OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/04/17更新

Vol.061

イラストレーター
ながおかえつこさん  前編

迷ったときにはまず自ら動こう
周囲の空気が対流し
先につながる流れができてくる

ながおか えつこ (ながおか えつこ)

大阪府生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、金沢美術工芸大学産業美術学科にて商業デザインを学ぶ。卒業後は旧・松下電工株式会社に入社。1998年に退社後、夫とデザイン事務所グラフィオ設立。解散後、イラストレーターとして独立。現在、夫が経営する珈琲豆焙煎所の中に事務所を設け、イラストレーターとして活動中。絵を担当した書籍に『知ってびっくり!歯のひみつがわかる絵本 』シリーズ(くもん出版)、『凸凹あいうえおの手紙』(くもん出版)、『コーヒー豆を追いかけて』(くもん出版)など。

小さいころから絵を描くのが好きだったというイラストレーターのながおかえつこさん。美大卒業後は一般企業に就職し、広告やマーケティング業務に従事していましたが、「絵を描く仕事」への思いが募り、退職してイラストレーターとして独立することに。とはいえ仕事のあてがあっての退職ではなく、一歩一歩、努力と信頼を積み重ねて夢をかなえてきました。現在、絵本や小説・雑誌の挿絵を中心に、キャラクターデザインや広告イラストなど幅広く活躍されています。夢を実現するまでの道のりや、心がけてきたことなどについてうかがいました。

パソコンでも絵の具でもあたたかみのある作品を制作

ながおかえつこさん

私は現在、イラストレーターとして活動しています。以前はデザインもしていましたし、ウェブサイトや広告、パッケージのイラストが中心でしたが、最近は絵本や書籍のイラストを描くことが増えてきました。

イラストと一口にいっても、その描き方はさまざまで、最近はパソコンで描くケースが多いですね。例えば昨年12月にくもん出版から出した『むし歯のしょうたい』もパソコンで描きました。こうしたテーマは、奥歯の様子や治療器具などの正確性が求められます。その場合は、パソコンで描くほうがしっかりかけるのです。修正のスピードが速いのもパソコンのメリットです。

パソコンではなく、絵の具を使っての手書きの仕事もありますし、鉛筆書きをしたイラストをパソコンに取り込んでパソコンで全体の明るさを調整したりと、組み合わせて制作する場合もあります。

パソコンか絵の具かで、イラストのタッチは変わってきますし、クライアントからは「柔らかい感じで」「やさしい感じで」「硬い感じで」など、さまざまなオーダーが寄せられるので、それに応じて描き分けています。私としては、手書きで原画として残るものが好みですが、いずれにしても、あたたかみのある作品をつくることを心がけています。

じつは、夫が経営している珈琲豆焙煎所も手伝っていて、ひとつ100円で買えるマフィンやチーズケーキなどの小さなおやつや、カレーなどを手作りし、お客さまに楽しんでもらっています。

店内ではコーヒー関連の商品に混じって、私がつくった作品……たとえば、帆布に猫など動物を描き、中に古布を詰めてつくったぬいぐるみなども置いています。中に石を入れて重くしてドアストッパーになるものもあります。

そんな店の奥の小部屋が私の仕事場のひとつ。パソコン作業はそこでします。店が多忙なときはイラスト制作中に呼び出されたりもしますが、結構気分転換にもなるんですよ。
絵の具を使って描く場合は、ここでは場所が足りないので、店の3階にある実家の一部屋を使わせてもらっています。

イラストレーターになる原点となった子ども時代

関連記事

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!