OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/11/09更新

Vol.059

ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん  前編

何ごとも続けることになる
その力が自信となって
チャレンジする勇気につながる

古瀬 里恵 (ふるせ りえ)

熊本県生まれ。3歳より姉の影響でエレクトーンを習い、7歳でピアノに転向、進学で上京する18歳まで続ける。獨協大学外国語学部フランス語学科に在学中、ジャズヴォーカリストとして活動を開始。卒業後、来日シンガーの通訳をしながらジャズクラブなどで歌い続け、ダンスミュージック・グループ “Chic(シック)” の元メンバー、ディーヴァ・グレイに師事。2009年より渡仏し、パリを拠点にグローバルな活動を開始。2010年、ベトナム・ホーチミン市で行われた48 Hour Film Projectにて、自身の楽曲を提供した短編映画が最優秀音楽賞を受賞。現在は、熊本民謡をジャズにアレンジするなどオリジナリティあふれる音楽スタイルを確立。

パリを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東とグローバルに活躍するジャズヴォーカリストの古瀬里恵さん。幼少のころから歌とピアノが大好きでしたが、公文式の英語が楽しくて、将来は得意の語学を活かした仕事を、と考えていたそうです。ところが大学2年のとき、ジャズクラブを訪れたことで歌への情熱が再燃。目標に向かい、さまざまな決断と行動を重ね、ピンチを乗り越え、夢をかなえました。じつはその後押しとなったのは、公文式教室での学びだったそう。その「学び」とはどんなものだったのか、夢を実現するために大切にしてきたことなども含めてうかがいました。

公文で学んだ英語に自信
「続けているといいことがある!」と実感

古瀬里恵さん

私は4人兄弟の末っ子で、子どもたちの意志を尊重してくれる両親の元で育ちました。3歳でエレクトーンを始めたのは、下の姉の付き添いでレッスンに行っていた母にくっついていったら興味がわき、姉が発表会でスポットライトを浴びて演奏する姿に感激して「私もやりたい!」と思ったのがきっかけです。童謡や民謡を歌い聞かせてくれた母の影響で、歌も大好きで、小さいときの夢を聞かれると、歌手やピアニストと答えていました。

公文式教室に通うきっかけは上の姉の影響でした。教室についていったら、先生が私にもやらせてくれた教材が楽しくて、「私もやりたい!」と。それで6歳から算数を始め、8歳からは英語も開始。これも私の意志です。教室で先生が「英語はこれから重要になる」とお話をされたその日、帰宅するなり「お母さん、私英語やりたい!やらせて!」と、かけ合ったシーンは今でも鮮明に覚えています。

公文には高校2年まで足かけ12年間通い、英語は最終教材まで進みました。その間、行きたくなくて仮病を使って休んだこともあります(笑)。でも、先生はすべてお見通し。ときに厳しく、ときにやさしく励まし続けてくださいました。母と連携した愛ある叱咤激励があったからこそ、12年間も通い続けられたのでしょう。教材がどんどん進み、憧れの先生にほめてもらうのもうれしかったですね。

公文で学んだことが学校で活かされたときは「続けていてよかった!」と心底思いました。とくに英語は授業がわかるだけでなく、ネイティブの方が来校されたとき自信をもって話せて、より好きになるきっかけになりました。公文の教室にも貼ってあったのですが、まさに「継続は力なり」ですね。

この「継続することでひとつの地点にたどり着く」という学びは、私の原点になっています。私は音大には行かずに、独学と実践でジャズのコードを学び、趣味で続けていたことの延長で、今の仕事となっています。ゆっくりですが、続けていたお陰です。その後パリという挑戦の場に飛び込んでいく勇気を得られたのも、公文に通って学んだ哲学、「やってみよう、やってみなければわからない」のおかげです。

上京後、ジャズクラブで歌うことに。その出会いとは?

関連記事

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2014/03/07更新

Vol.007 ボーカリスト 河野マリナさん

歌うことは大切なコミュニケーションツール自分をあきらめない強さと自信が夢へと導く

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!