OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/06/19更新

Vol.063

JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん  後編

柔軟な価値観を持ち
変化不安と思わずに
チャンスととらえて楽しもう

渡辺 英幸 (わたなべ ひでゆき)

1970年千葉県生まれ。私立海城高校卒業。東京大学工学部産業機械工学科卒業。同大学院工学系研究科機械情報工学専攻修了。1995年、宇宙開発事業団・NASDA(当時。現在は宇宙航空研究開発機構・JAXA)入社。宇宙環境利用システム本部・宇宙ステーショングループ、宇宙ステーション運用技術部の開発部員として、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の開発に携わり、現在運用やメンテナンスも担当。現在は民間のロボットを使っての新規開発にも取り組む。著書に『宇宙ステーションにかけた夢 ―日本初の有人宇宙実験室「きぼう」ができるまで』(くもん出版)。

地上から400km上空に建設され、わずか90分という速さで地球を一周する国際宇宙ステーション(ISS)。無重力や真空という独特の宇宙環境を活用し、アメリカやロシアのほか日本など、世界15ヵ国がさまざまな実験・研究や地球・天体の観測などを行っています。その施設のひとつが、日本初の有人実験棟「きぼう」。この「きぼう」に技術者として長年携わっているのが渡辺英幸さん。渡辺さんは世界的なプロジェクトにかかわる中で、常に「難しいほう」を選択してきたそうです。あえて困難を選び取る理由、宇宙に関心を持ったきっかけや今後成し遂げたいことなどについてうかがいました。

宇宙ステーション開発の経験を活かし
民間のための「宇宙の港」をつくりたい

渡辺英幸さん

今後の宇宙開発は、民間の宇宙企業とどのように協業していくかも重要になってきます。私自身は、宇宙ステーション開発の経験を活かしたいと思っています。

具体的には、先ほどの「フリーフライヤ」が挙げられます。これについてもう少し詳しく説明すると、宇宙を自由に飛び回る人工衛星の開発です。この技術を活用して、地球近傍に衛星の整備工場のようなものを作り上げ、民間の打ち上げる小型衛星(50kg程度の大きさ)をメンテナンスできるような軌道上サービスを実施するプラットフォームを実現したいです。

例えば、小型衛星の推進役を補充したり、アンテナが伸びなければ伸ばしてあげたり、光学カメラなどの観測機器を新しく交換してあげるようなプラットフォームを作り上げたいですね。小型衛星は今や民間のメーカーが作っていますので、そうした民間のための「宇宙の港」みたいなものができると、新しい形を築けるかなと考えています。

私が学生の頃は、日本は技術立国であり、大きなメーカーもあり、日本の中で人生を送ることができました。今は既存の国内産業だけで人生を全うすることは難しい世の中になっています。さらに、国境を越えた民間企業も増え、国家資産を超えるような金額を企業が稼ぐ時代です。

今年は宇宙に関するニュースも多くあり、宇宙に憧れるお子さんもたくさんいるかもしれませんが、私が経験した宇宙ステーションのような長期的で固定的なプロジェクトは、これからはもうあまりないと思われます。

代わりに世界中で巨大ベンチャー企業が台頭してきています。「GAFA」と呼ばれるGoogle、Apple、Facebook、Amazonなど、国境を越えた企業が登場して、日本企業は遅れをとっています。こうしたことは、かつては想像できなかったことですよね。つまり、国境を越えた「概念」から新しいことを考えないと、大きなことはできない時代になっています。

JAXAの仕事も、今までは人工衛星Aを作る、ロケットBを作る、という「ものづくり」でしたが、これからはものづくりに終わらない、ビジネスモデルのような大きな「概念」が必要でしょう。例えば、観光事業者が宇宙に行ってバーチャルリアリティで活動するとか、自ら企画して世の中を活性化していくようなプロジェクトが求められると思います。

渡辺さんからのメッセージ

関連記事

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2021/04/23更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!