トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/12/11更新

Vol.027

株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん  後編

時代の変化のスピードは早い
自分にとって何が楽しいかを知り、
追求すれば未来は広がる

佐渡島 庸平 (さどしま ようへい)

1979年生まれ。中学時代を父親の転勤のため南アフリカ共和国で過ごし、灘高から東京大学文学部へ進学。2002年に講談社に入社後は、週刊モーニング編集部に所属。『ドラゴン桜』(著・三田紀房)、『宇宙兄弟』(著・小山宙哉)など、テレビドラマ化、アニメ化、映画化など、漫画の枠を超えた数々のヒット作を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社である株式会社コルクを設立した。初の著書となる『ぼくらの仮説が世界をつくる』(ダイヤモンド社)が近日刊行。

『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』をはじめ、数々の人気作品を世に送り出した名物編集者、佐渡島庸平さん。大手出版社勤務という安定した地位を捨て、2012年に作家エージェント会社・株式会社コルクを自ら設立しました。佐渡島さんを突き動かす情熱の源、それは幼い頃から何よりも好きだったという「本」から始まったようです。時代の変化がスピーディーな中、新しい仕事を創るために必要な本質についてうかがいました。

雑誌編集者時代に感じたジレンマ

株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平さん

雑誌の編集者は雑誌がどうすれば長期的に売れるかを第一に考えます。僕は講談社の『モーニング』という漫画雑誌の編集部にいたので、35歳くらいの男性にウケるマンガをひたすら考えていました。世の中にたくさんいる作家の中から、35歳の男性にウケそうなマンガを描ける人を探して描いてもらうのが仕事です。

もしすごく好きな作家がいたとしても、その人が10代向けだったり女性向けだったりしたら声をかけることはないですし、一緒に仕事をしている作家でも、だんだんその人のやりたい方向性が雑誌の対象と違ってきたら、残念ながらさようならをするしかありません。

僕はずっと本が好きで、作品を生み出す作家と仕事がしたいから出版社に入ったんです。ただ、作家の年齢が上がっていったときに、その人の描きたい興味が変わる可能性は十分にある。しかしそれをサポートする仕組みは日本にはなかったんですね。作家が雑誌に自分の趣味嗜好を合わせていかないといけないんです。

ただ昔は発表媒体の数が少なかったので、それが生き残る手段でしたが、今は違う。作家自体にファンがついているのなら、その作家が最も満足いく形で作りこんだものこそ、世の中にも受け入れられるのではないかと。作家側の視点に立ち、その作家が5年後も10年後も20年後も、活躍するためにはどうすればいいか、究極的にはその作家が死んだ後でも世界中の人が作品を楽しむためには、どういう仕組みの上でどのように発表すればいいか、さらにどういうレベルの作品であればそれが可能になるのか?

――そこを考えた人がいなかったんですね。視点を変えることによって、新しいビジネスが生まれるだろうな、ということはつねに考えていたことです。

安定した仕事を辞めて起業しようと思ったきっかけとは?

関連記事

2015/12/04更新

Vol.027 株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん

時代の変化のスピードは早い 自分にとって何が楽しいかを知り、 追求すれば未来は広がる

2016/06/10更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん

自分の好きなものの中に、 未来の自分がある 与えられた環境でベストを尽くそう

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2014/07/11更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!