トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 森林政策学者 東南アジア地域研究 原田一宏先生(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/01/13更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生  後編

人生は一度決めなくていい
回り道
の経験は無駄にはならない
可能性が1%でもあれば挑戦しよう

原田 一宏 (はらだ かずひろ)
京都府生まれ。東山高等学校卒業、東京大学農学部農業生物学科卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻博士課程修了。インドネシア林業省国立公園事務所(JICA長期派遣専門家)、マードゥク大学アジア研究センター(オーストラリア)、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)、兵庫県立大学環境人間学部を経て、2014年4月より名古屋大学大学院生命農学研究科教授。著書に『熱帯林の紛争管理―保護と利用の対立を超えて』(原人舎)など。公文では小5から中1まで算数・数学、国語、英語を学習。

東南アジアの熱帯林の現地でフィールドワークを行っている農学博士の原田一宏先生。森林保全など地球環境保護の大切さがクローズアップされる中、熱帯林の保全をめぐって、実際に現地では何が起こっているのかという忘れられがちな視点から研究をしています。二度も壮絶なマラリア感染を体験しながらも、フィールドに向かい続ける原田先生、その情熱の源は?生い立ちとともに、途上国に対する熱い想いを伺いました。

転機は同世代のインドネシア人の助手との出会い

研究室を転々とした私が、ようやく「これだ」と今の研究に至るようになったのは、修士課程のときインドネシアで調査をした際の、同世代の青年との出会いがきっかけです。熱帯林の森林調査のため、暑い中、重い機械を背負って、植物の光合成や水分の含有量などを測定する毎日でしたが、私の助手として手伝ってくれたのが、日雇い労働者の彼でした。
 
同世代だったこともあり、コミュニケーションをとりたくて、最初はカタコトのインドネシア語で会話をしました。私は、彼との長いつき合いでインドネシア語を習得したともいえます。彼は、学校の先生になりたくて免許もとったのですが、なかなか実現することができないと言いました。仮に実現したとしても先生の給料は非常に安いとも。一緒に仕事をしていて彼の優秀さはわかりました。それなのに、なぜ夢が叶えられないのか。途上国の現実を突きつけられた気がしました。
 
一方、自分は修士論文の研究成果を出すために、彼に手伝ってもらっている。熱帯林を研究してはいますが、結局現地の人たちには何のメリットもないのではないかと考えるようになりました。

木ばかり見ているのではなく、もう少し彼らの生活が向上するようなことをしたいと感じて、博士課程では人との関係を考える研究をすることにしたのです。もともと人と話すのが好きでしたが、この青年との出会いが大きな転機となりました。

実は、私は二度マラリアにかかったことがあります。一度目はインドネシアで感染し帰国後に発症しました。入院した病院の医師に家族が「命の危険があり、最悪の場合は覚悟してください」と言われたと、退院後に聞きました。二度目はインドネシアの奥地で発症し、マラリアの薬を飲みながらジャカルタに戻って緊急入院。その後日本に戻ってきたのですが、帰国後も、強烈なめまいに襲われるなど副作用がひどく、回復するのに1か月かかりました。

そうした壮絶な体験をして、フィールドワークは生半可にはできない、精神的にも肉体的にもタフでなければならないと実感しました。そして、このまま研究を続けるべきか、かなり悩みました。悩みに悩んだあげく、自分の人生はこれしかないと結論を出しました。私の研究室に来る学生にもその体験は伝えることがあります。タフさと同時に、人の話を聞いたり、自分の話をするのが好きであること、また開拓精神があることが、過酷なフィールドワークを行うのには大事なことです。

原田先生が最近の学生を見て感じることとは?

関連記事

2017/01/06更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

バックナンバー

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.300
ヨーロッパの指導者
仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~
Vol.299
家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)
Vol.298
就労移行支援施設での公文式導入
障害のある方々が成長する過程から、 職員たちも学び、成長する。
Vol.297
家庭学習調査2018(1)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(1)
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.053 後編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.053 前編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。