OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん  前編

迷ったときにはまず自ら動こう
周囲の空気が対流し
先につながる流れができてくる

ながおか えつこ (ながおか えつこ)
大阪府生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、金沢美術工芸大学産業美術学科にて商業デザインを学ぶ。卒業後は旧・松下電工株式会社に入社。1998年に退社後、夫とデザイン事務所グラフィオ設立。解散後、イラストレーターとして独立。現在、夫が経営する珈琲豆焙煎所の中に事務所を設け、イラストレーターとして活動中。絵を担当した書籍に『知ってびっくり!歯のひみつがわかる絵本 』シリーズ(くもん出版)、『凸凹あいうえおの手紙』(くもん出版)、『コーヒー豆を追いかけて』(くもん出版)など。

小さいころから絵を描くのが好きだったというイラストレーターのながおかえつこさん。美大卒業後は一般企業に就職し、広告やマーケティング業務に従事していましたが、「絵を描く仕事」への思いが募り、退職してイラストレーターとして独立することに。とはいえ仕事のあてがあっての退職ではなく、一歩一歩、努力と信頼を積み重ねて夢をかなえてきました。現在、絵本や小説・雑誌の挿絵を中心に、キャラクターデザインや広告イラストなど幅広く活躍されています。夢を実現するまでの道のりや、心がけてきたことなどについてうかがいました。

パソコンでも絵の具でもあたたかみのある作品を制作

私は現在、イラストレーターとして活動しています。以前はデザインもしていましたし、ウェブサイトや広告、パッケージのイラストが中心でしたが、最近は絵本や書籍のイラストを描くことが増えてきました。

イラストと一口にいっても、その描き方はさまざまで、最近はパソコンで描くケースが多いですね。例えば昨年12月にくもん出版から出した『むし歯のしょうたい』もパソコンで描きました。こうしたテーマは、奥歯の様子や治療器具などの正確性が求められます。その場合は、パソコンで描くほうがしっかりかけるのです。修正のスピードが速いのもパソコンのメリットです。

パソコンではなく、絵の具を使っての手書きの仕事もありますし、鉛筆書きをしたイラストをパソコンに取り込んでパソコンで全体の明るさを調整したりと、組み合わせて制作する場合もあります。

パソコンか絵の具かで、イラストのタッチは変わってきますし、クライアントからは「柔らかい感じで」「やさしい感じで」「硬い感じで」など、さまざまなオーダーが寄せられるので、それに応じて描き分けています。私としては、手書きで原画として残るものが好みですが、いずれにしても、あたたかみのある作品をつくることを心がけています。

じつは、夫が経営している珈琲豆焙煎所も手伝っていて、ひとつ100円で買えるマフィンやチーズケーキなどの小さなおやつや、カレーなどを手作りし、お客さまに楽しんでもらっています。

店内ではコーヒー関連の商品に混じって、私がつくった作品……たとえば、帆布に猫など動物を描き、中に古布を詰めてつくったぬいぐるみなども置いています。中に石を入れて重くしてドアストッパーになるものもあります。

そんな店の奥の小部屋が私の仕事場のひとつ。パソコン作業はそこでします。店が多忙なときはイラスト制作中に呼び出されたりもしますが、結構気分転換にもなるんですよ。
絵の具を使って描く場合は、ここでは場所が足りないので、店の3階にある実家の一部屋を使わせてもらっています。

イラストレーターになる原点となった子ども時代

関連記事

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

バックナンバー

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.306
KUMONの新入社員
学び続け、 自己成長し続ける社員でありたい ~共に成長できる環境づくりを大切に~
Vol.305
47都道府県「ご当地くろくま」コンテストのグランプリ授賞式
受賞者の将来の夢は 「絵を描く仕事がしたい!」
Vol.304
公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019
国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場
Vol.303
公文式の学校導入―村上学園高等学校<全日制スタイルの通学型・通信制高校>
「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.054 前編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.053
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。