トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 行動科学者・パブリックヘルス専門家 林英恵さん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん  前編

「何になりたいか」ではなく
「何をやりたいか」
 

林 英恵 (はやし はなえ)
1979年千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校、早稲田大学社会科学部を卒業後、アルバイトなどを経てボストン大学教育大学院教育工学科へ入学。ユニセフのインド事務所でインターンとして勤務後、2007年に外資系広告代理店のマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパンに入社。同年、ハーバード公衆衛生大学院修士課程(ヘルスコミュニケーション専攻)に合格。会社員として働きながら大学院にも通い、ハーバード公衆衛生大学院にて修士号と博士号を取得。著書に『それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと』(あさ出版)。現在は、同社でニューヨークに拠点があるマッキャングローバルヘルス部門のアシスタントディレクターをしながら、研究活動にも従事している。ヨガ講師の資格を持ち、日米のコミュニティで料理とヨガを通じた活動を行っている。

「一人でも多くの人が与えられた寿命をまっとうできる世界をつくること」――それを自身の使命とし、国際機関や政府機関、自治体、企業などの健康プログラムの戦略開発を行う林英恵さん。いまでこそ日米を行き来してご活躍されていますが、20代のころは、希望していたマスコミ各社にことごとく落ち、家にこもりがちになったこともあったそうです。そこからどのようにして立ち上がり、「本当にやりたいこと」を実現しているのでしょうか。その道のりやキャリアの積み重ね方について、生い立ちを交えてうかがいました。

好奇心旺盛で、「子ども電話相談室」に毎日電話

私の専門は「パブリックヘルス(公衆衛生)」です。パブリックヘルスは、文字どおりみんな(パブリック)が健康(ヘルス)になるための社会づくりを目指す学問です。中でも、多くの人が健康でいられるように、人々にどのように健康の習慣づけをしたら良いのかを研究する行動科学と、病気や健康になる理由を社会的なことに焦点を当てて分析する社会疫学、そして、健康に関することを一般の人にどのように伝えたら効果的かを追求するヘルスコミュニケーションを専門にしています。

現在勤めているアメリカの広告代理店では、たとえばユニセフのポリオ撲滅のコマーシャルなど、人びとが病気を予防し、健康になるような広告をつくっています。人の行動を変え、健康にさせるにはどうしたらいいか、パブリックヘルスの視点が活かされる仕事です。広告主は国際機関や政府・自治体、企業と多岐にわたります。近年は健康分野に関心をもつ企業も増えてきているので、ビジネスと社会貢献をどう結びつけるかといったことも企業と一緒に考えています。

私は成田空港から東に30分、江戸情緒が残る千葉県佐原市(現在は香取市)で、生まれ育ちました。父は建築士、母は料理講師、そして妹1人と母方の祖父母とで暮らしていました。父方の祖父母もすぐ近くに住んでいます。幼いころの私は、とにかくおてんばで制御不能(笑)。興味があったところに飛んでいって戻らず、迷子の放送をされることが何度もあり、家族にはずいぶん心配をかけました。興味の赴くまま、あちこち飛び回るのは今でも変わらず、「三つ子の魂百まで」は本当だと実感しています。

好奇心も旺盛で、いつも「なんで?」と尋ねてばかりいました。小学生時代はラジオの「子ども電話相談室」が大好きで、時間に間に合うよう毎日ダッシュで帰宅。良い質問だとラジオで放送されるので、毎日質問を考え、電話をしていました。

妹は正反対で、公園に行けば砂場でずっと一つのことに集中して遊んでいるようなタイプ。小さい頃から絵が好きで、現在はイラストレーターとして活動しています。

母はこんなにタイプの違う姉妹を比較することなく、それぞれの得意なことを好きなようにやらせてくれました。いただきものをしたら必ずお礼状を書くとか、あいさつはしっかりなど、しつけは厳しかったですが、やりたいと言ったことに反対されたことはありません。父も同じです。そんな育て方をしてくれた両親、温かく見守ってくれた両祖父母に感謝しています。

林さんが英語を学ぶきっかけは空港にあった!?

関連記事

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!