スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/04/17更新

Vol.020

応用言語学者 吉田研作先生  前編

わたしたちは
多文化・多言語の世界”に生きている
そのなかで自分発揮できる
学びをめざそう

吉田研作 (よしだ けんさく)

1948年京都府生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。同大学大学院言語学専攻修士課程修了。ミシガン大学大学院博士課程修了。現在、上智大学言語教育研究センター特任教授、同センター長。

英語教育への関心がいっそう高まるなか、英語にどのように向き合うことがのぞましいのでしょうか。英語をはじめとする外国語教育、異文化間コミュニケーション教育の第一人者で、文部科学省の外国語教育に関する委員会・各種会議の活動にも携わる吉田研作先生に、ご自身の体験をふり返っていただきながら、子どもたちが「英語が楽しい」と感じる秘訣や外国語を学ぶ意義をうかがいました。

英語教育の大きな転換期だからこそ その課題と解決策を見出す

応用言語学者 吉田研作先生

2011年度から、小学校では5・6年生において、「外国語活動」として英語が必修になっていますが、これが正式な教科に格上げされることが検討されるなど、いまはちょうど日本の英語教育が大きく変わろうとしている時期です。そうしたなか、わたしは英語教育の具体的な課題とその解決策を明らかにするための調査や研究活動も行っており、大学での講義はもちろん、文部科学省が主催する委員会や各種会議にも関わっています。

大学では学部と大学院で講義を受けもっています。赤ちゃんがどうやって言葉を学ぶかという言語習得から、ヒトがどうやって言葉を使うかの心理的な側面での言葉の使い方を研究する「心理言語学」のほか、バイリンガル教育、外国語教授法などを教えています。

調査や研究の一例をあげると、小学校での英語の実質的な指導者となる、約1,800人のALT(外国語指導助手)と約6,000人の補助教員の人たちを対象とした意識調査があります。小学生の英語が教科化されるとなると、きちんと教えることができる先生が必要ですが、現状では専門の先生が配置されている小学校はわずか6%ほど。ALTや民間組織で資格を取得した外部の人たちが、補助教員として手伝わないとやっていけない状況ですが、実際に英語をどう教えているか。また、教えるにあたりどんな課題があるかなど、それぞれの立場からヒアリングしています。

この調査を通じて、たくさんの意見が寄せられています。とくに日本人の補助教員の方たちは、文字通り「補助」なのですが、学校によってはメインで指導をしたりしています。待遇も時給あつかいだったりボランティアだったりとさまざま。学校や授業内容について言いたいことはたくさんあるようです。そうした意見だけでも何百ページにもなり、小学校の英語教育だけでも、まだまだ課題があるのが実情です。そうした課題を解決するために、いくつもの改革が行われようとしています。それらの改革を見届け、またそのために自分ができることをしっかりやっていきたい、と気を引き締めているところです。

当時めずらしかった海外での学校生活とは?

関連記事

2015/04/24更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる学びをめざそう

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!