OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生  後編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)
1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

人の行動を変えるにはデータだけでは不完全

松村 真宏

私の恩師である大澤先生は「チャンス発見」という研究テーマを提唱されています。「『めったに起こらないけれども重要なこと』を見つけよう、それはコンピューターだけでは見つけられないので、人間と一緒に協調しながら探していこう」というアプローチです。コンピューターも人間の知識もフル活用して、どううまくミックスできるかが研究テーマでした。

この「データは便利だけれど不完全なので、それしか使わないのは不十分ではないか」というのは、仕掛学も同じです。当時ぼくは人工知能の研究をしていましたが、データは不十分だし、それだけを研究テーマにしていてはできることが限られていると思っていました。とはいえ大澤先生と同じアプローチをとるわけにもいかないので、「人の知識や経験」を使うのではなく、「行動を変えることで問題解決する」というアプローチに進むことにしました。

当初は「フィールドマイニング」と呼び、データに頼ることなく、街なかの魅力を発見しようと活動していました。そこに何らかの仕掛けがあると、街の魅力に気づきます。たとえばぼくが最初に見つけた仕掛けは2006年、天王寺動物園の「筒」でした。望遠鏡のような形で、真ん中に穴があり、ついのぞきたくなる。何の説明書きもなかったのですが、動物以外の見どころに気づいてもらうための仕掛けでした。そうした仕掛けを収集していたら、魅力を発見するだけでなく、いろいろな問題解決に応用できると気づきました。そこで「仕掛学」と名前を変え、現在の研究に至っています。

でも仕掛けを自分で考え出すのは難しい。ですからぼくは、人が集まっているところはとりあえず見に行きます。人が集まっている理由、つまり仕掛けがわかるからです。人だかりは、隠れた仕掛けを他の人が見つけてくれていると言えます。人の行動がどう変わるか、実験をしたこともあります。繁華街にある、普通の木の根元を、友人と何人かで集まって写真に撮っていたら、まわりの人が寄ってきて同じように撮影をし始めた。何かがあると思ったんでしょうね。つまり、ちょっとしたことで人の行動は簡単に変わる、ということです。

松村先生から学生たちへのメッセージ

関連記事

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.327
横須賀学院小学校の取り組み
教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!