OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん  前編

一つひとつ積み重ねた結果、今がある
枠にとらわれず好奇心をもち、
学び続けて前進しよう

中村 智広 (なかむら ともひろ)
1982年、和歌山県生まれ。12歳で親元を離れ、神奈川県の公文国際学園で中高生活を送る。京都大学薬学部在学中に、行政書士、宅地建物取引主任者の資格を取得。大学卒業時に薬剤師国家試験に合格し、京都大学大学院薬学研究科へ進む。その後、法律家をめざして神戸大学法科大学院に進学、司法試験合格を経て弁護士に転身。現在は主として医療・知財分野を扱う弁護士として活躍中。両分野の専門知識を活かし、産官学の医療研究開発に関する適正調査や法的助言なども行う。

弁護士・薬剤師・弁理士などの資格をお持ちの中村智広さん。大学・大学院で薬学を学んだ後、法科大学院へ進み、医薬やヘルスケア分野に詳しい弁護士として活躍されています。華やかなキャリアをお持ちですが、これまでも現在もやはり壁はあったそう。それを突破できたのは、「目標を設定し、達成して前に進む。悩んだら常に基本に立ち返る」という、公文式で身につけたスモールステップの積み重ねのおかげだといいます。現在のお仕事だけでなく、生き方そのものにも公文式での学びが影響しているという中村さん。幼少期を含め、学びや仕事への思いなど、過去、現在、未来を語っていただきました。

「医療と法律を分野横断できる法律家」
として精力的に活動

弁護士として活動している私は、医療と法律の両分野を横断できる法律家をめざして歩んできました。「医療と法律の両分野を横断する」とはどういうことか、現在の私の仕事内容をご紹介しましょう。

具体的には4分野に分けられます。1つは、医薬、医療機器、化粧品・健康食品などのヘルスケア業界の国内外の法的規制に関する調査や法的助言です。たとえば、国内外で新規にビジネスを立ち上げたいというクライアントに対し、法的規制がどうなっているか、どうしたら参入できるかなど法的なアドバイスをしています。

2つめは、知的財産に関する分野です。共同研究やライセンスなどの知的財産権が関係する契約書の作成や法的助言などをしています。3つめは、医療法人の活動のサポート関連です。事業承継や労使関係、また医療過誤を巡る争いにおける訴訟手続きなどを行っています。

そして最後が、医療研究機関における資金の不正使用防止への取り組みに関する分野です。ここには、国立研究開発法人において法的助言をしてかかわっています。

弁護士の醍醐味は、やはり法廷での証人尋問です。緻密に事実を積み上げた結果、逆転勝訴するようなケースでは、とくに大きな達成感を感じます。何より、このように成果を出してクライアントから感謝されたり信頼していただけたりすると、とても大きなやりがいを感じます。

じつは私は、子どもの頃は弁護士ではなく、医療にかかわる仕事に就きたいと思っていました。その理由は2つあります。1つは、両親が高齢であることです。私は両親が40代のときに生まれたので、自分が大人になったとき、親が病気にかかるリスクが高いという意識が強くあり、その治療ができるようになりたいと考えたのです。もう1つは、野口英世の伝記を読んだことです。世界には不治の病で苦しんでいる人がいること、その根絶のために身を挺した先人がいることを知り、深い感銘を受けました。そして医療関係者としてそういった病気の研究に携われば、両親や身近な人たちだけではなく、世界中の人に貢献できる、自分もそうなりたい、と思うようになりました。

このように考えるようになった背景には、両親の育て方や価値観も大きく影響していると思います。両親は、常に私に対して「自分たちの利益だけを考えるのではなく、他人や社会の役に立つ人に成長してほしい」と言っていました。そのため、「自分の力を、他人のために役立てたい」という思いは、人一倍強く意識の中にあったと思います。また、両親は、「どんなことにも意欲を発揮し、常に前向きに取り組んでほしい」「決めたことをやり抜いてあきらめなければ、どんな夢でもかなう」と、私がやりたいことはいつでも全力で応援し、常に私を信じて励ましてくれました。「野口英世のような人間になりたい」という、普通の子どもにとってはかなり高いハードルも、そんな姿勢の両親がいたからこそ、自然に設定できたのかな、と思います。

中村さんに影響を与えた両親の姿とは?

関連記事

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

バックナンバー

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.348
特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで
教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来
Vol.347
家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方
ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか
Vol.346
くもんの「漢字カード」誕生の背景
文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ
Vol.345
寺子屋で学んだ子どもたち
江戸時代に求められた寺子屋での学び
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!