トップ > KUMON now! > トピックス > 子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/12/07更新

Vol.119

子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想  

家庭学習は母親の大きな悩み
母親求めるのは「みずから進んで学ぶ姿勢」

KUMONでは、2015年8月、小1~小3の子がいる共働き世帯の母親を対象に「家庭学習についての実態調査」を実施しました。KUMON now!では、この調査結果を全3回にわたってお伝えします。第1回目の今回は、「子どもの家庭学習の現状と母親が思い描く理想の家庭学習の状態について」の結果をお伝えします。

【「共働き世帯の子どもの家庭学習調査」結果】
第1回:子どもの家庭学習の現状と母親が思い描く理想の家庭学習の状態について(今回)
第2回:調査から見えた「家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント」
第3回:家庭学習が「うまくいっている」家庭から学ぶ、親の観察ポイントとは?

 

家庭学習で行っているのは 「小学校の宿題」がメイン
 1日の学習時間は「32.0分」、頻度は週「5.7回」

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:小1~小3の子がいる共働き世帯の母親1,000人
調査期間:2015年8月28日~8月30日

小1~小3の子どもが家庭学習として取り組んでいるのは、「小学校の宿題」(94.2%)が大多数でした。このほか、「通信教育の課題」(30.6%)、「(ドリルや問題集など)両親が与える課題」(20.8%)と続きました。

また、平日の家庭学習の平均時間は「32.0分」という結果でした。学年別にみると、小1が「25.2分」、小2が「32.0分」、小3が「36.7分」と、学年が上がるにつれて長くなっている傾向がみられました。家庭学習の頻度については、週平均「5.7回」という結果となりました。子どもたちは、平日を中心にほぼ毎日、家庭学習に取り組んでいる状況のようです。

 

52.7%の母親が家庭学習に「悩んでいる」と回答
母親が思い描く理想の家庭学習の状態とは?

わが子の家庭学習に関して、半数以上となる52.7%の母親が「悩んでいる」と回答しました。実際に「わが子の家庭学習がうまくいっている」と回答したのは65.9%、「うまくいっていない」が34.1%でした。この結果から、「わが子の家庭学習がうまくいっている」と思っている母親も、何らかの形で悩みを抱えているということが明らかになりました。

では、母親は何をもってわが子の家庭学習が「うまくいっている/うまくいっていない」を判断しているのでしょうか。

「家庭学習がうまくいっていると思う状態」についてたずねると、「子どもがみずから進んで家庭学習ができる」(54.8%)、「子どもが日々決められた学習量をこなすことができる」(42.0%)が上位に挙げられました。一方、「家庭学習がうまくいっていないと思う状態」については、「声をかけてもだらだらとし、すぐ行動に移さない」(53.3%)が最も多く、続いて「いちいち指図しないと動かない」(35.9%)が続きました。

「子どもの学習への自主的・意欲的な姿勢がみられるかどうか」が、母親が「家庭学習がうまくいっている/うまくいっていない」を判断する根拠となっているようです。

 

家庭学習の現実…親の対応は?

子どもの学習状況をたずねた設問のうち、家庭学習が「うまくいっている」家庭と「うまくいっていない」家庭の間で、もっともポイント差が大きかったのは「子どもがみずから進んで家庭学習をする」という点で、40ポイント近い差がありました(グラフ1)。逆に「うまくいっていない」家庭では、「親が声をかけないと学習ができない」という点におけるポイントが高く、「うまくいっている」家庭と大きく差がありました(グラフ2)。親が「うまくいっていない」と感じる場合には、親による促しや補助が必要な状況があるようです。

 

そんな現状に対して、親はどのような対応をしているのでしょうか。

子どもの学習において「ほめることがある」が計82.7%、「怒ることがある」は計76.8%という結果でした。子どもへの「ほめ方」についてたずねると、「『よくできたね』と声をかけて認めてあげる」(68.3%)、「『すごい!』『できるじゃない!』など大きく喜ぶ」(65.5%)というスタイルがトップ2となりました。対して「子どもの願いごとを聞いてあげる」「ごほうびとしておやつや好きなものを与える」など、子どものがんばりに対価を与える方法はとらない方が多いようです。

一方、「子どもの学習に関して怒る原因」についてたずねたところ、「だらだらとし、集中してできていない」(69.1%)、「字が汚く、乱暴に書いている」(57.3%)、「なかなか宿題(学習)にとりかからない」(54.8%)が上位3項目となりました。

家庭学習への取り組み状況別にみると、「うまくいっている」家庭では「ほめることがある」率が高く、「うまくいっていない」家庭では「怒ることがある」率が高くなっています。親の対応が子どもの家庭学習の取り組みに影響している可能性があるといえそうです。

連載第2回以降、家庭学習をうまくいかせるためのヒントを、調査から明らかにしていきます。

 

関連リンク

子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント|KUMON now!
共働き世帯「家庭学習」に関する調査|プレスリリース

関連記事

子育て・家庭学習  2016/01/05更新

Vol.127 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント

家庭学習をうまくいかせるためには 「学習する時間を決める」「親も楽しむ」 「普段からのコミュニケーション」がポイント

子育て・家庭学習  2016/02/01更新

Vol.133 子どもの家庭学習調査(最終回)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?

家庭学習が うまくいっている家庭から学ぶ 親の観察ポイントとは

子育て・家庭学習  2018/01/30更新

Vol.243 父親と母親を比較!子の学習状況、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 母親と父親の「子の生活や学習への関わり方」の違いとは?

子育て・家庭学習  2017/02/28更新

Vol.196 家庭学習調査2016(1)
子どもが学習に前向きになるきっかけとは?

「自分でできた!」「学ぶのが楽しい!」 という喜びが、子どもの学ぶモチベーションになる

子育て・家庭学習  2018/02/27更新

Vol.247 家庭学習調査2017(3)
保護者の将来の見通しとわが子への期待

親が教育を通じてわが子に身につけてほしいのは 「コミュニケーション能力」 「チャレンジ精神」「積極性」

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!