OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/06/03更新

Vol.033

気象庁 有田 真さん  前編

自分の好きなものの中に、
未来の自分がある
与えられた環境でベストを尽くそう

有田 真 (ありた しん)

鳥取県生まれ。2004年気象庁に入庁。金沢地方気象台、気象庁海洋気象課、地磁気観測所女満別出張所(現女満別観測施設)を経て、地磁気観測所在勤中の2010年には第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加。現在は網走地方気象台勤務。

第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加し、現在は網走地方気象台で気象観測の仕事をしている有田真さん。南極という厳しい自然環境の中で有田さんを支えたのは、同じ目標に向かう仲間との絆、そして、根気強く続けることでようやく見えてくる自然の真実の姿。好きなことをあきらめない気持ちで人生を切り拓いてきた有田さんにお話をうかがいました。

宇宙天気予報の精度を上げる「地磁気観測」

私の現在の仕事は、網走地方気象台での気象観測です。天気、雲量、視程など人が観測する項目と、機械で測る気温や降水量、気圧などの観測値をあわせて世界に向けて発信します。その観測結果が天気予報のもとになるのです。

有田 真さん
オーロラ 2011年4月1日撮影

2010年、私は第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加しました。南極で私が行っていたのは、おもに地磁気やオーロラの観測。地磁気というのは、「地球が持っている磁気」のことです。地磁気は常に変化しており、その仕事は「方位磁石の示す向きと磁気の大きさを精密に正確に測る」ことです。昭和基地はオーロラ粒子の降り込みやすい位置にあり、地磁気も大きく変化します。

地球規模で変動する地磁気の動きを理解するためには世界中で観測することが必要で、日本ではそれを地磁気観測所が担っています。その観測成果は磁気嵐への対応、地図・海図の利用、地震・火山噴火予知研究、地球物理学研究などに活用されています。

有田 真さん
地磁気観測の様子 手前が有田さん

例えば、磁気嵐の規模によっては、大停電がおきることがあります。大規模な磁気嵐がおきた場合、停電のほかにも、人工衛星の故障、航空機乗務員や宇宙飛行士の健康など、その影響が広範囲に及ぶことが考えられます。

現在は、長期にわたる広範囲な観測結果と、人工衛星を利用した太陽風の観測とを合わせることによって、こういったトラブルを未然に防ぐための情報を提供する、「宇宙天気予報」の精度向上に努力が払われています。地磁気観測所の仕事は、そのために必要な観測値を提供することにあります。

このほか、これまでの観測・調査から地磁気観測が火山活動監視の有力な手段の一つとなり、私自身、地磁気観測所に在勤中は毎年雌阿寒岳に赴いて地磁気の観測や装置の整備を行ってきました。私がこれまでに行ってきた仕事は、一般の人の役に立つための基になるデータをとることと言えると思います。

有田さんの子ども時代とは?

関連記事

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
Vol.452
KUMONの取り組むSDGsを考える③後編
公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!