OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/08/19更新

Vol.090

スキージャンパー
渡邉陽さん  後編

「やり抜く力」を身につけて
楽しみながらあきらめずに続けよう

渡邉 陽 (わたなべ みなみ)

1997年札幌市生まれ。小学校3年より札幌ジャンプスポーツ少年団でジャンプ競技を始める。中学2年より全国中学生スキー大会に出場。中学3年のとき全国中学生スキー大会の競技中に転倒し前十字靭帯断裂のケガをするも、リハビリを経て札幌日大高校1年の秋に競技に復帰。高校2年から海外遠征のFISカップ・コンチネンタルカップ・世界ジュニア選手権に出場。高校3年でシニア大会初優勝。インターハイ2連覇など高校時代は成績を残し、東海大学に進学。大学1年の時に出場した世界ジュニア選手権男女混合ミックス戦にて銅メダルを獲得。卒業後は、東部ダイハツグループにて自動車販売営業に携わりながら競技を続け、2022年4月からはプロアスリートチーム「team taku」に所属。

「飛ぶのが大好き!」と大きな瞳を輝かせながら、ジャンプについていきいきと語るスキージャンパーの渡邉陽(みなみ)さん。ジャンプ歴は今年で15年になるそうです。その間、インターハイ2連覇などの成績を残しましたが、ケガに見舞われたり再発したりと、道のりは決して平坦ではありませんでした。大学卒業直前となってしまった就職活動やスポンサー探しも自らの手で切り開き、現在は選手活動の一方で、スキージャンプの魅力を知ってもらうための広報活動も精力的に行っています。そのバイタリティとタフさは、公文式で「やり抜く力」を身につけたお陰でもあるそうです。好きなことにまっすぐに取り組む渡邉さんに、ジャンプへの思いや今後のプランなどについて伺いました。

スキージャンプの魅力を広め
新しい女性アスリート像を自ら創造したい

渡邉陽さん

そして、大学4年となったのですが、忙しすぎて就職先を考えることを忘れていて(苦笑)。じつは復帰する際、北海道を拠点とするプロ野球の日本ハムによる次世代スポーツ人材育成型クラウドファンディング「ファイターズクラウドファンディングアスリート」第1号選手に選ばれ、球団イベントで道内の自動車販売会社の社長の方と知り合いました。

そのことを思い出してしばらく時間が経っていたのですが、メールをしたらすぐに会ってくださり、熱意を伝えたところ内定もいただきました。卒業直前の2020年2月のことです。それで最初にお伝えしたように、2年間は車の営業をしながら競技を続けていたのですが、長野にも拠点を置くことになったため退職して、team takuに合流し現在に至ります。

私がteam takuへの合流を決めたのは、競技に集中できる環境があることに加え、スキージャンプのことを知ってもらおうといろんな角度で活動していることに共感したからです。例えば、ジュニア選手を増やそうと長野で毎年ジャンプ大会を開いています。他の地域でも大会を開催し総合優勝したジュニア選手をワールドカップに連れて行き、そこでのジャンプを楽しんでもらう計画もあります。長野のフットサルチームのアンバサダーをしていますし、アパレルブランドの展開やSNSでのライブ配信にも重点を置いています。

私自身も、日本橋にあるオーダーメードのシューズメーカーのアンバサダーを務め、ジャンプの認知度を高める活動に力を入れています。日本、とくに東京ではスキージャンプはまだマイナー競技です。選手自体も受動的、特に女子選手にその傾向が強いと感じているので、それをなんとかしたいと考えています。

競技においては、スポンサー探しに苦労している選手がかなりいるのが現状です。これはジャンプに限った話ではありません。大学までは選手として活動はできても、社会人となるとスポンサー企業を見つけなくてはならないことに加え、ある程度の成績がないとその先にいけません。才能や熱意があっても続けることが難しくなります。

私はこれ以上そんなアスリートを出さないようにしたい。それにはどうしたらいいのか自分なりに考えたところ、アスリートと経営者をつなぐコミュニティをつくることを思い立ちました。具体的な内容はマネージャーと検討中ですが、資金援助をしてもらうだけでなく、アスリートが売上に貢献できるような仕組みを考えているところです。女子選手のセカンドキャリアにも関心があるので、そうしたことにも対応できるような会社をつくるなどして、起業家精神を兼ね揃えた新しい女性アスリート像を自ら創造したいと思っています。

育ててくれた北海道への思い

関連記事

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2021/11/09更新

Vol.421 Forbes JAPANに当社社長が掲載

Webメディア 『Forbes JAPAN』 Brand Voiceにて、 公文式の誕生の経緯から、 「オンライン&教室学習」の導入、これからの展望について語りました

KUMONグループの活動  2022/09/27更新

Vol.456 ドバイにFC第1号公文式教室開設

子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!