OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/08/08更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん  後編

囲碁おもしろさ
考えても考えても
よくわからないところ

山下 敬吾 (やました けいご)
1978年、北海道旭川市出身。小3でプロを目指し上京。1993年に入段し、1998年には第23期新人王戦で優勝、初タイトルを獲得。2003年、第27期棋聖戦で棋聖位を獲得し、九段昇段。2010年には第65期本因坊戦を制し、「本因坊道吾」と号す。続く2011年には第38期名人戦にも勝利、史上7人目の「名人・本因坊」となる。

小学2年生のとき全国少年少女囲碁大会で歴代最年少優勝、そして15歳でプロの世界へ。今や日本を代表するプロ棋士となった山下敬吾さん。「正解がない」という囲碁の世界で、山下さんが目指す“進化”についてうかがいました。

「正解」が分からない囲碁の世界

棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

プロになったのは15歳のときでした。ホッとしたという気持ちは確かにあるんですけど、よく言われる「プロになっていちばん嬉しかったのはプロになったとき」というような感覚はあまりなくて。「プロになるのは通過点だ」とそのころは考えていました。これからもっともっとがんばらなきゃと。そして、プロになってからは想像以上に険しい道が続いているのも事実です。

二十歳くらいのときのことです。大きなタイトル戦に出るための決勝戦で、この対局に勝てばタイトル戦出場が決まる対局で3連敗したんです。負けるたびにショックは受けますが、このときのダメージはさすがに大きかった。このままタイトル戦に出られずに終わってしまうのか、という不安も大きくなりました。

けれども、ありがたいことに、僕は一晩寝るとスッキリ忘れてしまうたちなので、あまり引きずることがないんです。もう長くこの世界にいるので、負けるのは日常茶飯事。歳を重ねるうちに、気持ちの切り替えは上手くなってきたと思います。

負けたことをつぎに生かすには……。まず、納得できるまで敗因を調べ、その対策を考えます。また、これは負けに限りませんが、自分の試合は必ずふり返ります。反省点は自分なりに消化して、利点に変える。ただ、なかなか成長はしないもので、反省したつもりでもまた同じようなミスをくり返してしまうことはあります。これと同じようなことは、公文を学習しているときにも体験しました。ミスした問題をきちんと訂正することで、「どこで」「なぜ」ミスをしたのかに気づき、それがまた学ぶ力になるのですね。

囲碁というのは分からない部分が非常に多くて、考え方はそれぞれのプロが違うものを持っています。さらに、そのどれが正解なのかの判断がむずかしいのです。私自身も、若いころと比べて囲碁に対する考え方が変わっていますが、それが正解に向かっているのかどうかも分からないんです。

一応日々修行は重ねているので、自分としては進化しているつもりではいても、それが果たして正しい方向に進んでいるのかは分かりません。しかし正解が分からないからこそ、囲碁にはこれだけ長い歴史があるようにも思います。

タイトル戦に出られる力を持ち続けるため、心がけていることとは?

関連記事

2014/08/01更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

2014/09/19更新

Vol.013 年間ハイライト

迷い、壁、あきらめない挑戦、そして夢の実現

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
Vol.383
浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち
寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!