが、いまの日本の小学校での英語教育は年間35単位時間ですから、週1回くらいの授業です。内容も歌やゲームといったもの。日本語とは違う言語でコミュニケーションできる喜びを体験するのがおもな目的だからです。この程度で日本語がおかしくなることはありえません。むしろ、違った言語に接することで、日本語に対する気づきが生まれる可能性が大きいと思います。もちろん、「おもしろい」「話せた」「通じた」という喜びを感じられることがいちばんです。

家庭では、親が英語に対してポジティブな気持ちであれば、子どももポジティブにとらえるはずです。たとえば英語の歌や洋楽や洋画など、身近に英語がある環境だと、自然に英語に親しみを覚えるでしょう。そうした物理的な環境だけでなく、親自身が英語を学んでいたり、テレビで洋画を見るとき英語音声にして見たりすれば、子どもは親近感をもって受け入れられるはずです。親が「自分は英語ができないから」と、子どもにだけやらせることはのぞましくありません。

経済活動だけでなく、人と人とが国際的につながり、外国の人たちとの交流が年を追うごとに活発になっている時代です。その共通語として、英語は必須のツールとなりつつあるので、これからはいっそう英語教育が重要になってきます。

ただ、英語が大切なことは言うまでもありませんが、わたしはもうひとつ、近隣諸国の言葉を学ぶ必要性もあると考えています。たとえば、中国や韓国との関係には課題もたくさんありますが、彼らとは英語というよりは、それぞれの国の言葉で話せるようになりたいものです。ちなみに、現在の日本の高校生のうち、英語以外の外国語(第2外国語)を学んでいるのはわずか1.5%です。かたや、韓国で第2外国語を学ぶ高校生は30%というデータもあります。これは意外な気もしますが、ちょっといびつですよね。

南アフリカ共和国の大統領を務め、ノーベル平和賞を受賞した、故ネルソン・マンデラ氏の名言にこのようなものがあります。

“If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head.
  If you talk to him in his language, that goes to his heart.”
“相手がわかる言葉を使えば、その人の頭にアクセスできる。
  相手の持っている言葉を使えば、その人の心にアクセスできる。”

わたしもその通りだと思います。心と心が通じ合うためには、お互いがお互いの言葉を知ろうという努力をしなければなりません。英語は世界の共通語として学ばなければなりませんが、もうひとつ別の、心と心の交流をするための言葉とは何かを考え、実際にそれを学ぶことが、これからの時代には大切ではないでしょうか。

「グローバル」という言葉が日常生活のなかでも頻繁に使われる時代になりました。グローバル化が進むということは、「ひとつの国にひとつの言語」ではなく、「ひとつの国のなかに多文化・多言語」がふつうになるということです。こういう変化はとても速いので、あっというまにそんな時代が来るでしょう。そのときに、イソップ寓話『アリとキリギリス』のキリギリスになっていないように、きちんと準備ができているか。そういう危機感を、まずは大人がもって、子どもたちを導いてもらいたいと思います。

その意味では、世界で48の国と地域に展開しているKUMONは、それだけいろいろな国の多様な教育や文化にふれてきているので、これからの多文化教育に、地球規模で貢献できるのではないでしょうか。期待しています。

日本は長く「単一民族単一言語の国」と言われてきましたが、「多文化や多言語のなかに生きている」と意識を変化させる、あるいはそういう自覚をもつことが、これからは不可欠になってくると思います。大都市でも地方でも、すでに外国の人たちはたくさんいます。企業でも外国の大学から直接採用するところが増えています。2020年の東京オリンピックに向け、「多文化・多言語」の流れはいっそう加速していくはずです。

「多文化・多言語のなかで、異文化・異言語の人たちが心と心を通わせ、それぞれをきちんと発揮できる」のが理想だと思います。それが実現できたとき、どんな地球社会になっているのか。とても楽しみです。わたし自身も含め、そのために学びを重ねていってもらいたいと思っています。


 

応用言語学者 吉田研作先生   

前編のインタビューから

– 「帰国子女」という言葉がまだないころの、貴重な海外での体験
– カナダで小学5年生はパス(飛び級)したが、日本では中学2年生を2回体験
– 吉田先生が「英語教師」を志したきっかけとは?

 

 
関連記事

2015/04/17更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる 学びをめざそう

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

2015/12/18更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう

バックナンバー

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
Vol.397
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑫            <悪いのは子どもではない>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!