トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 行動科学者・パブリックヘルス専門家 林英恵さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん  後編

「何になりたいか」ではなく
「何をやりたいか」

林 英恵 (はやし はなえ)
1979年千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校、早稲田大学社会科学部を卒業後、アルバイトなどを経てボストン大学教育大学院教育工学科へ入学。ユニセフのインド事務所でインターンとして勤務後、2007年に外資系広告代理店のマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパンに入社。同年、ハーバード公衆衛生大学院修士課程(ヘルスコミュニケーション専攻)に合格。会社員として働きながら大学院にも通い、ハーバード公衆衛生大学院にて修士号と博士号を取得。著書に『それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと』(あさ出版)。現在は、同社でニューヨークに拠点があるマッキャングローバルヘルス部門のアシスタントディレクターをしながら、研究活動にも従事している。ヨガ講師の資格を持ち、日米のコミュニティで料理とヨガを通じた活動を行っている。

「一人でも多くの人が与えられた寿命をまっとうできる世界をつくること」――それを自身の使命とし、国際機関や政府機関、自治体、企業などの健康プログラムの戦略開発を行う林英恵さん。いまでこそ日米を行き来してご活躍されていますが、20代のころは、希望していたマスコミ各社にことごとく落ち、家にこもりがちになったこともあったそうです。そこからどのようにして立ち上がり、「本当にやりたいこと」を実現しているのでしょうか。その道のりやキャリアの積み重ね方について、生い立ちを交えてうかがいました。

「みんな違って当たり前」というアメリカの教育

アメリカに興味を持ったのは、もともと幼少の頃から海外志向があったので、自然な流れでした。具体的に考えるために、大学3年生の時にインターネットで見つけた留学の説明会に行ったのがきっかけです。そこで講演されていたのが、今は亡き実業家の野村るり子さんです。この出会いがひとつの転機となりました。「海外留学を経て一生の仕事を手に入れた」という彼女はものすごくキラキラしていて、本当に素敵でした。これから就職活動をしようというときに、ハーバード大学への大学院留学を勧めてくれたのも野村さんでした。

でもハーバード大には2度不合格。就職活動も結局うまくいかず、ひとつだけ合格したボストン大学教育大学院に行くことになります。

「日本で就職できなかったからアメリカに行く」という、敗者の気持ちで渡ったアメリカでしたが、今の自分の人生にとってアメリカは、なくてはならない大事なものになりました。ボストン大学大学院時代に、パブリックヘルス(公衆衛生)分野と出会ったのです。しかも、その授業は本来履修するはずではなく、間違えて取ってしまったものでした。こういう不思議な偶然や、大きな流れを「ありがたく」受け入れていったら、人生が上向き始めました。

大学時代、伝えること、そして「命」に興味があった私は、大学時代の日記に「医学と国際政策の真ん中あたりの仕事をしたい」と書いていました。当時はやりたいことをどう表現していいかわからず、またそれができる職業も知らなかったので、精一杯のイメージで書いたことばでしたが、それがまさに「パブリックヘルス」でした。医療は、医師や医療従事者が患者さんと1対1で病気を治す分野です。一方、パブリックヘルスは政策や社会の仕組みを通じて大勢の人を健康にしたり病気を予防したりする分野です。間違えて取ってしまった授業を聞いているうちに「私がやりたかったのはこれだ!」と感じました。全てが英語という新しい環境の中で、授業についていくのも必死でしたが、パブリックヘルスに出会ってからは、とてもうれしくて、楽しくて、毎日があっという間でした。 こうして目の前のやるべきことに集中していくうちに、いつの間にかずっと消えることのなかった、将来に対する不安な気持ちが消えました。

その後、ユニセフのインド事務所でヘルスコミュニケーションのインターンとして働きました。勤務中に、ハーバードでヘルスコミュニケーションの修士の専攻課程ができることを知り、応募。3度目にしてやっとハーバードに合格しました。

そうして、その頃ようやく「新聞記者でなくてもいいのかもしれない」という気持ちが芽生えはじめました。自分の中での執着を手放せるようになると、いろいろなことがうまくいくようになりました。目的を果たすための職業は手段にすぎず、自分が登る山さえ決めれば、行き方はいろいろある。そう自然に思えるようになったことで、将来について悩むことがなくなりました。

ハーバード大に行くと、学生も教授も悔しかったり壁にぶち当たったりした経験をしていない人はいないこともわかりました。また、日本との教育の違いにも目からウロコでした。印象的だったのは、「君には君のすばらしさがあるから、自信を持って前に進め」という教授の言葉です。苦手なことは恥ずかしいことではない。一人で世の中を変えていこうなんて無理で、それぞれの人が得意なところを提供しあってチームとして、良い社会を作っていくことの重要性を体感しました。1日かかってやっと仕上げた統計の宿題を、ある友達はほんの40分くらいで仕上げていたり。その逆も然りで、私がウキウキしながら解ける理論の問題を友達が数時間以上頭を抱え込んでいたりなど、このような場面を何度も体験しました。

私が得意な分野をもっと伸ばし、苦手な分野は、それを得意だと思う人と組むことで、いろんなことの効率が良くなると素直に思えたのです。

私は、ハーバードに行く前、自分に自信がありませんでした。ですので、「苦手だ」ということも「負け」を認める感じで悔しかったのです。でも、ハーバードで「悔しい」といったレベルではなく、心からすごいと思える友人や先生たちに出会い、彼らと一緒に、社会を変えていきたいと謙虚な気持ちを持てるようになりました。また、得意な部分に自信を持つことができたことも大きかったと思います。これは、苦手なことを放棄したり諦めることではありません。苦手なところも得意なところも全て受け入れる。そこで、自分は何ができるのかと考える視点です。

全て一人で何でもできる人はいません。苦手なことは、苦手なことをサポートしてくれるチームを作れば良いのです。私は今でも、事務作業や細かい数字の計算が相変わらず大の苦手ですが、優秀でやさしいスタッフや仲間の研究者のおかげで、いろいろな仕事に楽しく取り組むことができています。そのおかげで、私は大きな絵を描いたり、チームをまとめたりすることに専念できています。思えば学級委員などをよくやっていたので、小さい頃から「息を吸うようにできること」は、あまり変わらないのかもしれません。

親御さんは、その子が目をキラキラさせる瞬間に出会えるような環境をつくってあげたり、刺激にさらしてあげるとよいのではと思います。その子が目を輝かせる瞬間に、その子の魂が現れていると感じるからです。

林さんから子どもたちへのメッセージ

関連記事

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!