KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習  

どんな時代でも
家族で楽しく、学び続ける
~公文エルアイエル~

公文書写は、全国3,700の教室で幼児から90代まで、幅広い世代の方々が学ばれていますが、きょうだいや親子など、家族で一緒に学ぶ方々が多くいらっしゃいます。今回は、コロナ禍で教室に通えない間も「自宅で書写を楽しく学んでいました!」という学習者を2組ご紹介します。自宅でともに励まし合いながら書写を学習し、家族との時間を有意義に過ごされ、教室再開後は、以前にも増して「教室に通うことが楽しい、書くことが楽しい」と、より意欲的に取り組まれています。家族で学ぶ楽しさ、続ける大切さをお話いただきました。

家族で学ぶ喜びを感じています

家族で学ぶ喜びを感じています
家族で学ぶ喜びを感じています

Nさんは、家族4人で書写を学習し、教室に通えない期間も自宅で一緒に書写学習を楽しまれました。

母のMさんは「書写に取り組む時間を設けられたことで、気持ちをリフレッシュすることができました。この時期だから体験できたのかもしれませんね」と、在宅学習の様子を振り返ります。

また、父のKさんは「家族で同じ先生のもとで教えていただいていることはとても幸せです。息子は自分の名前をきれいに書けるようになり、娘も学校の先生に文字を褒めてもらえるようになりました。家族一緒に教室に通うことで、教材を書くこと以外で文字に関する共通の話題も増え、楽しさを感じています。これからも、家族で刺激し合いながら楽しく通っていきたいです」と語ります。

年末、お子さまは冬休みの宿題の書き初めの練習を集中して行い、Nさんご夫婦は年賀状に一言メッセージを添えました。
書写を学習しているおかげで、手書き文字の大切さをあらためて感じ、文字を書く機会が減った今だからこそ、気持ちを手書きで伝えたいお気持ちになったとおっしゃいます。
ご家族で一緒に書写教室へ通い、話題も増え、家族の絆もさらに深まっています。

継続して感じられた公文書写の魅力と価値

継続して感じられた公文書写の魅力と価値
姉Mさんの年賀状姉Mさんの年賀状 妹Mさんの年賀状妹Mさんの年賀状

Tさん姉妹は幼児の頃から公文書写を習い始め、20年になります。

一緒に続けて良かったことを二人はこのように語ります。「お互いに切磋琢磨しながら、ときにライバルとしてやる気を高められること。また、アドバイスをし合えることで書写力も高め続けられていることですね」

実生活で活かされる場面について姉のMさんは、「社会人になって文字を書く機会も多くあり、『とても読みやすい』など、周りの方々から褒められたり、励ましの言葉などが刺激や喜びにつながり、『もっと頑張ろう』と自分を奮い立たせる機会をもらっています。
一つの物事を継続し努力することの大切さや、忍耐力と集中力を自然と身につけることもできました」とおっしゃいます。

妹のMさんも公文書写の魅力について、「『字がきれいね、あなたに書いてもらって良かったわ』と認められると自信につながります。文字が上手に書けるようになるだけでなく、学習を継続して得られたことが、人生において生かされることが多くあることも大きいです。人生をより豊かにするツールの一つです」と語ります。
お二人とも書写を続けてきたことで、仕事や学業、生活にも生かされることが多く、継続することに大きな価値を感じられています。

今年は年賀状を特別な思いで書かれたお二人。
姉のMさんは「コロナ禍の時代において、人と人とが交わり辛くなった今、『もう一度、光が灯るその日まで踏ん張り、希望を持って歩み続けよう』というメッセージを込めました。あらためて手書き文字の重要さを感じます」
妹のMさんは「現在、大学の看護学部で学びを深める中で、コロナウイルスの脅威を日々痛いほど実感しています。明日の来ない夜はないし、先が見えない暗いトンネルではないのだから、皆が手を取り合いながら一歩ずつ進み続けよう、と前向きな気持ちを込めて書きました」
書は人なり、という言葉があるように、書だけでなく人間性も磨き続けられるように精進していきたいと語ってくださいました。

環境が変わった中でも、家族で書写を続けることで、日常の大切なことや伝えたい想いに気づかされます。
だれでも、いつからでも、どこでも、楽しく長く学び続けられます。
ぜひ、公文書写ウェブサイトをご覧ください。

関連リンク
「公文エルアイエル
「つづけてよかった公文書写」
「百人百筆」続編
「百人百筆」
公文書写-令和編
公文書写-百人百筆編
公文書写-公文書写教室編
公文書写-毛筆教材が新しくなりました!
高齢者も学べる公文書写-行政との連携編
「手紙に関する意識調査」結果発表!
ICTの最先端企業での「書写体験教室」

関連記事

KUMONグループの活動  2019/06/14更新

Vol.311 公文書写-百人百筆編

世代を超えて楽しむ ちょっとすてきな「書写のあるくらし」 ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2020/04/07更新

Vol.349 公文書写-「百人百筆」続編

つづけてよかった公文書写 ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2019/12/10更新

Vol.334 公文書写-「令和」を綺麗に書く

新元号「令和」を綺麗に書くポイントを学び、 手書き文字の魅力を体感しよう ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2018/09/25更新

Vol.274 公文書写―毛筆教材が新しくなりました!

はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!