OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/07/30更新

Vol.079

常葉大学造形学部
講師 村井貴さん  後編

本当の学びは“外”にある
教科書ネットから飛び出して
外の景色を見に行こう

村井 貴 (むらい たかし)

岐阜県高山市出身。大学でフランス文学を学んだ後、ウェブデザイナーとして複数の企業に勤める。会社員生活を送りながら、産業技術大学院大学にて創造技術修士を取得。その後、北海道大学CoSTEPに特任助教として着任し、サイエンスカフェの企画や大学広報に取り組み、2020年に常葉大学造形学部へ移る。北海道大学エクセレント・ティーチャーズに4年連続で選出、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、朝日新聞社 朝日VRアワード 自然部門賞など受賞歴多数。編集統括を担当した著作に『北大キャンパスガイド』(北海道大学出版会/2021年3月発行)がある。

ウェブデザイナーとしての実務経験を活かし、大学で情報デザインなどを教える村井貴さん。活動範囲は学内にとどまらず、サイエンスカフェを開催して「サイエンスコミュニケーション」を推進するなど、学生、専門家、地域の人々をつなぐ“場”をデザインされています。会社員からキャリアチェンジして教える立場になり、子ども時代に公文式で学んでいたことが役に立ったと振り返る村井さん。どんな点が有益だったのでしょうか。現在のお仕事につかれることになったきっかけや、サイエンスコミュニケーションを実践する意義などについてもうかがいました。

東日本大震災を機に
「自分のスキルを社会に還元しよう」と決意

村井貴さん

小、中、高校と、デジタルに慣れ親しんでいた私ですが、高校時代に思いがけず小説に目覚めることになりました。夏目漱石など教科書の常連作家や、村上春樹など現代小説を好んで読んでいましたが、中でものめりこんだのが太宰治でした。太宰を深く理解するには文学部に進学するのがよいと考えて、大学は文学部に進みました。

専攻の授業はまじめに出席してはいましたが、むしろハマったのは必修科目の「情報」の授業でした。そこでウェブデザインに出会ったんです。元々、デジタルなものに接する機会の多かった私にとって、ウェブの世界の先進性は極めて新鮮で、以来、前のめりになってウェブデザインを勉強しました。

そしていざ、将来をどうするかというとき、教授にこう尋ねました。

「自分がこのまま大学院に進学したら、文学の分野で大学教員になれますか?」

教授の答えはノーでした。文学系の教員はすでに飽和状態でポストがなく、あっても熾烈な競争であると教えられました。そこで私は考えました。時は、ちょうどIT革命といわれ始めた頃。これからはインターネットが主流になるだろう。では、もうひとつの得意分野であるウェブデザインの道に進もう、と。

ただ、大学教員への思いも捨ててはいませんでした。ウェブ制作のスキルを使って、研究系の教員ではなく、「実務家教員」という道もあるかもしれない。そこを目指すには実社会での経験が相当必要だと考え、出版社など複数の会社でウェブ制作の実務経験を積みました。

転機となったのは、2011年の東日本大震災です。東京でウェブデザイナーとして働いていた私は、連日のようにメディアで報道される被災地の映像を見ながら自分の働き方を見つめ直すようになりました。このまま会社員として働くのではなく、もともと希望していた大学教員となって、自分の学びを社会に還元したい、と。

そこで、修士を取得するため、産業技術大学院大学に社会人学生として入学。32歳のときでした。その後、大学院修了のタイミングで北海道大学に就職し、サイエンスコミュニケ-ションに出会ったというわけです。

「生き抜く力」を育てるとは?

関連記事

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

KUMONグループの活動  2018/01/09更新

Vol.241 時代を超えて学び方のヒントを探る

「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!