トップ > KUMON now! > トピックス > 仲間たちとともに世界を見つめ、 新たな一歩を踏みだそう

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/06/02更新

Vol.089 Ambassadors of Peace Network  

仲間たちとともに世界を見つめ、
新たな一歩を踏みだそう
『第8回 Ambassadors of Peace Network』(APN)開催

2015年4月19日(日)、新大阪にある公文教育会館にて、子どもたちが自分の夢や目標などについて英語で発表するイベント『Ambassadors of Peace Network』(APN)が開催されました。今回はその様子をご紹介します。(記事末尾のダイジェストビデオ(3分)もぜひご覧ください。)

それぞれの夢や目標を発表し合い、応援し合おう!

当日の運営や装飾も
子どもたちが主体的に取り組みました

APNは、毎年夏に行われているイングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ(※)に参加した子どもたちとそのご家族、そして様々な国や地域出身のキャンプリーダーが一堂に集まり、自身の夢や目標を英語で発表して、お互いの成長を確認し、応援し合うイベントです。第8回目を迎えた今回は、19か国から約220名が参加し、久しぶりの仲間との再会を楽しむとともに、新たな目標を思い描きました。

※通称EIC。子どもたちが様々な国と地域出身の学生たちと、英語をコミュニケーションツールとして、生活を共にするKUMON主催のイベント。毎年夏に開催し、2014年には361名が参加。

前半のプログラムでは「My Dream」「My Challenge」「My life after EIC」というテーマのもと、9人の参加者が代表として、英語で発表しました。自分の夢を立派に発表する子どもたち、日本語学習に挑戦するメキシコ出身のキャンプリーダー、EICに参加した子どもに触発され、毎日英語の日記に挑戦されているお母さまの姿に、参加者は大きな刺激を受けていました。

より良い世界を目指して―Take Action

参加者の前でギターの生演奏に挑戦

世界の現状を知り、自分たちに何ができるのかを考えることもAPNの大きなテーマの一つです。 昨年度に実施されたインドネシアスタディツアーと東北トリップのプレゼンテーションでは、現地を訪れたメンバーが、人々との交流を通して感じた想いや現地の様子を英語で発表し、さらには自分たちに実践できることを提案しました。ワークショップ「もしも世界が100人の村だったら」では、クイズなどで世界の貧困や識字の問題を学び、自分たちができることは何かを考えました。

※インドネシアスタディツアーと東北トリップについては、関連リンクをご覧ください。

インドネシアスタディツアー参加者によるプレゼンテーション

参加者の感想を紹介します。

世界についてたくさんのことを知ることができました。私たちができることについても考えることができました。(中学生)

海外にも東北にも行ったことがありません。だから、人々が苦しんでいることを想像できませんでした。でも、現地の人の気持ちを聞いて、理解することができました。(中学生)

Take Action! 休憩中には募金活動も実施

プログラムの休憩時間中のできごとです。数名の子どもたちが手作りの募金箱を持って、保護者席を回っていました。彼らは昨年末に実施されたインドネシアスタディツアーの参加者で、現地で出会った貧しい子どもたちのために、募金を集めているとのこと。自分たちにできることを考えて、早速行動にうつしている子どもたちでした。

夢を持って世界に羽ばたいていこう

Mr. Morse Caoagas Flores
子どもたちの前で夢に向かって
努力し続けることの大切さを語るMorseさん

「子どもたちには夢を持ち、挑戦し続けてほしいですね。そして、イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプで学んだ世界への視野をどんどん広げてほしい」。 そう話すのは、今回特別ゲストとしてお話をしてくださった、Morseさん。Morseさんは現在、UNIPP(国連先住民パートナーシップ)の事務局で活躍されていますが、実は2002~2004年の日本での留学生時代にEICのキャンプリーダーとして子どもたちをサポートしてくれていました。

Morseさんはフィリピンの少数民族の出身で、人権問題を解決するために国連で働きたいという大きな夢に向かって、たいへんな努力をされてきました。「夢や目標に向かって努力し続けることは決して簡単なことではありません。でも、あきらめないで続ければ夢に近づくことができます」。今回のAPNでは、子どもたちの夢や可能性を広げるために、自らの経験を話すことが役に立つのではないかという強い想いで参加されました。

「世界には当たり前ではないことがたくさんあります。そんな世界へも目を向けて、柔軟な考え方や行動ができるよう、自分自身の可能性をどんどん広げていってほしいです」。

夢を実現させたMorseさんの姿は、言葉とともに、力強いエールとなって、子どもたちの胸に届いたことでしょう。

第8回Ambassadors of Peace Network(APN)ダイジェストビデオ

関連記事

KUMONグループの活動  2017/06/06更新

Vol.212 英語で視野を広げよう!

世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

KUMONグループの活動  2018/06/12更新

Vol.260 スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱

スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!