OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/06/03更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん  前編

自分の好きなものの中に、
未来の自分がある
与えられた環境でベストを尽くそう

有田 真 (ありた しん)
鳥取県生まれ。2004年気象庁に入庁。金沢地方気象台、気象庁海洋気象課、地磁気観測所女満別出張所(現女満別観測施設)を経て、地磁気観測所在勤中の2010年には第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加。現在は網走地方気象台勤務。

第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加し、現在は網走地方気象台で気象観測の仕事をしている有田真さん。南極という厳しい自然環境の中で有田さんを支えたのは、同じ目標に向かう仲間との絆、そして、根気強く続けることでようやく見えてくる自然の真実の姿。好きなことをあきらめない気持ちで人生を切り拓いてきた有田さんにお話をうかがいました。

宇宙天気予報の精度を上げる「地磁気観測」

私の現在の仕事は、網走地方気象台での気象観測です。天気、雲量、視程など人が観測する項目と、機械で測る気温や降水量、気圧などの観測値をあわせて世界に向けて発信します。その観測結果が天気予報のもとになるのです。


オーロラ 2011年4月1日撮影

2010年、私は第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加しました。南極で私が行っていたのは、おもに地磁気やオーロラの観測。地磁気というのは、「地球が持っている磁気」のことです。地磁気は常に変化しており、その仕事は「方位磁石の示す向きと磁気の大きさを精密に正確に測る」ことです。昭和基地はオーロラ粒子の降り込みやすい位置にあり、地磁気も大きく変化します。

地球規模で変動する地磁気の動きを理解するためには世界中で観測することが必要で、日本ではそれを地磁気観測所が担っています。その観測成果は磁気嵐への対応、地図・海図の利用、地震・火山噴火予知研究、地球物理学研究などに活用されています。


地磁気観測の様子 手前が有田さん

例えば、磁気嵐の規模によっては、大停電がおきることがあります。大規模な磁気嵐がおきた場合、停電のほかにも、人工衛星の故障、航空機乗務員や宇宙飛行士の健康など、その影響が広範囲に及ぶことが考えられます。

現在は、長期にわたる広範囲な観測結果と、人工衛星を利用した太陽風の観測とを合わせることによって、こういったトラブルを未然に防ぐための情報を提供する、「宇宙天気予報」の精度向上に努力が払われています。地磁気観測所の仕事は、そのために必要な観測値を提供することにあります。

このほか、これまでの観測・調査から地磁気観測が火山活動監視の有力な手段の一つとなり、私自身、地磁気観測所に在勤中は毎年雌阿寒岳に赴いて地磁気の観測や装置の整備を行ってきました。私がこれまでに行ってきた仕事は、一般の人の役に立つための基になるデータをとることと言えると思います。

有田さんの子ども時代とは?

関連記事

2016/06/10更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん

自分の好きなものの中に、 未来の自分がある 与えられた環境でベストを尽くそう

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
Vol.359
公文国際学園―模擬国連2020
生徒主体で運営する模擬国連 さまざまな国の現状を知り 国際問題の議論を通して視野の広がりを実感
Vol.358
KUMONの子ども文化研究
浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!