OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん  後編

一つひとつ積み重ねた結果、今がある
枠にとらわれず好奇心をもち、
学び続けて前進しよう

中村 智広 (なかむら ともひろ)
1982年、和歌山県生まれ。12歳で親元を離れ、神奈川県の公文国際学園で中高生活を送る。京都大学薬学部在学中に、行政書士、宅地建物取引主任者の資格を取得。大学卒業時に薬剤師国家試験に合格し、京都大学大学院薬学研究科へ進む。その後、法律家をめざして神戸大学法科大学院に進学、司法試験合格を経て弁護士に転身。現在は主として医療・知財分野を扱う弁護士として活躍中。両分野の専門知識を活かし、産官学の医療研究開発に関する適正調査や法的助言なども行う。

弁護士・薬剤師・弁理士などの資格をお持ちの中村智広さん。大学・大学院で薬学を学んだ後、法科大学院へ進み、医薬やヘルスケア分野に詳しい弁護士として活躍されています。華やかなキャリアをお持ちですが、これまでも現在もやはり壁はあったそう。それを突破できたのは、「目標を設定し、達成して前に進む。悩んだら常に基本に立ち返る」という、公文式で身につけたスモールステップの積み重ねのおかげだといいます。現在のお仕事だけでなく、生き方そのものにも公文式での学びが影響しているという中村さん。幼少期を含め、学びや仕事への思いなど、過去、現在、未来を語っていただきました。

時代の変化に対応できる力を身につけ
その力を社会にどう活かせるか考えよう

これからの子どもたちに身につけてほしいのは、「時代の変化に対応できる力」です。今後、技術が発展し、価値観の多様化がますます進むでしょう。ハード面もソフト面もより目まぐるしい変化にさらされることが予測されます。そうなれば、これまでになかった社会問題が生じてきます。先例を学び、過去のやり方を踏襲しているだけでは対応できなくなり、自分の頭で考えて行動する力が必要になります。ただ、本当に大事なのは、その力を身につけた先、どう行動するか、ということだとも思います。そうした力を、自分の利益のために使うのではなく、周りの人や社会、日本や世界のためにどう活かせるかを考える人になってほしいと思います。

そのやり方は、人それぞれ、十人十色だと思いますし、そのための道がなくても、前にチャレンジした人がいなくても、自分でその貢献の道筋を作っていくこともできます。私自身、弁護士になったばかりのころは、「医療と法律をつなぐ弁護士になりたい」と言っても理解されなかったこともありました。でも、ちゃんとニーズはあった。その証拠に、今、クライアントさんから、「こんな弁護士さんにお願いしたいと思っていた」と言っていただけることもあります。だから、子どもたちには、「無理だ」「どうせ自分にはできない」などと考えて自分の可能性を狭めたりしないで、いろいろなことにチャレンジしてほしいですね。そして、「学ぶ」ということは、可能性の幅を限りなく広げることに役立ちます。「知らなかった」を「知っている」に、「知っている」を「実行できる」に変えていくことで、視野が広がっていくからです。それは、もちろん時にはつらいこともありますが、同時にとても楽しい経験でもあると思いますよ。

報われないことも多いかもしれません。しかし、続けていかなければ何事も達成できないと思います。私自身も一足飛びで今に至ったわけではありません。一つひとつ積み重ねた結果、今があるのです。だから、決してあきらめないでください。くじけそうなときは、基本に戻れば答えのヒントが見つかります。

保護者の方には、そんな子どもたちをサポートしていただけたらと思います。ぜひ、子どもたちの力を信じ、子どもが成長したと感じられるところを積極的に見つけてほめてあげてください。それが子どもにとって大きな力になると、自分を振り返ってみて、強く思います。

私自身も、当然まだまだ完成されているわけではないので、これまでのポリシーを変えずに、いろいろなことに興味をもって、歩み続けていきたいと思っています。社会の変化の中で、法律家という職業に求められる役割も変わってくるでしょう。AIやビッグデータに関する法律相談も増えてきていますし、学ばなければならないことは、まだまだたくさんあります。変化に対応できるよう、私も常に成長を続けていきたいと思います。

前編を読む

関連リンク
KUMON創立60周年記念式典|KUMON now!


 

 

後編のインタビューから

-医療と法律の両分野を横断できる法律家をめざして
-中村さんに影響を与えた両親の姿とは?
-公文式学習を通して身につけたこと

前編を読む

 

関連記事

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

バックナンバー

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!