トップ > KUMON now! > トピックス > 家庭学習調査2016(1)-子どもが学習に前向きになるきっかけとは?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2017/02/28更新

Vol.196 家庭学習調査2016(1)
子どもが学習に前向きになるきっかけとは?  

「自分でできた!」「学ぶのが楽しい!」
という喜びが、子どもの学ぶモチベーションになる

KUMONでは、2016年11月、小1~小3の子がいる世帯の母親を対象に「家庭学習についての実態調査」を実施しました。KUMON now!では、この調査結果を全3回にわたってお伝えします。第1回目の今回は、「子どもの家庭学習の現状」と「子どもが学習に前向きになるきっかけ」についての結果をお伝えします。

【「家庭学習についての実態調査」結果】
第1回:「子どもの家庭学習の現状」と「子どもが学習に前向きになるきっかけ」(今回)
第2回:学習する習慣をつけるために親が子にかけている言葉とは?
第3回:家庭のスタイル別家庭学習の実態

平日の家庭学習の平均時間は「36分」
頻度は週平均「5.9日」

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:小1~小3の子がいる世帯の母親1,200人
調査期間:2016年11月5日~11月8日

今回の調査で、小1~小3の子どもの平日の家庭学習の平均時間は「36.3分」という結果でした。学年別にみると、小1と小2が「35.2分」、小3が「38.5分」と、学年が上がるにつれて長くなっている傾向がみられました。家庭学習の頻度については、週平均「5.9日」という結果となりました。子どもたちは、平日を中心にほぼ毎日、家庭学習に取り組んでいる状況のようです。

家庭学習として取り組んでいるのは、「小学校の宿題」(94.3%)が大多数でした。このほか、「通信教育の課題」(28.1%)、「(ドリルや問題集など)両親が与える課題」(22.0%)と続きました。

子どもが家庭での学習に熱心になったきっかけ
1位は「自力で課題を解けるようになったから」

「お子さまの家庭学習の態度の半年内の変化を教えてください」とお聞きしたところ、「前よりも家庭学習に対して熱心になった」「どちらかと言えば、前よりも熱心になった」と回答した方が54.9%でした。「(どちらかと言えばを含めて)熱心になった」と回答された方に、そのきっかけをうかがったところ、「自力で課題を解けるようになったから」(29.4%)、「成績がよくなったから」(20.2%)、「学校の先生の影響」(18.4%)、「勉強の面白さを覚えたから」(16.6%)と続きました。特に小1のお子さんは、「自力で課題を解けるようになったから」(34.5%)、「勉強の面白さを覚えたから」(20.6%)が1位、2位となり、小学校に入学して「自分でできた!」「学ぶのが楽しい!」という喜びが、子どもの学ぶモチベーションになるということがわかる結果となりました。

関連リンク
家庭学習についての実態調査|プレスリリース
子どもの家庭学習調査2015(1)-家庭学習の現状と理想
子どもの家庭学習調査2015(2)-子どもの家庭学習をうまくいかせるポイント
子どもの家庭学習調査2015(3)-大事な親の観察力、注目すべきポイントは?
子どもの家庭学習調査2016(2)-学習習慣をつけるために子にかける言葉とは?
子どもの家庭学習調査2016(3)-家庭のスタイル別家庭学習の実態

関連記事

子育て・家庭学習  2017/04/04更新

Vol.202 家庭学習調査2016(3)
家庭のスタイル別家庭学習の実態

専業主婦家庭と共働き家庭、 家庭学習の実態に差はほとんどない 共働き家庭は「自律」を重視

子育て・家庭学習  2017/03/21更新

Vol.199 家庭学習調査2016(2)
学習習慣をつけるために子にかける言葉とは?

「ほめる」「自覚を促す」で 家庭学習の習慣づけ

子育て・家庭学習  2016/02/01更新

Vol.133 子どもの家庭学習調査(最終回)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?

家庭学習が うまくいっている家庭から学ぶ 親の観察ポイントとは

子育て・家庭学習  2016/01/05更新

Vol.127 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント

家庭学習をうまくいかせるためには 「学習する時間を決める」「親も楽しむ」 「普段からのコミュニケーション」がポイント

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!