OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生  後編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)
1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

人の行動を変えるにはデータだけでは不完全

松村 真宏

私の恩師である大澤先生は「チャンス発見」という研究テーマを提唱されています。「『めったに起こらないけれども重要なこと』を見つけよう、それはコンピューターだけでは見つけられないので、人間と一緒に協調しながら探していこう」というアプローチです。コンピューターも人間の知識もフル活用して、どううまくミックスできるかが研究テーマでした。

この「データは便利だけれど不完全なので、それしか使わないのは不十分ではないか」というのは、仕掛学も同じです。当時ぼくは人工知能の研究をしていましたが、データは不十分だし、それだけを研究テーマにしていてはできることが限られていると思っていました。とはいえ大澤先生と同じアプローチをとるわけにもいかないので、「人の知識や経験」を使うのではなく、「行動を変えることで問題解決する」というアプローチに進むことにしました。

当初は「フィールドマイニング」と呼び、データに頼ることなく、街なかの魅力を発見しようと活動していました。そこに何らかの仕掛けがあると、街の魅力に気づきます。たとえばぼくが最初に見つけた仕掛けは2006年、天王寺動物園の「筒」でした。望遠鏡のような形で、真ん中に穴があり、ついのぞきたくなる。何の説明書きもなかったのですが、動物以外の見どころに気づいてもらうための仕掛けでした。そうした仕掛けを収集していたら、魅力を発見するだけでなく、いろいろな問題解決に応用できると気づきました。そこで「仕掛学」と名前を変え、現在の研究に至っています。

でも仕掛けを自分で考え出すのは難しい。ですからぼくは、人が集まっているところはとりあえず見に行きます。人が集まっている理由、つまり仕掛けがわかるからです。人だかりは、隠れた仕掛けを他の人が見つけてくれていると言えます。人の行動がどう変わるか、実験をしたこともあります。繁華街にある、普通の木の根元を、友人と何人かで集まって写真に撮っていたら、まわりの人が寄ってきて同じように撮影をし始めた。何かがあると思ったんでしょうね。つまり、ちょっとしたことで人の行動は簡単に変わる、ということです。

松村先生から学生たちへのメッセージ

関連記事

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2014/01/17更新

Vol.005 ロボットクリエイター 高橋智隆さん

 “1人1台ロボットと暮らす夢”を挑戦や試みを積み重ねて具現化する

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
Vol.383
浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち
寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!