OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/07更新

Vol.044

仕掛学者 松村真宏先生  前編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)

1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

難しい専門知識は必要ない「仕掛学」

松村真宏先生

「仕掛け」をテーマにしたぼくのゼミでは、皆で課題や仕掛けのアイデアを持ち寄り、何をどう仕掛ければその課題を解決できるかを議論し、実際に仕掛けを作って実験し、結果を分析して論文を書いています。

取り組む課題はさまざまで、外部とコラボレーションすることも多くあります。たとえば最近ではパン屋さんと一緒にやりました。パン屋さんとしては、新商品の味を知ってもらいたいと思って試食を用意しているのですが、じつは試食する人自体が少ないという課題があったんです。

これは「返報性の原理」といって、試食すると「買わなくてはならない」という心理が働くからです。そこで考えた仕掛けが、試食に使ったつまようじで「投票」してもらうこと。パンの前に発泡スチロールを置き、使用済みのつまようじでおいしかったかどうかの意思表明をできるようにしたところ、試食率が上がりました。投票によって試食に報いることができるとわかり、心理的なハードルが低くなるからだと考えられます。

そもそも、ぼくがこうした仕掛けを研究するのには3つの目的があります。1つ目は、仕掛学を子どもにも学んでもらいたいから。ぼくは、仕掛学は専門知識もいらないし、誰もが知っていて当然の一般教養、つまりリテラシーだと考えています。早くから身につけておけば、何か問題があったときでも正攻法ばかりでなく「違う方法もあるんじゃないか?」と見方を変えられる力になるし、その方が楽しくなると思っています。いろんな見方で考え、「考え方にはさまざまある」ことを知ると、学ぶ意欲もつながるんじゃないでしょうか。

2つ目は、アカデミックな側面から「人はどういう原理で行動を変えてしまうのか」ということを、大学でのさまざまな実験を通して明らかにしていくことです。そして3つ目は、仕掛けを社会に導入・展開して、問題解決につなげることです。大学の研究としてでは社会になかなか浸透しないので、企業と一緒に共同研究をして、キャンペーンや製品を考えていきたいと思っています。

天王寺動物園では、ライオン型の手指消毒器を設置すると、消毒する人が増えました。ライオンの口の中に手を入れると自動的に消毒液が出る仕掛けです。口が開いているので、つい手を入れたくなるんです。

松村真宏先生
天王寺動物園の
ライオン型の手指消毒器

松村先生の子ども時代とは?

関連記事

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
Vol.452
KUMONの取り組むSDGsを考える③後編
公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!