KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2014/10/07更新

Vol.057 未来を創る仕事-ファミリーマート  

生活者日常に関わる企業で
日々の課題に取り組める喜び
株式会社ファミリーマート 三木春香さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話を伺うのは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のキャッチフレーズでおなじみ、コンビニ業界大手のファミリーマートで商品開発を担当している公文式OG。生活者に身近な企業で働きながら、公文式で学んだ経験が今に生きている、という実感について語っていただきました。

 


株式会社ファミリーマート
商品本部 デリカ食品部 米飯グループ
三木春香さん

―― 現在のお仕事について聞かせてください。

ファミリーマートのお弁当やお惣菜をはじめとした、食品のオリジナル商品の開発を行っているデリカ食品部という部署で、おむすびの商品開発を担当しています。

―― おむすびの商品開発というのは具体的にどのようなお仕事なのでしょうか?

商品製造に関わるメーカーさんをはじめ、食材を供給してくれる業者さん、ほかにも包材メーカーさんなどと一緒に、10数人ほどのプロジェクトチームで動いています。当社のデリカ食品部でおむすび担当となっているのは、じつは私ともうひとりのスタッフの2名しかおりません。

私の役割としては、日々の店舗での売上数値の分析や傾向、また市場動向も把握しながら、毎週の開発会議で共有を行い、商品の品ぞろえの検討や新しい商品の立案など、チームをリードする立場を担っています。

―― お仕事のやりがいはどのようなところにありますか。

おむすびの売上と利益の数値責任を持っていますので、毎日が試行錯誤の連続です。じつは新商品は毎週登場するのですが、こちらが新しいラインナップを揃えても、商品の発注自体は各店舗の判断で行うものなので、投入した新商品が発注されて店頭に並んでいるのか、もし注文されていないのならどこに問題があるのかなど、自ら課題を見つけてはそれを解決する日々です。

―― 公文式学習での思い出についてきかせてください。

私は徳島県の出身なのですが、小学生の初めの頃から近所の教室に通っていました。好きな時に行って自分のペースで自由に進められる学び方が、私には合っていたと思います。先生やスタッフの方たちとの距離が近く親しみやすかったことも印象に残っています。中学校に入ったころにいったん離れたのですが、高校に入ってから今度はKUMON SPEED READING SYSTEM(※)に取り組んで、英語の読解力向上にとても役立ちました。

―― 公文式学習での経験が現在のお仕事での取り組みに通じていると感じることはありますか?

当社は社員一人ひとりの裁量で行動することが活発な企業風土ということもあり、私の場合はとくに自分自身で課題を設定して、その判断が求められる機会が多いです。

そういう意味では、誰かに言われなくても自分のペースで課題を進めて、人と比べるより自分がどこまでできたか、ということで評価をする公文式学習のやり方が自分に合っていたと思いますし、それが結果的に今に生きているのかな、と改めて実感しています。

―― 今、公文式学習で学んでいる子どもたちへのメッセージをお願いします。

私は高校生のころ、上京して大学で学びたいという思いをずっと胸に抱いていました。しかし両親からは、ある程度レベルの高い大学でない限りはそれを認めない、と言われていましたので、自分自身の将来のために、受験勉強に一所懸命取り組みました。その後、大学入学を期に故郷から出て、新しい学びの場や交友関係が増えたことで、私の世界が大きく広がりました。

私にとっての学びとは、やりたいことの選択肢を増やし、自分自身を成長させて、世界を広げるための手段になりました。

子どもや学生のころにやっていることは必ず将来につながってくると思います。だから、皆さんもいろんなことに挑戦していってください。

※KUMON SPEED READING SYSTEMは、2016年3月末でサービスの提供を終了いたします。

関連リンク

関連記事

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟

小さなことの積み重ねが 大きなことを成し遂げる力になる公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

学習者・OBOG  2016/02/08更新

Vol.135 未来を創る仕事-オムロン

自分の可能性に自信を持つことで さらなる成長にチャレンジできる オムロン株式会社 井垣勉さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!