OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/08/01更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん  前編

囲碁おもしろさ
考えても考えても
よくわからないところ

山下 敬吾 (やました けいご)
1978年、北海道旭川市出身。小3でプロを目指し上京。1993年に入段し、1998年には第23期新人王戦で優勝、初タイトルを獲得。2003年、第27期棋聖戦で棋聖位を獲得し、九段昇段。2010年には第65期本因坊戦を制し、「本因坊道吾」と号す。続く2011年には第38期名人戦にも勝利、史上7人目の「名人・本因坊」となる。

小学2年生のとき全国少年少女囲碁大会で歴代最年少優勝、そして15歳でプロの世界へ。今や日本を代表するプロ棋士となった山下敬吾さん。「正解がない」という囲碁の世界で、山下さんが目指す“進化”についてうかがいました。

負けず嫌いだから続けてこられた

棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

正直言うと、勉強はあまり好きなほうではなかったです(笑)。親に言われて無理矢理……とまではいきませんが、親に叱られながらしぶしぶ勉強していたように思います。でも公文に関しては、教材が先に進んでいくことに喜びを感じていたのを憶えています。当時、自分の教材進度が全国でどのくらいの順位なのかがわかる印刷物があって、自分の名前が上位のほうにあったりするととても嬉しかったですね。

小さいころは、家の外では公園で鬼ごっこをしたり、家の中ではトランプやオセロなどのゲームをしたり、本当にふつうの子どもだったと思います。その遊びのひとつとしてあったのが囲碁です。父がもともと囲碁好きで、ゲームといっしょに教育の一環としても、囲碁を子どもに教えていました。父には「囲碁は頭脳を鍛える」という考えもあったようです。私が初めて囲碁に触れたのは5歳のときだったと思います。2歳上の兄とほぼ同時期に始めました。だから物心ついたら生活のなかに囲碁があったという感じですね。ただ、囲碁も勉強と同じで、父に叱られながらでした。父はいつも厳しかった印象があります。

実はそのころ、たまりかねて囲碁をやめていた時期があったんです。兄といっしょに習い始めるのですが、その年齢のころの2歳の差は大きいじゃないですか。当然兄のほうが理解力も体力もあるので、どうしても兄に勝つことができない。それがイヤでイヤで「ボクもう囲碁やめる!」と言ったらしいのです。だけど、そうは言ってしまったものの、兄が打つのをずっと横で見ていたり、やっぱり勝ちたいし興味をそそられていたんでしょうね。

そう、負けず嫌いなんです。でもそういう性格だから今まで続けてこられたんだとも思います。これまでの人生の中で囲碁を打っていないのは初めのころのその時期だけです。それは挫折といえば挫折なのでしょうが、小さいうちにそれを味わっておいてよかったのかもしれません。

両親が整えてくれていた囲碁の環境とは?

関連記事

2014/08/08更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!