トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/12/11更新

Vol.027

株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん  後編

時代の変化のスピードは早い
自分にとって何が楽しいかを知り、
追求すれば未来は広がる

佐渡島 庸平 (さどしま ようへい)

1979年生まれ。中学時代を父親の転勤のため南アフリカ共和国で過ごし、灘高から東京大学文学部へ進学。2002年に講談社に入社後は、週刊モーニング編集部に所属。『ドラゴン桜』(著・三田紀房)、『宇宙兄弟』(著・小山宙哉)など、テレビドラマ化、アニメ化、映画化など、漫画の枠を超えた数々のヒット作を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社である株式会社コルクを設立した。初の著書となる『ぼくらの仮説が世界をつくる』(ダイヤモンド社)が近日刊行。

『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』をはじめ、数々の人気作品を世に送り出した名物編集者、佐渡島庸平さん。大手出版社勤務という安定した地位を捨て、2012年に作家エージェント会社・株式会社コルクを自ら設立しました。佐渡島さんを突き動かす情熱の源、それは幼い頃から何よりも好きだったという「本」から始まったようです。時代の変化がスピーディーな中、新しい仕事を創るために必要な本質についてうかがいました。

雑誌編集者時代に感じたジレンマ

株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平さん

雑誌の編集者は雑誌がどうすれば長期的に売れるかを第一に考えます。僕は講談社の『モーニング』という漫画雑誌の編集部にいたので、35歳くらいの男性にウケるマンガをひたすら考えていました。世の中にたくさんいる作家の中から、35歳の男性にウケそうなマンガを描ける人を探して描いてもらうのが仕事です。

もしすごく好きな作家がいたとしても、その人が10代向けだったり女性向けだったりしたら声をかけることはないですし、一緒に仕事をしている作家でも、だんだんその人のやりたい方向性が雑誌の対象と違ってきたら、残念ながらさようならをするしかありません。

僕はずっと本が好きで、作品を生み出す作家と仕事がしたいから出版社に入ったんです。ただ、作家の年齢が上がっていったときに、その人の描きたい興味が変わる可能性は十分にある。しかしそれをサポートする仕組みは日本にはなかったんですね。作家が雑誌に自分の趣味嗜好を合わせていかないといけないんです。

ただ昔は発表媒体の数が少なかったので、それが生き残る手段でしたが、今は違う。作家自体にファンがついているのなら、その作家が最も満足いく形で作りこんだものこそ、世の中にも受け入れられるのではないかと。作家側の視点に立ち、その作家が5年後も10年後も20年後も、活躍するためにはどうすればいいか、究極的にはその作家が死んだ後でも世界中の人が作品を楽しむためには、どういう仕組みの上でどのように発表すればいいか、さらにどういうレベルの作品であればそれが可能になるのか?

――そこを考えた人がいなかったんですね。視点を変えることによって、新しいビジネスが生まれるだろうな、ということはつねに考えていたことです。

安定した仕事を辞めて起業しようと思ったきっかけとは?

関連記事

2015/12/04更新

Vol.027 株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん

時代の変化のスピードは早い 自分にとって何が楽しいかを知り、 追求すれば未来は広がる

2016/06/10更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん

自分の好きなものの中に、 未来の自分がある 与えられた環境でベストを尽くそう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!