OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/03/06更新

Vol.068

バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  前編

「石の上にも三年」の気持ちで
一歩一歩進んでいけば
も登れる

ニコライ・ヴィユウジャーニン (ニコライ・ヴィユウジャーニン)

ロシア・ペルミ州生まれ。6歳よりバレエを始める。ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクールで学んだ後、1998年ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。2000年にソリスト昇格。ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞などを受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクール ファイナリスト、審査員特別賞受賞。2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ記念劇場にプリンシパルとして移籍。2007年1月、Kバレエ カンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

6歳からバレエをはじめたバレエダンサーのニコライさん。生まれ育ったロシアでダンサーとして数々の賞を受賞するなどして活躍後、2007年に来日し、熊川哲也氏率いるKバレエ カンパニーに入団されました。現在、フリーのバレエダンサーとして、またバレエ教師として各地を飛び回っています。来日当初は「こんにちは」くらいしか話せなかったそうですが、公文式教室に通うなどして日本語力を高め、今ではインタビュー中にことわざが飛び出すほどです。バレエダンサーを目指した理由や日本に来たきっかけ、ロシアと日本とでの違いなどについて、ユーモアも交えながら日本語でお答えいただきました。

日本人女性と結婚して日本へ
Kバレエ カンパニーに入団

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

こうして9歳からはバレエ学校へ進むことになりました。それまでは普通の地元の小学校に通っていましたから転校するわけです。友だちと別れることになり、人生またやり直しですね。そこはプロダンサーを目指して、遠くから生徒が集まってくるような学校で、朝バレエのレッスンをした後に、国語や算数など学校の勉強をするというプログラムでした。

入学して5年間くらいはあまり真面目な生徒ではなく、やめたいと思うこともありました。プロを目指して頑張ろうと思うようになったのは14歳のときです。自分は6歳からプロの先生にバレエを習っているのだから、ちゃんと一生懸命やったほうがいいと思うようになったのです。それから17歳の卒業までの最後の4年間はとても頑張りました。学校では半年に1回、実技試験があります。良い成績を取らないと“クビ”ですから必死でした。この学校を卒業するとプロダンサーの免許がもらえて、バレエ団への入団が可能になります。バレエ学校卒業後は国立ペルミ・オペラ・バレエに入団し、プロダンサーとしての道を歩み始めました。

その後、ペルミで知り合った同じダンサーの日本人女性と結婚しました。そして息子が生まれ、しばらくペルミに住んだ後、同じロシアのサンクトペテルブルクのバレエ団に移りました。その後、妻と息子のビザの関係で日本で生活することを選び、2007年に来日しました。実は同じ頃、私が所属していたバレエ団が解散状態になってしまうという出来事がありました。このことも日本に住むことを決めた理由のひとつです。幸い、来日後はKバレエ カンパニーへの入団も決まりました。

後編を読む

関連リンク
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標―動画レポート|KUMON now!
公文式日本語


 

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん   

後編のインタビューから

-公文式日本語教室での学習
-来日13年、ニコライさんの感じるロシアと日本の違いとは
-今後の目標、学び続ける皆さんへのメッセージ

後編を読む

 

関連記事

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、舞台で踊る喜びとともにバレエの魅力を伝えたい

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

KUMONグループの活動  2016/12/13更新

Vol.185 日本語もKUMON-動画レポート

学習者の夢をかなえるための公文式日本語 ~学習者の夢、指導者の想い~

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!