スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/04/24更新

Vol.020

応用言語学者 吉田研作先生  後編

わたしたちは
多文化・多言語の世界”に生きている
そのなかで自分発揮できる
学びをめざそう

吉田研作 (よしだ けんさく)

1948年京都府生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。同大学大学院言語学専攻修士課程修了。ミシガン大学大学院博士課程修了。現在、上智大学言語教育研究センター特任教授、同センター長。

英語教育への関心がいっそう高まるなか、英語にどのように向き合うことがのぞましいのでしょうか。英語をはじめとする外国語教育、異文化間コミュニケーション教育の第一人者で、文部科学省の外国語教育に関する委員会・各種会議の活動にも携わる吉田研作先生に、ご自身の体験をふり返っていただきながら、子どもたちが「英語が楽しい」と感じる秘訣や外国語を学ぶ意義をうかがいました。

カベをすべて取り除いた教育では、子どもたちは成長しない 親は子どもを信じて見守ろう

応用言語学者 吉田研作先生

ふり返れば、人生とは不思議なものです。小学1年生のとき、英語力ゼロで渡米。中学1年生の秋に帰国、このときは日本語力がほぼゼロ。成績不振で中学2年生を2回経験(前編参照)。そんなわたしが、いま、外国語を教える教師を育てる仕事をしている。

中学1年生で帰国し、編入した中学校で言われた「変な日本人」「変な外人」という言葉。子どもというのは素直で、純粋です。思ったまま、感じたままに言いますから、日本語がわからないなりにへこむこともありました。でも、英語だけはできたので、英語が好きだったクラスメイトとはすぐに仲良くなりました。それが、自分のなかでは大きなよりどころになりました。

そもそも、人はだれでもカベにぶつかって、それを乗り越えて成長していくものだと思います。だれだって未知のものにぶつかったら、必ずそこでいったん立ち止まるでしょう。どうしようかと考えるはずです。その意味でいうと、カベをすべて取り除いて、何でもかんでもスムーズにいくような教育は考えものです。それでは子どもは成長しない。何かにぶつかったとき、そこから先へ進めなくなるのではないでしょうか。

小さいころから、子どもなりに努力したり、迷ったり、悩んだりする経験は必要だと思います。そして、カベを乗り越えるには、親は子どもを信じ、乗り越えるのを見守るしかない。もちろん、カベを乗り越えられるだけの力をつけておくことは必要ですが、親が手助けしすぎると子どもは強くなりません。「必ず乗り越えられる」という気持ちで見守ってくれる親がいたら、子どもはいろいろな方向に自信をもって伸びていけると思います。

そう言えるのも、わたしの親がそうだったからです。やりたいことをやらせてくれました。どんなに成績がよくなくてもしかられなかったですし、「勉強しなさい」と言われたことは一度もありません。最小限の手助けはしてくれましたが、ほとんどは「自分で考えて先に進みなさい」という姿勢だったですね。

わたしも親として3人の娘たちには、同じように接してきました。「いろんなことにチャレンジしてくれるといいな」「自分で何かを発見してくれたらいいな」と思って育ててきました。いま娘たちは、編集者、現代美術家、ミュージシャンと、三者三様、好きな道を切り拓いています。

吉田先生が「英語はもちろん。近隣諸国の言葉も学ぶ必要がある」と考える理由は?

関連記事

2015/04/17更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる 学びをめざそう

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

2015/12/18更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう

バックナンバー

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
Vol.397
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑫            <悪いのは子どもではない>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!