OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/02/16更新

Vol.052

サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん  後編

目に見える形にすることで
科学の面白さと正しさ

より多くの人に伝えられる

工藤 光子 (くどう みつこ)

1970年、神奈川県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命科学専攻修了。1996年よりJT生命誌研究館に勤務。2004年に出産を機に退職し、2008年までアメリカとドイツで暮らす。帰国後、2010年より立教大学理学部にサイエンスコミュニケーションプロジェクトのプログラムコーディネーターとして採用され、2013年から特任准教授に。教鞭をとる傍ら、2011~2016年には新学術領域「細胞壁情報処理機能」広報担当として、ホームページ制作や移動展示作成を行う。2016年より国際生物学オリンピック日本委員会の運営委員も務める。

工藤先生は、科学分野の最新の研究を一般の人に向けてわかりやすく解説する「サイエンスコミュニケーター」という仕事に携わっています。その仕事の役に立っているのが、なんと子どもの頃からの趣味である手芸とのこと! 科学と手芸という一見関係なさそうな分野を組み合わせて、独自の方法で科学の魅力を一般の人に伝えている工藤先生。プライベートでは2児の母でもあります。出産・子育てを経てどのようにキャリアを積んできたのかなども含め、これまでの道のりをうかがいました。

若い女性には40歳、50歳の自分を想像してキャリアプランを考えてほしい

工藤光子さん

今、大学で学生たちと接していて思うのは、インプットしたらあまり考えることをせず、すぐアウトプットする傾向にあるな、ということです。調べたことをあまり検証しないんですね。昔よりも時間の流れが速いからそうせざるを得ず、ある意味かわいそうだとは思いますが。

今の教育は、アウトプットに力を入れすぎている印象があります。教育現場では「アクティブラーニング」が話題になっていますが、脳の構造から考えても、知識をどんどん吸収できるのは20歳くらいまでなのに、その時期のインプットを減らしてしまっていつインプットするんだろう?と個人的には危惧しています。

少し話は変わりますが、JT生命誌研究館に勤務していた若いころ、当時40代半ばの研究員に言われた言葉が心に残っています。そのときに、その研究員からこう言われたんです。「中年というのは、若手がいくらできると思っていてもやすやすと認めてはいけない。時にはあえて邪魔をするのが中年の役割なんだ。それによって若手に乗り越える力を身につけさせることができるからだ」とね。

当時の私は、その言葉が理解できませんでしたが、自分が中年になってみると、これは本当によくわかります。認めるのなんて簡単なわけです。そこであえて多少負荷をかければ、若手は自分で考えるでしょう。最近では、若手に認められようという中年が多いような気がしますが、それって次の世代には必ずしもいいことではないと思います。

それと、私自身が子育てをしながら仕事を続けている立場から、特に若い女性に伝えたいことは、ぜひ「40歳、50歳の自分を想像して就職活動をしてほしい」ということです。女性は出産というターニングポイントで、キャリアプランを変更せざるを得ないことがあります。私がよく女子学生に言っているのは、「子どもを産む前にひとつポジションをあげておこう」ということです。管理職に上がった人は、見える世界が違います。それを知っているのと知っていないのとでは大きく違ってきます。それを意識するかどうかで女性の人生はその後が変わってくると思いますよ。

私自身は、これからも「与えられた仕事に全力投球する」ことをポリシーとして持ち続けていきたいと思っています。そして、サイエンスコミュニケーターをしっかりした仕事として確立できるよう、後進を育てられるようになっていきたいと考えています。

前編を読む

関連リンク
立教大学理学部共通教育推進室
工藤光子先生ウェブサイト


 

工藤光子さん  

前編のインタビューから

-「サイエンスコミュニケーター」という仕事
-工藤先生が大事にしている「論文を演奏する」とはどういうことか?
-工藤先生が公文式で得たものとは?

前編を読む

関連記事

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

2021/07/30更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

バックナンバー

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!