OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/07/11更新

Vol.011

数学者 河東泰之さん  後編

未だ見ぬ世界解き明かすための
「数学」というコトバ

河東 泰之 (かわひがし やすゆき)

1962年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。その後、同大学院理学系研究科数学専攻課程修士課程、博士課程進学(途中、UCLAなどへ留学)。現在は同大大学院教授として「作用素環論」を研究。2002年には、40歳未満の優れた数学者に与えられる日本数学会賞春季賞を受賞。

中学時代、「東大の自主セミナーで数学問題を解いていた」「東大数学科の図書館に入りびたっていた」など、さまざまなエピソードのある東京大学大学院数理科学研究科教授、河東泰之さん。日本の数学界で著名な研究者である河東さんに、のめり込んでしまうほどの数学の魅力についてうかがいました。

「学ぶこと」は最良の社会貢献

数学者 河東泰之さん

趣味と呼べるほどのものではありませんが、仕事で年間の1/3は海外にいるので、外国の街をぶらぶらと散歩するのが心休まる時間ですね。特にローマは、ローマ大学の先生と共同研究をしていることもあって、とても好きな街です。近代的な都市よりもヨーロッパの古い街並みに心惹かれます。それぞれの時代で人々が努力して一所懸命作ったものが好きです。数学以外の教科で好きだったのは古文漢文。昔の人の考え方って面白いですよね。その時代その時代の最先端の技術が見えるもの、人間が努力して築き上げたものが好きなのです。芸術も文学も、もちろん数学もそのひとつだと思います。

海外の研究者とのやり取りはもちろん英語ですが、数学の英語って実は簡単です。なぜなら、使う単語は専門用語ですし、言い回しもほぼ同じだからです。学会の英語での講演よりファーストフード店で注文するほうが難しいと思います、焼き方やマスタードの有無などを聞かれますから(笑)。もっと言えば、数学そのものが「共通言語」なのだと思います。インターネットで外国の研究者たちと数式でやり取りをしていると、言葉のコミュニケーションはないのに相手の気持ちが分かったりするのも面白いですね。

私としては、数学が好きで、とくに研究しているという意識もなく、ある意味遊びに近い感覚でずっと数字と戯れてきました。と同時に、自分だけの使命を、数学という分野で果たさねば、という気持ちもあります。この世の中はたくさんの人の努力によって形づくられていると思います。毎日きちんと食事ができるのも、車や電車で仕事や学校に行けるのも、いろいろな人のこれまでの、そして今の努力によって支えられています。

努力の仕方にはさまざまな方法があるわけですが、多くの人にとってみれば「勉強する」「学ぶ」というのがその一番なのではないでしょうか。私も同じです。もちろんプロのスポーツ選手や芸術家になれるような能力や実力があれば、それが一番いいのでしょうけれど、そういう人は少ないわけです。だから、私たちにとって学ぶことは最良の社会貢献だと考えています。自分が社会の一員としての責任を果たすということです。そして、それを通じて自分でも生きる楽しさを味わう。私も研究していて本当に楽しいです。

もちろん、「学ぶ」というのにも段階があると思います。娘も公文を学習していたのですが、その様子を見ていると、スポーツと同じで、体で覚えるくらいになるまでくり返してできるようになることは大切で、それが「学ぶ」ことの基礎になっていると思うのです。

ニュートンやアインシュタインのような天才に共通していることとは?

関連記事

2014/07/04更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

2015/05/01更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/04/23更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2022/02/25更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!