トップ > KUMON now! > トピックス > 「手紙に関する意識調査」結果発表!|KUMON now! トピックス

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2017/09/26更新

Vol.228

「手紙に関する意識調査」結果発表!  

公文書写学習者は、
「親しい方や、離れて暮らすご家族、
お世話になった方に
手書きで手紙を送りたい」

近年はパソコンやスマートフォンを利用することが多く、手書きで文字を書く機会が減ってきています。そんな現代社会において、皆さんは「手書き文字」や「手紙」について、どのように考えているのでしょうか。今回、30代~50代の公文書写教室に通われている学習者250人と、書写を習っていない一般の方600人を対象に「手紙に関する意識調査」を実施いたしました。今回は、その調査結果について、お伝えします。

もらってうれしい手紙とは?

皆さんは、どのような手紙をもらってうれしいと感じますか?調査では、手書き文字、特に美しい文字の手紙をもらうとうれしいと思う人が多いという結果が出ました。手書きの手紙は「心が伝わる」「相手を思う」特別感があり、素敵な便箋や切手、季節感があるものにも、価値を感じられているようです。「自分のことを思ってくれている」「いつまでも保管しておこう」と、いただいた方の心に残る大切なものとなるかもしれません。

Q:「もらってうれしい」手紙をお答えください (複数回答)

1位 美しい文字で書かれている(45.7%)
2位 手書きで書かれている(37.3%)
3位 自分だけに書かれている(35.5%)
4位 素敵な便箋に書いてある(25.7%)
5位 ユーモアがある(25.2%)
6位 季節感がある(20.5%)
7位 素敵な切手がついている(14.3%)

手書きのよさはわかっていても、手紙を書いたりもらったりした経験のない人が約3割!

もらってうれしい“手書きの手紙”。しかし、実際に手紙を手書きで書いたり、手書きの手紙をもらったりする機会は少ないようです。手書き文字は気持ちが伝わるものだと感じてはいるものの、文字を書く機会が減り、自分の字に自信が持てないという方も増えているのかもしれません。

 手書きで手紙を書く頻度
 手書きの手紙をもらう頻度

一方で、コメント欄には下記のような素敵なエピソードもありました。

「もらってうれしかった手書きの手紙」(コメント欄より抜粋)

・高校受験のときに、お弁当箱の下に母からの応援の手紙が入っていたとき(30代・女性)
・誕生日のときに、プレゼントに添えられた子どもからの手紙(50代・男性)
・退職した先輩からいただいた、美しい文字で書かれた感謝の手紙(50代・女性)
・高校時代の友人たちとの文通や結婚式の招待状は今でも宝物(30代・女性)
・母の日に子どもからもらったカーネーションと手紙(40代・女性)
・5歳の子どもから「パパだいすき」と書かれた手紙(30代・男性)
・中学生のときに国語を教わった恩師からいただいた手紙(40代・男性)

手書きで手紙を送りたい相手は?

関連記事

調査・研究・アンケート  2019/05/28更新

Vol.308 現役大学生が考える英語とは②

イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

KUMONグループの活動  2017/06/13更新

Vol.213 Baby Kumon 5周年

毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!

KUMONグループの活動  2016/06/23更新

Vol.158 KUMON PARK オープン!-くもん出版

親子のかけがえのない 時間を提供したい 〜KUMON PARK の誕生〜

子育て・家庭学習  2013/11/19更新

Vol.012 Baby Kumon

開発者に聞く! Baby Kumonのヒミツ

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!