OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/16更新

Vol.044

仕掛学者 松村真宏先生  後編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)

1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

学びは好奇心をもって取り組むことに意味がある

松村 真宏

ぼくの座右の銘のひとつに「Stop and smell the roses.(立ち止まってバラの香りをかぐ)」というのがあります。「ゴールに行くことが目的ではなくて、ゴールに向かう途中が大事」ということで、答が出なくても失敗しても、途中でいろいろあるからこそ、ゴールについたときがうれしいし、それを楽しむ余裕が大事だと考えています。

結果は出ないと焦りがちですが、学生には焦らなくていいよと伝えています。ある意味途中経過が目的なので、毎日のディスカッションを大事にしていて、結果にはそんなにこだわりません。

ぼくにとって「学び」とは、好奇心を満たすもの。好奇心をもって勉強しているときとそうでないときとでは、吸収力や理解力がまったく違います。好奇心と結びついてこそ、学びが活きると思います。

ぼくには2人の娘がいますが、彼女たちの可能性を広げるように育てています。「これをしなさい」とはなるべく言わず、娘たちがやりたいことを優先し、どうしたらできるか一緒に考えます。そのせいか、娘たちはダンスやピアノなどたくさんの習い事をしています。

学校の勉強とは関係ない習い事がほとんどですが、それらの習い事を通しては、世の中のいろんなことを楽しめる素養を身につけてもらいたいと考えています。自分がダンスをしているからダンスを見て楽しめるし、ピアノをしているから音楽に親しめる、というように。

最初にお伝えした通り、ぼくが目指すのは、子どもたちに仕掛学を伝えること、大学で仕掛学を突き詰めること、社会に向けて実装していくことの3つ。これらをできるところまでやっていくのが今後の目標です。

その第一弾として、近々小学校で仕掛けをテーマに講演をします。仕掛学はカリキュラムとしての導入は難しいでしょうが、「夏休みの自由研究で作ってね」という形でリテラシーとして導入できればと考えています。社会の問題に目を向けて、解決策を創造的に考えてもらうんです。ゆくゆくは「仕掛けコンテスト」をしたいですね。アイデアというのは、パッとは出ないもの。出るまではすごく大変。だからおもしろい。そんな体験を多くの子どもたちにしてもらえたらと思っています。

前編を読む

関連リンク
松村真宏先生研究室サイト


 

松村真宏先生  

前編のインタビューから

-仕掛学とは?
-松村先生の子ども時代
-大学時代に熱中した意外な活動とは?

前編を読む

関連記事

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2014/01/17更新

Vol.005 ロボットクリエイター 高橋智隆さん

 “1人1台ロボットと暮らす夢”を挑戦や試みを積み重ねて具現化する

バックナンバー

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.406
児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式学習(前編)
子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現
Vol.405
KUMONのインターンシップ
「皆さんの成長」を後押ししたい! それがKUMONのインターンシップ ~KUMONが目指すチーム力と自己成長~
Vol.404
浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「行水」
水無月の「行水」 ~浮世絵から見える旧暦6月の暮らし~
Vol.403
国内最大の『KUMONすくえあ』、
紀伊國屋書店富山店・新潟店にオープン!
「見て、触れて、体感」し、 子どもたちに「できた!」という喜びと 達成感を感じてもらえる、知育空間が登場!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!