OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/08/19更新

Vol.090

スキージャンパー
渡邉陽さん  後編

「やり抜く力」を身につけて
楽しみながらあきらめずに続けよう

渡邉 陽 (わたなべ みなみ)

1997年札幌市生まれ。小学校3年より札幌ジャンプスポーツ少年団でジャンプ競技を始める。中学2年より全国中学生スキー大会に出場。中学3年のとき全国中学生スキー大会の競技中に転倒し前十字靭帯断裂のケガをするも、リハビリを経て札幌日大高校1年の秋に競技に復帰。高校2年から海外遠征のFISカップ・コンチネンタルカップ・世界ジュニア選手権に出場。高校3年でシニア大会初優勝。インターハイ2連覇など高校時代は成績を残し、東海大学に進学。大学1年の時に出場した世界ジュニア選手権男女混合ミックス戦にて銅メダルを獲得。卒業後は、東部ダイハツグループにて自動車販売営業に携わりながら競技を続け、2022年4月からはプロアスリートチーム「team taku」に所属。

「飛ぶのが大好き!」と大きな瞳を輝かせながら、ジャンプについていきいきと語るスキージャンパーの渡邉陽(みなみ)さん。ジャンプ歴は今年で15年になるそうです。その間、インターハイ2連覇などの成績を残しましたが、ケガに見舞われたり再発したりと、道のりは決して平坦ではありませんでした。大学卒業直前となってしまった就職活動やスポンサー探しも自らの手で切り開き、現在は選手活動の一方で、スキージャンプの魅力を知ってもらうための広報活動も精力的に行っています。そのバイタリティとタフさは、公文式で「やり抜く力」を身につけたお陰でもあるそうです。好きなことにまっすぐに取り組む渡邉さんに、ジャンプへの思いや今後のプランなどについて伺いました。

中3でケガに見舞われ約半年のリハビリ生活
高校入学式は松葉杖で出席

渡邉陽さん

私は一人っ子で、わが家は私のジャンプ中心の生活。ジャンプに合わせて家族も動いてくれました。そうして支えてくれた両親のおかげで、のびのびと好きなことに挑戦する中、中3のときに、富山県で開催された全国中学生スキー大会の競技中に、前十字靭帯断裂の怪我をしてしまいました。じつは前十字靭帯は切れていても痛くなくて、もう1本飛んでしまったんです。着地できるかと思ったら、それが無理で転倒してしまい、救急車で運ばれました。1ヵ月の入院と6ヵ月のリハビリを経て、高1の秋に競技に復帰することができましたが、リハビリ中は足がいうこときかなくてつらかったですね。

それで高校の入学式は松葉杖で出席しました。ジャンプ中心の生活のため、学園祭や卒業式などの行事はほぼ参加できませんでしたが、友だちとはジャンプの練習後など時間を見つけて遊んでいました。これも、いろんなことを効率よく回すトレーニングを小さい頃からしていたからこそなせる技、なのかもしれません(笑)。

高2からは海外遠征のFISカップやコンチネンタルカップに出場しました。FISカップで30位以内であればポイントがもらえ、次のコンチネンタルカップに出られます。そこでまたポイントがもらえれば今度はワールドカップ出場の権利が与えられます。ワールドカップに出て30位以内になってポイントが得られたらそのポイントは生涯使えます。けれどもFISカップやコンチネンタルカップのポイントは1年半で切れてしまうんです。なので、ワールドカップのポイントがなければ、またFISカップやコンチネンタルカップでポイントを取らねばなりません。振り出しに戻るわけです。それで大学1年までFISカップとコンチネンタルカップに出場するというのが私のルーチンでした。

私はこれまで出たワールドカップは「31位」なので、現在ポイントを持っていない状態です。ただFISカップのポイントはあるので、コンチネンタルカップをとる必要があります。今年はその日程が大切な国内試合と重なっているので、出場についてはコーチと相談しているところです。

高校時代に話を戻すと、高3のときにはシニア大会で初優勝、インターハイ2連覇、JOCジュニアオリンピックカップ優勝などの成績をあげましたが、大学1年の春に前十字靭帯断裂の後遺症が発症し、リハビリを行いながらワールドカップ札幌大会・蔵王大会に出場して、大学2年のときには前十字靭帯の再手術をし、約1年間のリハビリを経て競技に復帰しました。

渡邉さんが描く今後のアスリート像とは?

関連記事

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2021/11/09更新

Vol.421 Forbes JAPANに当社社長が掲載

Webメディア 『Forbes JAPAN』 Brand Voiceにて、 公文式の誕生の経緯から、 「オンライン&教室学習」の導入、これからの展望について語りました

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

KUMONグループの活動  2022/09/27更新

Vol.456 ドバイにFC第1号公文式教室開設

子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい

2023/01/27更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!