OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生  前編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)
1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

難しい専門知識は必要ない「仕掛学」

「仕掛け」をテーマにしたぼくのゼミでは、皆で課題や仕掛けのアイデアを持ち寄り、何をどう仕掛ければその課題を解決できるかを議論し、実際に仕掛けを作って実験し、結果を分析して論文を書いています。

取り組む課題はさまざまで、外部とコラボレーションすることも多くあります。たとえば最近ではパン屋さんと一緒にやりました。パン屋さんとしては、新商品の味を知ってもらいたいと思って試食を用意しているのですが、じつは試食する人自体が少ないという課題があったんです。

これは「返報性の原理」といって、試食すると「買わなくてはならない」という心理が働くからです。そこで考えた仕掛けが、試食に使ったつまようじで「投票」してもらうこと。パンの前に発泡スチロールを置き、使用済みのつまようじでおいしかったかどうかの意思表明をできるようにしたところ、試食率が上がりました。投票によって試食に報いることができるとわかり、心理的なハードルが低くなるからだと考えられます。

そもそも、ぼくがこうした仕掛けを研究するのには3つの目的があります。1つ目は、仕掛学を子どもにも学んでもらいたいから。ぼくは、仕掛学は専門知識もいらないし、誰もが知っていて当然の一般教養、つまりリテラシーだと考えています。早くから身につけておけば、何か問題があったときでも正攻法ばかりでなく「違う方法もあるんじゃないか?」と見方を変えられる力になるし、その方が楽しくなると思っています。いろんな見方で考え、「考え方にはさまざまある」ことを知ると、学ぶ意欲もつながるんじゃないでしょうか。

2つ目は、アカデミックな側面から「人はどういう原理で行動を変えてしまうのか」ということを、大学でのさまざまな実験を通して明らかにしていくことです。そして3つ目は、仕掛けを社会に導入・展開して、問題解決につなげることです。大学の研究としてでは社会になかなか浸透しないので、企業と一緒に共同研究をして、キャンペーンや製品を考えていきたいと思っています。

天王寺動物園では、ライオン型の手指消毒器を設置すると、消毒する人が増えました。ライオンの口の中に手を入れると自動的に消毒液が出る仕掛けです。口が開いているので、つい手を入れたくなるんです。


天王寺動物園の
ライオン型の手指消毒器

松村先生の子ども時代とは?

関連記事

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!