OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/11/12更新

Vol.083

映画監督
大川史織さん  前編

「楽しい」を真ん中に
やりたいことを全力で続けていれば
出会いを手繰り寄せられる

大川 史織 (おおかわ しおり)

神奈川県生まれ。2006年に第9代高校生平和大使の旅で、アウシュヴィッツ博物館公式ガイド中谷剛さんのツアーに感銘を受ける。2007年、日本統治や被爆の歴史のあるマーシャル諸島で聞いた日本語の歌に心奪われ、2011年慶應義塾大学法学部政治学科卒業後にマーシャルへ移住。ドキュメンタリー映画『タリナイ』(2018年)で初監督、編著書『マーシャル、父の戦場 ――ある日本兵の日記をめぐる歴史実践』(みずき書林)とともに、山本美香記念国際ジャーナリスト賞・奨励賞受賞。そのほかの編著書に『なぜ戦争をえがくのか ――戦争を知らない表現者たちの歴史実践』(みずき書林)。

マーシャル諸島で戦没した父を持つ74歳の「息子」の慰霊の旅に同行したドキュメンタリー映画『タリナイ』は、大林宣彦監督をして「フィロソフィーが映画になっている」と言わしめた秀逸な作品。監督を務めたのは大川史織さんです。映画からは「息子」や島の人々が大川さんに心を開いている様子が見て取れますが、実は大川さんはかつて人見知りがひどかったとか。人間関係が作れるようになったきっかけのひとつは公文式教室だったといいます。なぜマーシャル諸島へ行き映画を制作したのか、出会いに恵まれたこれまでの道のりを振り返りつつ、映像という手段をとり続ける理由などについてうかがいました。

「核 環境 開発」と入力して出てきたのが

「マーシャル諸島」

大川史織さん

振り返ってみれば、学校の先生ともいい出会いを重ねました。小5の時の担任は新卒の先生で、毎朝黒板にきれいな字で詩を書いてくれたり、それぞれの誕生日にはウクレレを弾いてお祝いしてくれたり。クラスの時間をとても大切にしてくれる先生の影響を受け、「将来あんな先生になりたい!」と思いながら楽しい学校生活を送っていましたが、その年の10月に父の転勤で東京に引っ越し転校することに…。最後の日に先生からいただいた手書きの絵とオリジナルの詩が書かれたはがきは、今でも大切に持っています。先生は転校後もクラス全員の手紙を送ってくださるなど、離れていても心のつながりを感じられる体験を提供してくれました。

中2のときには、今の私の原点を作ってくださった先生に出会えました。総合学習の時間に、「伝える力を磨く」というテーマで授業をしてくれた国語の先生です。新聞紙に掲載された報道写真をどう読み解くかみんなで考えたり、バングラデシュの留学生を外部講師として招いたりと世界への扉を開けてくれました。

この授業を機に新聞を読むようになり、国際的な視野を広げたいと、都立国際高等学校へ進学。自分の考えをしっかり持つ仲間に囲まれ、刺激的な時間を過ごしていたのですが、まもなく、自分が本や映画、テレビで世界を知っているつもりでも、同級生のように語れる体験を何も持っていないことに気づきました。

「私も自分のことばを持ちたい」と、国際交流のイベントに参加し始め、高1の冬に愛・地球博市民プロジェクトで「高校生1万人署名活動実行委員会」と出会います。長崎の高校生が中心になり核兵器のない世界の実現をめざす署名活動で、私も長崎や東京、神奈川で署名活動を始めました。

長崎に縁があるわけでもなく、身内に被爆者がいるわけでもないのに、なぜ活動をするのかと訊かれることがありますが、「将来、どんな国に行っても必ず長崎と広島の歴史について語ることがあるだろう。そのとき自分はどう語るのか。まったく違う歴史観を持つ人や核兵器は必要だという意見を持つ相手とどのように対話ができるのか、常に考えていたい」と思ったからです。署名活動は、反対意見も含めいろんな考えの人に出会うひとつのチャンスでした。

日本のメディアでは、よく「唯一の被爆国」というフレーズが使われます。でも、被爆者と呼ばれる人は日本以外にもたくさんいます。署名活動の傍ら、高2になって「核 環境 開発」と、気になる言葉をインターネットの検索画面に並べて入力してみました。出てきたのが、「マーシャル諸島スタディツアー」です。これがマーシャル諸島を知る最初のきっかけでした。

 

後編を読む

関連リンク

『映画タリナイ』


 

大川史織さん   

後編のインタビューから

-問いや対話を生み出すツールとしての映像
-帰国後は迷走、友人らのお陰で原点回帰
-日本とマーシャル諸島をつなぐきっかけづくりを

後編を読む

 

関連記事

2021/11/19更新

Vol.083 映画監督
大川史織さん

「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!