KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2022/05/17更新

Vol.444

19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ  

ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー
〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜

ミーテはKUMONが運営する、うた・絵本情報満載の記録サイト・アプリです。マタニティの方や子育てママ・パパの「うた・読み聞かせ」ライフを応援しています。
今回は、ミーテを利用するママ・パパから伺ったアンケートの結果を紹介するとともに、このミーテを運用するウェブ推進部サポートサイトチームの社員に、ミーテのコンテンツ内容の紹介や、運営する上で大事にしていることなどを聞きました。そこには、創始者 公文 公(とおる)が提唱した「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」の思いも引き継がれています。

「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」を実践してみよう!
~KUMON社員に聞く!ミーテのおすすめポイントとは?~

ミーテアプリ読み聞かせ記録画面ミーテアプリ読み聞かせ記録画面

創立から60年以上が経ち、たくさんの親子の子育ての実践から、KUMONは多くのことを学んできました。そのなかで、より伸びていく生徒は、高い読書能力があり、乳幼児期から積極的な“ことばの働きかけ”を受け、豊かな「ことば」に包まれた環境で過ごしていることがわかりました。
うた・読み聞かせ回数を簡単に楽しく記録できるツールが作れないかという発想から、2006年12月にミーテが誕生しました。その後2回のリニューアルと、スマートフォン内でのアプリ化を経て、今の形に進化してきました。そこには、親子で「ことば」豊かにふれあう時間をたくさんつくりましょう、というKUMONの願いがこめられています。

ここで、ミーテのおすすめポイントを紹介します。

ミーテ絵本情報ミーテ絵本情報

おすすめポイント 1:ミーテがあれば絵本選びには困りません!

絵本選びには、ぜひミーテの「絵本情報」を活用ください。
・「寝かしつけ」「トイレトレーニング」など、子育てのシーンごとに役立つ絵本の特集
・「子育て相談室」
・「新刊情報」
・「読み聞かせ1万回達成者の声」(2022 年 4 月に新登場)
・「みんなの推し絵本!」(2022 年 4 月に新登場)
など、たくさんのコンテンツがあります。絵本作家や著名な方々へのインタビュー記事も掲載していますので、より絵本の選び方・楽しみ方が広がっていくと思います。

お子さまの様子をスタンプで記録できますお子さまの様子を
スタンプで記録できます

おすすめポイント2:お子さまの成長をふりかえる機能があります!

うた・読み聞かせの記録画面では、その時のお子さまの様子がコメントやスタンプで残せます。後から見返すと、お子さまの成長や親子の思い出の記録としても楽しめます。
記録回数が増えていくと、ミーテキャラクターのかわいいスタンプが追加されます。他にも、読み聞かせ回数の目標設定ができ、100 回ごとに写真やメッセージを残せる記念ページもあるので、それらも楽しみに記録を続けてみてください。

ミーテ会員に聞く!「うた・読み聞かせ」を始めて、感じた自分自身の変化とは?

ミーテでは、サイト・アプリを利用している皆さまに、「やってミーテチャレンジ」を達成してのご自身の変化についてアンケートを取っています。今回は、2022年1月~4月のアンケート結果をご紹介します。

*「やってミーテチャレンジ」とは…「読み聞かせを始めたい、でも続くかどうかわからない」と感じている皆さまも楽しく読み聞かせを続けられるミーテ会員限定のチャレンジ。「やってミーテチャレンジ」達成者には、毎月抽選でプレゼントが当たる。

【調査概要】
調査方法:ミーテサイト・アプリ内調査
調査対象:ミーテ会員のうち「やってミーテチャレンジ」を達成した方188名
調査期間:2022年1月1日〜4月15日
  • 1.ミーテを使うことで、保護者(ママ・パパ)が読み聞かせの時間を楽しめるようになりましたか?

    .ミーテを使うことで、保護者(ママ・パパ)が読み聞かせの時間を楽しめるようになりましたか?

  • 2.ミーテを使うことで、読み聞かせ中の子どもの様子や反応を意識するようになりましたか?

    .2.ミーテを使うことで、読み聞かせ中の子どもの様子や反応を意識するようになりましたか?

1、2のアンケートでは、共に90%以上の保護者の方が、ミーテを使うことで読み聞かせの時間を楽しめるようになり、お子さまの様子や反応を意識するようになったと回答しました。読み聞かせを楽しむママ・パパの様子は、きっとお子さまにも伝わっていることでしょう。

子育て中のKUMON社員に聞く!ミーテに関するリアルボイス

現在子育て中のKUMONの社員にも、ミーテを利用しての感想を聞いてみました。

学習療法社員の読み聞かせ風景

「ミーテを利用して良かった点は、読み聞かせの記録の習慣化ができたことです。ミーテを利用することで気持ちにメリハリがつき、積極的に読み聞かせをしようと思えます。読み聞かせ回数を見ると、頑張っているなと思えて、励みになっています。また、自分の子どもと同じ月齢のお子さんを持つママ・パパがどのぐらいのペースで本を読んでいるか参考にできるような機能もあると、モチベーションも上がる気がします」

「ミーテはうた・読み聞かせを記録する方法もシンプルです。思い出の写真も残すことができます。また、様々な絵本情報や、作家さんへのインタビューがあるのも楽しいです。一方で、情報やインタビューがたくさんあることで、動作が遅い時があります。情報もたくさんありすぎて、全てに目を通すことができていません…」

「夫婦で読み聞かせを行いたいと思っていたので、アカウントを共有して、夫にもミーテで記録をつけてもらっています」

KUMON社員にミーテへの想いを語ってもらいました

関連記事

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

KUMONグループの活動  2022/09/06更新

Vol.453 3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!

プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

子育て・家庭学習  2014/12/02更新

Vol.065 ミーテ「うた・読み聞かせ」ライフ応援サイトをリリース

KUMONの 子育て応援ウェブサイト mi:te[ミーテ] マタニティママや子育てママ・パパの「うた・読み聞かせ」ライフを応援します!

バックナンバー

KUMONグループの活動  2022/11/29更新

Vol.463 『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年

皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/01更新

Vol.460 公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語

国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~

KUMONグループの活動  2022/10/28更新

Vol.459 英語で社会の課題解決策を考えよう

地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!