トップ > KUMON now! > トピックス > 仲間たちとともに世界を見つめ、 新たな一歩を踏みだそう

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/06/02更新

Vol.089

Ambassadors of Peace Network  

仲間たちとともに世界を見つめ、
新たな一歩を踏みだそう
『第8回 Ambassadors of Peace Network』(APN)開催

2015年4月19日(日)、新大阪にある公文教育会館にて、子どもたちが自分の夢や目標などについて英語で発表するイベント『Ambassadors of Peace Network』(APN)が開催されました。今回はその様子をご紹介します。(記事末尾のダイジェストビデオ(3分)もぜひご覧ください。)

それぞれの夢や目標を発表し合い、応援し合おう!

当日の運営や装飾も
子どもたちが主体的に取り組みました

APNは、毎年夏に行われているイングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ(※)に参加した子どもたちとそのご家族、そして様々な国や地域出身のキャンプリーダーが一堂に集まり、自身の夢や目標を英語で発表して、お互いの成長を確認し、応援し合うイベントです。第8回目を迎えた今回は、19か国から約220名が参加し、久しぶりの仲間との再会を楽しむとともに、新たな目標を思い描きました。

※通称EIC。子どもたちが様々な国と地域出身の学生たちと、英語をコミュニケーションツールとして、生活を共にするKUMON主催のイベント。毎年夏に開催し、2014年には361名が参加。

前半のプログラムでは「My Dream」「My Challenge」「My life after EIC」というテーマのもと、9人の参加者が代表として、英語で発表しました。自分の夢を立派に発表する子どもたち、日本語学習に挑戦するメキシコ出身のキャンプリーダー、EICに参加した子どもに触発され、毎日英語の日記に挑戦されているお母さまの姿に、参加者は大きな刺激を受けていました。

より良い世界を目指して―Take Action

参加者の前でギターの生演奏に挑戦

世界の現状を知り、自分たちに何ができるのかを考えることもAPNの大きなテーマの一つです。 昨年度に実施されたインドネシアスタディツアーと東北トリップのプレゼンテーションでは、現地を訪れたメンバーが、人々との交流を通して感じた想いや現地の様子を英語で発表し、さらには自分たちに実践できることを提案しました。ワークショップ「もしも世界が100人の村だったら」では、クイズなどで世界の貧困や識字の問題を学び、自分たちができることは何かを考えました。

※インドネシアスタディツアーと東北トリップについては、関連リンクをご覧ください。

インドネシアスタディツアー参加者によるプレゼンテーション

参加者の感想を紹介します。

世界についてたくさんのことを知ることができました。私たちができることについても考えることができました。(中学生)

海外にも東北にも行ったことがありません。だから、人々が苦しんでいることを想像できませんでした。でも、現地の人の気持ちを聞いて、理解することができました。(中学生)

Take Action! 休憩中には募金活動も実施

プログラムの休憩時間中のできごとです。数名の子どもたちが手作りの募金箱を持って、保護者席を回っていました。彼らは昨年末に実施されたインドネシアスタディツアーの参加者で、現地で出会った貧しい子どもたちのために、募金を集めているとのこと。自分たちにできることを考えて、早速行動にうつしている子どもたちでした。

夢を持って世界に羽ばたいていこう

Mr. Morse Caoagas Flores
子どもたちの前で夢に向かって
努力し続けることの大切さを語るMorseさん

「子どもたちには夢を持ち、挑戦し続けてほしいですね。そして、イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプで学んだ世界への視野をどんどん広げてほしい」。 そう話すのは、今回特別ゲストとしてお話をしてくださった、Morseさん。Morseさんは現在、UNIPP(国連先住民パートナーシップ)の事務局で活躍されていますが、実は2002~2004年の日本での留学生時代にEICのキャンプリーダーとして子どもたちをサポートしてくれていました。

Morseさんはフィリピンの少数民族の出身で、人権問題を解決するために国連で働きたいという大きな夢に向かって、たいへんな努力をされてきました。「夢や目標に向かって努力し続けることは決して簡単なことではありません。でも、あきらめないで続ければ夢に近づくことができます」。今回のAPNでは、子どもたちの夢や可能性を広げるために、自らの経験を話すことが役に立つのではないかという強い想いで参加されました。

「世界には当たり前ではないことがたくさんあります。そんな世界へも目を向けて、柔軟な考え方や行動ができるよう、自分自身の可能性をどんどん広げていってほしいです」。

夢を実現させたMorseさんの姿は、言葉とともに、力強いエールとなって、子どもたちの胸に届いたことでしょう。

第8回Ambassadors of Peace Network(APN)ダイジェストビデオ

関連記事

KUMONグループの活動  2018/06/12更新

Vol.260 スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱

スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~

KUMONグループの活動  2018/10/16更新

Vol.277 English Immersion Camp 2018

英語をツールに広がる世界 ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2018開催~

KUMONグループの活動  2016/04/19更新

Vol.147 English Immersion Camp15周年イベント開催

仲間たちとともに、 未来に向かって羽ばたこう

KUMONグループの活動  2017/06/06更新

Vol.212 英語で視野を広げよう!

世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!