OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/02/09更新

Vol.052

サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん  前編

目に見える形にすることで
科学の面白さと正しさ

より多くの人に伝えられる

工藤 光子 (くどう みつこ)

1970年、神奈川県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命科学専攻修了。1996年よりJT生命誌研究館に勤務。2004年に出産を機に退職し、2008年までアメリカとドイツで暮らす。帰国後、2010年より立教大学理学部にサイエンスコミュニケーションプロジェクトのプログラムコーディネーターとして採用され、2013年から特任准教授に。教鞭をとる傍ら、2011~2016年には新学術領域「細胞壁情報処理機能」広報担当として、ホームページ制作や移動展示作成を行う。2016年より国際生物学オリンピック日本委員会の運営委員も務める。

工藤光子さんは、科学分野の最新の研究を一般の人に向けてわかりやすく解説する「サイエンスコミュニケーター」という仕事に携わっています。その仕事の役に立っているのが、なんと子どもの頃からの趣味である手芸とのこと! 科学と手芸という一見関係なさそうな分野を組み合わせて、独自の方法で科学の魅力を一般の人に伝えている工藤さん。プライベートでは2児の母でもあります。出産・子育てを経てどのようにキャリアを積んできたのかなども含め、これまでの道のりをうかがいました。

公文式で学んで、数字に親近感を持つようになった

工藤光子さん

子どもの頃の私は、とにかく手芸が好きでした。小学生の頃は、「1年生ではかぎ針編みをパーフェクトにこなそう」「2年生では紙粘土を極める」というように、その年のテーマを決めてものづくりに邁進していました。ビーズやフェルトの小物づくりなどの手芸だけでなく、陶芸や木工工作なども楽しくて、とにかくいろいろなものを作っていましたね。

ものづくりが好きというのは、両親の影響も大きかったと思います。父はとても細かい部品を組み立てて船の模型を作ったり、レンガの塀を作ったりしていましたし、母もパンやケーキをよく焼いてくれました。ものづくりの魅力って、時間を形に変えることができることだと思うんです。

この趣味は、今の仕事にも生きています。論文を読んで、「これを伝えるにはどんなものを使えばいいんだろう。そうだ、細胞壁の構造はビーズで再現できるんじゃないか」と考えつくことができるからです。最近では、結び目を作ってさまざまな形を作る「タティングレース」が、染色体を再現するのに使えそうだとひらめいたので、挑戦しようと思っているところです。

公文式は、母親に言われて小学校6年生から通いました。算数をやっていましたが、くり返し問題を解いていくうちに、だんだん記憶がたまっていって、数への意識が立体的になる感覚を味わいました。そして、計算が正確に速くできるようになっていくのもワクワクしました。公文では数をこなして体で覚えていきますが、そのうちそこから法則が見えてきて、新しいことを思いつくことができます。

仕事でも「守破離」という考え方がよく重要なものとされていますよね。新人のうちは上から言われたことを、まずはやってみる。そのうち、そこから真理を見つけ出し、自分独自のベストなやり方を編み出す。これが大切だと思うんです。

わが子にも自分が公文で身につけた「数に対する感覚」を得てほしくて、2人の子どもも公文でお世話になりました。

後編を読む

関連リンク
立教大学理学部共通教育推進室
工藤光子さんウェブサイト


 

工藤光子さん  

後編のインタビューから

-工藤さんが“天職”に出会った経緯とは?
-工藤さんが子育てで身につけた力とは?
-工藤さんから若者たちへのメッセージ

後編を読む

関連記事

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/07/30更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!