OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/06/11更新

Vol.078

将棋棋士 谷合 廣紀さん  前編

「楽しい!」と感じることを見つけて
自分を追い込まずにのびのびやろう

谷合 廣紀 (たにあい ひろき)

東京都生まれ。お茶の水女子大学附属小学校、獨協中学校・高等学校を経て、東京大学工学部電気電子工学科を卒業。同大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程に在籍中。自動運転技術を開発するベンチャー企業でもエンジニアとして解析に尽力。著書に『Pythonで理解する統計解析の基礎』(技術評論社)がある。第66回奨励会三段リーグ戦にて14勝4敗でリーグ2位の成績を挙げ、2020年4月1日付で四段昇段、棋士となる。東京大学出身の棋士は史上2人目。

棋士、東大でAIについて研究、ベンチャー企業のエンジニア。そんな3つの顔をもつ谷合廣紀さん。幼少期も複数の習い事をしていた経験があり、それぞれで力を発揮されていました。そのひとつ、公文式ではもともと好きだった算数・数学の魅力にのめり込み、小学生で高校数学を学ぶまでに。勉強をしていなかった時期があったそうですが、公文式で数学の基礎ができていたため、大学受験も乗り越えられたといいます。公文式で得たことや数学の魅力、棋士と研究の両立の秘訣などについてうかがいました。

対局だけでなく将棋の魅力を発信中

谷合 廣紀さん

私の棋士としての活動は、平均して週1回の対局がメインとなります。対局が始まるのは10時からで、1回の対局は、早い場合は1時間程度、長ければ日付が変わるまでかかることもあります。対局自体は平均して週1回ですが、意見交換や練習試合などをして研鑽を積む「研究会」(決まったメンバーで2人~6人くらいの規模で開催)に、私は月に3回参加しています。

そのほか、将棋の普及活動として、将棋の解説本や雑誌記事を書いたりしています。現在、『将棋世界』という専門誌で、「コンピュータソフト『やねうら王』と行く藤井将棋観戦ツアー」というタイトルで連載をしています。藤井聡太二冠の強さを人工知能で解析するのですが、取り立ててAIを強調するのではなく、棋士の視点でより将棋のおもしろさを伝えるようにしています。1局の勝負について、10ページの解説を書かなくてはならないので、楽しいですがなかなか大変です。

大学院ではAIの中でも自動運転の分野を専門に研究しています。たとえば倉庫や工場のフォークリフト操作を、コンピュータを使って支援するプロジェクトを推進中です。フォークリフトの操作は初心者には難しく、事故を起こしやすいので、それを低減するためフォークリフトに様々なセンサーを載せ、得られたデータを解析したり、AIを使った操作を試したりしています。企業と共同研究もしているので、現場に行くこともあります。

また、自動運転技術を開発しているティアフォーというベンチャー企業のエンジニアも務めています。一般の道路を走る自動運転の車について、データを解析するという仕事です。これは自分のペースで、リモートで取り組んでいます。

複数のことを、どうやりくりしているのか聞かれることもありますが、私はもともと飽きっぽくて、ひとつのことに集中することができないタイプ。現在のメインの活動は将棋ですが、社会にインパクトを与えられるという点で、研究にもやりがいを感じています。例えれば「日替わり」で集中している感じでしょうか。どれも楽しいから続けていられるのだと思います。

幼少期に夢中になっていたこと

関連記事

2021/06/18更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
Vol.413
スイス公文学園初!オンラインサマースクール
スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間
Vol.412
子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!
世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!