OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/05/21更新

Vol.077

株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん  後編

人には自分で思う以上の可能性がある
それを磨くために
解像度を上げて日常を見てみよう

下向 依梨 (しもむかい えり)

大阪府生まれ。中高一貫校に進学するも、高校はスイス公文学園へ。慶應義塾大学総合政策学部に進み、社会企業家について研究。在学中に、社会起業家育成のパターン・ランゲージを開発、出版。その後、米国・ペンシルベニア大学教育大学院で発達心理学において修士号を取得。帰国後は東京のオルタナティブスクール(小学校)で算数・英語などを教える。教材会社で働く一方で、フリーランスとして教育関連の企画など複数のプロジェクトに従事。2018年、教材会社を退職し、教育クリエイターとして独立。2019年に株式会社roku youを設立、代表取締役に就任。一般社団法人日本SEL推進協会代表理事も務める。

「子どもたちによりよい学びを提供したい」そんな思いで全国各地の“現場”を駆け回っている教育クリエイターの下向依梨さん。SEL(Social Emotional Learning)という手法を取り入れ、教育委員会のコンサルティングや探究学習のカリキュラムづくり、教員向けの研修企画運営など、さまざまなアプローチで教育界に風穴を開ける活動をしています。小中学校時代は学校になじめない「闇の時代」を過ごしたそうですが、スイス公文学園に進学して一転。そこでの出会いや体験が今の活動の原点になっているといいます。沖縄を拠点に活動し、「泡盛ガール」としての一面も持つ下向さんに、スイス公文学園でのエピソードや現在の活動、今後の夢などについてうかがいました。

スキル+マインド+“柔らかい何か”
が人の成長には必要

下向 依梨さん

多くのイベントに参加した私ですが、実はボランティア旅行には参加していません。一時的な幸せを提供するよりも、10年、100年と続くような幸せをつくることに興味があったからです。今ならそのためには仕組みづくりがポイントだということがわかりますが、当時はそこまで考えが及びませんでした。

そんなあるとき、貧しい人にお金を貸すグラミン銀行を作ったムハマド・ユヌス氏の本を読み、「社会課題に現場感を持って解決できる仕組み作りができる」と知りました。高3のときです。こうした人がもっと増えれば社会はよくなるのではないかと、社会起業家に関心を持つようになり、それをテーマに慶應義塾大学のSFCのAO入試に挑みました。

実は海外大学への進学も頭の中にあり、国内外の様々な大学を訪問して、図書館や生協にいる学生に、「見学に来たのですが、この大学どうですか?何が楽しいですか?」と聞いて回りました。そこで一番フィットしたのがSFCでした。学生の方に話しかけると、「君、そうしていること自体がこの大学に絶対に合うよ」と言ってくれたり、聞いていないこともどんどん話してくれたり。自分の研究を熱心に説明してくれるなど、情熱を持った学生生活を過ごせていることが伝わってきました。

入学後は、1年次から社会企業家について考えるゼミに所属し、3年次にはパターン・ランゲージという手法で、暗黙知・経験知を言語化して社会企業家を育てる研究をしていました。大学4年次には、社会企業家のパターンを教育プログラムとして教材にし、高校生や大学生に提供しました。ところが、響く人と響かない人がいる。なぜそうなるのか。スキルとマインドだけではない、もうひとつ“柔らかい何か”が人の成長には必要なのでは、と思うようになりました。

その“柔らかい何か”を研究しようと、ポジティブ心理学の領域で知られるペンシルベニア大学教育大学院で学ぶことにしました。そこで出会ったのがSEL(Social Emotional Learning=社会性と情動の学習)です。私が学びたかったのはこれだ、スキルやマインドなど表層的なものではない、もっと奥にある感情に焦点を当てる必要性に気づいた瞬間です。

帰国後は、オルタナティブ小学校の教員になりました。天職だと思うほど楽しかったのですが、「目の前の子にはインパクトを与えることはできるものの、これを続けていいのだろうか」と悩み、少し休んで考えることにしました。

その後、教材会社で教材をつくる仕事をしながら、フリーランスとして教育にかかわる複数のプロジェクトに参画し、やがてその仕事が軌道に乗り始めたので、教材会社を辞めて教育クリエイターとして独立しました。東京ではないどこかに根を張りたいと思い、何度も訪れて大好きだった沖縄に拠点を持つことにしました。やがて仲間も増え、現在は会社組織にして活動しています。

リアルなものに触れることで可能性が広がる

関連記事

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!