KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2015/11/13更新

Vol.113 ユニクロCMにカナダの元公文生が登場  

KUMON now!でご紹介した
カナダ元公文生アンさん
ユニクロCMに登場

2015年6月に公開したKUMON now!トピックスVol. 093「カナダからフィリピンの友だちに明かりの贈り物」でご紹介したカナダの元公文生アン・マコシンスキーさんが、このたびユニクロのフリースのCMに起用されました。

「公文式学習を通じて率先して行動する姿勢が身についた」というアンさんは、9歳で公文に入会し、高校生になるまで学習を続けました。

2013年、アンさんは「Hollow Flashlight」(掌の熱で点灯する電池のいらない空洞の懐中電灯)の発明でグーグル科学フェアに入賞しました。

今回のCMでアンさんが着ているフリースは、太陽光を熱に変換するといった、寒い季節に最適な機能を持った素材だそうです。アンさんの起用の理由に関して、ユニクロの担当者は以下のようにコメントしています。

「1994年に発売された、ユニクロのフリース。
それまでになかった快適さと着こなしで、時代を象徴するひとつのブームを巻き起こしました。
以来今日まで、いつも新しい心地よさとスタイルを提供し続けています。
2015年のCMでは、これからも進化していくフリースの価値を、
未来へ向けて自分らしく進んでいく若い世代の価値観に重ね合わせてメッセージします。
等身大の自分で新しいことに挑戦する若者を象徴するひとりとして、
ユニクロはアン・マコシンスキーさんの考え方と生き方に共感し、
CMに出演していただくことにしました」

「ユニクロのフリースも、私の発明も、熱を活かしていくテクノロジー」「さぁ、未来を照らそう」とアンさんの発明とフリースの特性の共通性に触れたコメントが、懐中電灯の明かりとともに未来へ広がりを感じさせる印象的なCMです。

アンさんの発明「Hollow Flashlight」について、詳細はKUMON now!トピックスVol. 93をご覧ください。(下記関連リンク参照)

 

関連リンク

アン・マコシンスキーさん「カナダからフィリピンの友だちに明かりの贈り物」|KUMON now!

関連記事

学習者・OBOG  2015/06/30更新

Vol.093 カナダの公文生の発明品

カナダからフィリピンの友だちに明かりの贈り物

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!