OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/12/11更新

Vol.027

株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん  後編

時代の変化のスピードは早い
自分にとって何が楽しいかを知り、
追求すれば未来は広がる

佐渡島 庸平 (さどしま ようへい)

1979年生まれ。中学時代を父親の転勤のため南アフリカ共和国で過ごし、灘高から東京大学文学部へ進学。2002年に講談社に入社後は、週刊モーニング編集部に所属。『ドラゴン桜』(著・三田紀房)、『宇宙兄弟』(著・小山宙哉)など、テレビドラマ化、アニメ化、映画化など、漫画の枠を超えた数々のヒット作を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社である株式会社コルクを設立した。初の著書となる『ぼくらの仮説が世界をつくる』(ダイヤモンド社)が近日刊行。

『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』をはじめ、数々の人気作品を世に送り出した名物編集者、佐渡島庸平さん。大手出版社勤務という安定した地位を捨て、2012年に作家エージェント会社・株式会社コルクを自ら設立しました。佐渡島さんを突き動かす情熱の源、それは幼い頃から何よりも好きだったという「本」から始まったようです。時代の変化がスピーディーな中、新しい仕事を創るために必要な本質についてうかがいました。

『ドラゴン桜』で感じたあの風が、吹いてこなかった

株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平さん

とはいえ、僕にはとくに起業に対する憧れも意欲もそのときはありませんでした。それでもなぜ、3年前に安定した仕事を辞めて、自分で会社を設立するに至ったのか。それは当時強烈に感じた、「時代が変わり出していて、面白いことが外にありそうだ」という思いです。会社員でなくなる不安だとか、もったいないんじゃないか、という気持ちよりもその好奇心のほうが断然強かったのです。

『ドラゴン桜』を映像化したときに、ウワーっと風が吹いてくるのを感じていました。世間が『ドラゴン桜』を受け入れている、という風です。あの頃失墜しかけていた東大に対する世間の評価も、『ドラゴン桜』の影響で上がっているのがわかりました。というのもその後、「東大生のノート」シリーズのほか“東大本”と言われる関連本が次々に出版されましたから。

そして僕は、『ドラゴン桜』で得た経験をさらにブラッシュアップして、『宇宙兄弟』の映像化に取り組みました。ところが、『ドラゴン桜』で感じたあの風は吹いてこなかった。僕の知見は高まっていたはずなのに。きっとこれは時代が変わっているんだな……と。出版社の中にいて面白い作品を作るだけでは、この時代の変化に気づくことはできないのかもしれない。そういう欲求が僕を突き動かしたんだと思います。『ドラゴン桜』から『宇宙兄弟』まではわずか4年ほど。でも今の状況に置き換えてみたら……たとえば4年前に「LINE」を誰が知っていましたか?それくらい時代の変化のスピードは早いんです。

おそらく今の子どもたちが成人する頃には、もっと色々なことが変化して、既存の職業が役目を終えたり、新しい仕事が誕生したりしていることと思います。今、将来に漠然とした不安を抱えている子もいることでしょう。でも、それは想像できないことを想像しようとして不安になっているだけ。だって、馬車の時代の人に、「馬車はなくなるけどその代わりに自動車というものができるよ」なんて誰も説明できないでしょう?そのときが来れば、きっと想像できます。だからこそ、本質的なことだけ押さえればいいんです。

佐渡島さんの夢とは?

関連記事

2015/12/04更新

Vol.027 株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん

時代の変化のスピードは早い 自分にとって何が楽しいかを知り、 追求すれば未来は広がる

2016/06/10更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん

自分の好きなものの中に、 未来の自分がある 与えられた環境でベストを尽くそう

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2014/07/11更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!