OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/11/09更新

Vol.059

ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん  前編

何ごとも続けることになる
その力が自信となって
チャレンジする勇気につながる

古瀬 里恵 (ふるせ りえ)

熊本県生まれ。3歳より姉の影響でエレクトーンを習い、7歳でピアノに転向、進学で上京する18歳まで続ける。獨協大学外国語学部フランス語学科に在学中、ジャズヴォーカリストとして活動を開始。卒業後、来日シンガーの通訳をしながらジャズクラブなどで歌い続け、ダンスミュージック・グループ “Chic(シック)” の元メンバー、ディーヴァ・グレイに師事。2009年より渡仏し、パリを拠点にグローバルな活動を開始。2010年、ベトナム・ホーチミン市で行われた48 Hour Film Projectにて、自身の楽曲を提供した短編映画が最優秀音楽賞を受賞。現在は、熊本民謡をジャズにアレンジするなどオリジナリティあふれる音楽スタイルを確立。

パリを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東とグローバルに活躍するジャズヴォーカリストの古瀬里恵さん。幼少のころから歌とピアノが大好きでしたが、公文式の英語が楽しくて、将来は得意の語学を活かした仕事を、と考えていたそうです。ところが大学2年のとき、ジャズクラブを訪れたことで歌への情熱が再燃。目標に向かい、さまざまな決断と行動を重ね、ピンチを乗り越え、夢をかなえました。じつはその後押しとなったのは、公文式教室での学びだったそう。その「学び」とはどんなものだったのか、夢を実現するために大切にしてきたことなども含めてうかがいました。

上京を機にピアノとは疎遠に
転機は友人に誘われて行ったジャズクラブ

古瀬里恵さん

英語が好きになり、中学から洋楽を聴いたり洋画を観たりするようになると、翻訳家に憧れ、英語を使った仕事をしたいと考えるようになりました。

一方、ピアノも続けていました。ピアノの先生からは音大への進学を勧められましたが、下の姉が音大受験のためものすごく練習している姿を見て、「こんなにやったらピアノを嫌いになりそう……」と思ったこと、また「音楽で食べてはいけないだろう」と考えていたので、英文科を中心に受験しました。

ところが合格できたのは、滑り止めとして受けていたフランス語学科のみでした。フランスにもフランス語にも当時興味はなかったのですが、大学は卒業しなければと思い、ほかの選択肢はなかったので、そこに入学することに決めました。

ピアノは上京を機に辞めざるを得なかったのですが、1年も触っていないと「寂しいな」と感じるように。そんなときに友人にジャズクラブに誘われました。これが音楽の道に進むことになった転機です。

トリオをバックに英語で歌っているシンガーのライブを観て、「なんてステキ!私もやってみたい!英語の発音には自信がある!」と、そのジャズクラブに頼み込んでライブをやらせてもらうことに成功しました。そこのマスターには、「1日ライブができるくらいのレパートリーはある?」ときかれて、実はなかったものの何を根拠にしたか、「あります!」と答えました。この日から毎日とにかくたくさんのジャズを聴き、練習に励みました。そうして初めてのステージ。自分の歌でお金をもらえることがうれしくて、また自信がつきました。

ジャズクラブで歌っているうちに音楽関係者の知り合いができ、学生の身分で一流ホテルで歌わせてもらうなど、活動の場も広がりました。それを続けることで「就職活動はしない。歌を続けよう」と決めました。

ただ、一方でじつは、ジャズクラブにお見えになったお客さまで、フランス企業の人事部長の方から「うちに来ないか」とのお誘いを受ける機会があり、最終面接まで進んだこともありました。その場で「歌はやめられますか?」と意思確認をされたことで、初めて父に相談をしました。父は「悩んでいる時点で答えは出ているのでは?」と一言。そこで決心が固まりました。

後編を読む

関連リンク
古瀬 里恵オフィシャルサイト
古瀬 里恵Twitter


 

古瀬里恵さん  

後編のインタビューから

-いよいよ世界の舞台、パリへ。人との出会いから学んだこととは?
-古瀬さんが夢を実現させていくための原動力とは?
-古瀬さんから子どもたちへのメッセージ

後編を読む

関連記事

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2014/03/07更新

Vol.007 ボーカリスト 河野マリナさん

歌うことは大切なコミュニケーションツール自分をあきらめない強さと自信が夢へと導く

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!