OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/08/01更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん  前編

囲碁おもしろさ
考えても考えても
よくわからないところ

山下 敬吾 (やました けいご)
1978年、北海道旭川市出身。小3でプロを目指し上京。1993年に入段し、1998年には第23期新人王戦で優勝、初タイトルを獲得。2003年、第27期棋聖戦で棋聖位を獲得し、九段昇段。2010年には第65期本因坊戦を制し、「本因坊道吾」と号す。続く2011年には第38期名人戦にも勝利、史上7人目の「名人・本因坊」となる。

小学2年生のとき全国少年少女囲碁大会で歴代最年少優勝、そして15歳でプロの世界へ。今や日本を代表するプロ棋士となった山下敬吾さん。「正解がない」という囲碁の世界で、山下さんが目指す“進化”についてうかがいました。

囲碁の学びの場が教えてくれた、人としての礼儀

プロの世界の厳しさを垣間見たのは、小5で「院生」というプロ棋士の養成機関、将棋でいう奨励会のようなところに入った時期ですね。小2で大会で優勝して、地元では「小学生天才棋士」と呼ばれ、自分でもちょっと勘違いしていた時期もあったのですが、東京には強い人がたくさんいて、なかなか勝つことができませんでした。「やっぱりそんなに簡単に勝てる世界じゃないんだ」と、かなり身に沁みました。

上京してすぐ、私は緑星囲碁学園(以下「学園」)という囲碁の学校(教育機関)に通いはじめました。この学園は本来プロを育てる学校ではないのですが、結果として多くのプロがそこから輩出されています。また、囲碁の技術的なことよりも、人間形成や礼儀作法などを重んじるところでもありました。ですので、私もたくさん叱られましたね。

今でもはっきり憶えているのは、旭川と東京では大きく環境が違い、囲碁の勉強にまったく身が入っていなかった私に、学園の先生が言った言葉です。「旭川にいるお父さんの気持ちになって考えてみろ」。これは効きましたね。裕福な家ではないのに、遠く離れた東京に住む私を父は養ってくれている。それがきっかけになって、「しっかり囲碁の勉強をしなきゃ」という意識に変わりました。「プロを目指そう」という目標をもちました。家族と離れて暮らすという厳しい決断をしてくれた父に、私は何ができるのか。両親の思いの深さは今になってやっと分かるようになりました。子どもがやりたいということを最優先で考えてくれたことには本当に感謝しています。

上京してから二十歳くらいまで、学校が終わったあと、私はほとんどを学園で過ごしました。学園は何かを教えるというよりは、子どもたちに囲碁の勉強の場を提供しているところ。対局するだけでなく、人の試合を見て学んだり、何人かで集まって研究し合ったり。教えてくれるのを待つのではなく、課題を自ら見つけて取り組まないといけない場所でした。ここで多くの友人もできましたし、ふつうの人の青春とはだいぶ違うかもしれませんが、僕にとっての青春時代はこの学園にあります。


 

   

後編のインタビューから

– 大きなタイトル戦の緒戦で3連敗。山下さんはどう対処したのか?
– 何歳になってもタイトル戦に出られる力を持ち続けるため、山下さんが心がけていること
– 「対局に負けても、考えても考えてもよくわからない囲碁。だからこそ、囲碁は楽しい」

 

 

関連記事

2014/08/08更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!