OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/02/16更新

Vol.052

サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん  後編

目に見える形にすることで
科学の面白さと正しさ

より多くの人に伝えられる

工藤 光子 (くどう みつこ)

1970年、神奈川県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命科学専攻修了。1996年よりJT生命誌研究館に勤務。2004年に出産を機に退職し、2008年までアメリカとドイツで暮らす。帰国後、2010年より立教大学理学部にサイエンスコミュニケーションプロジェクトのプログラムコーディネーターとして採用され、2013年から特任准教授に。教鞭をとる傍ら、2011~2016年には新学術領域「細胞壁情報処理機能」広報担当として、ホームページ制作や移動展示作成を行う。2016年より国際生物学オリンピック日本委員会の運営委員も務める。

工藤先生は、科学分野の最新の研究を一般の人に向けてわかりやすく解説する「サイエンスコミュニケーター」という仕事に携わっています。その仕事の役に立っているのが、なんと子どもの頃からの趣味である手芸とのこと! 科学と手芸という一見関係なさそうな分野を組み合わせて、独自の方法で科学の魅力を一般の人に伝えている工藤先生。プライベートでは2児の母でもあります。出産・子育てを経てどのようにキャリアを積んできたのかなども含め、これまでの道のりをうかがいました。

若い女性には40歳、50歳の自分を想像してキャリアプランを考えてほしい

工藤光子さん

今、大学で学生たちと接していて思うのは、インプットしたらあまり考えることをせず、すぐアウトプットする傾向にあるな、ということです。調べたことをあまり検証しないんですね。昔よりも時間の流れが速いからそうせざるを得ず、ある意味かわいそうだとは思いますが。

今の教育は、アウトプットに力を入れすぎている印象があります。教育現場では「アクティブラーニング」が話題になっていますが、脳の構造から考えても、知識をどんどん吸収できるのは20歳くらいまでなのに、その時期のインプットを減らしてしまっていつインプットするんだろう?と個人的には危惧しています。

少し話は変わりますが、JT生命誌研究館に勤務していた若いころ、当時40代半ばの研究員に言われた言葉が心に残っています。そのときに、その研究員からこう言われたんです。「中年というのは、若手がいくらできると思っていてもやすやすと認めてはいけない。時にはあえて邪魔をするのが中年の役割なんだ。それによって若手に乗り越える力を身につけさせることができるからだ」とね。

当時の私は、その言葉が理解できませんでしたが、自分が中年になってみると、これは本当によくわかります。認めるのなんて簡単なわけです。そこであえて多少負荷をかければ、若手は自分で考えるでしょう。最近では、若手に認められようという中年が多いような気がしますが、それって次の世代には必ずしもいいことではないと思います。

それと、私自身が子育てをしながら仕事を続けている立場から、特に若い女性に伝えたいことは、ぜひ「40歳、50歳の自分を想像して就職活動をしてほしい」ということです。女性は出産というターニングポイントで、キャリアプランを変更せざるを得ないことがあります。私がよく女子学生に言っているのは、「子どもを産む前にひとつポジションをあげておこう」ということです。管理職に上がった人は、見える世界が違います。それを知っているのと知っていないのとでは大きく違ってきます。それを意識するかどうかで女性の人生はその後が変わってくると思いますよ。

私自身は、これからも「与えられた仕事に全力投球する」ことをポリシーとして持ち続けていきたいと思っています。そして、サイエンスコミュニケーターをしっかりした仕事として確立できるよう、後進を育てられるようになっていきたいと考えています。

前編を読む

関連リンク
立教大学理学部共通教育推進室
工藤光子先生ウェブサイト


 

工藤光子さん  

前編のインタビューから

-「サイエンスコミュニケーター」という仕事
-工藤先生が大事にしている「論文を演奏する」とはどういうことか?
-工藤先生が公文式で得たものとは?

前編を読む

関連記事

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

2020/05/29更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!