トップ > KUMON now! > トピックス > 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2016/01/05更新

Vol.127 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント  

家庭学習をうまくいかせるためには
「学習する時間を決める」「親も楽しむ」
「普段からのコミュニケーション」
がポイント

KUMONでは、2015年8月、小1~小3の子がいる共働き世帯の母親を対象に、「家庭学習」についての実態調査を実施しました。KUMON now!では、この調査結果を全3回にわたってお伝えしています。第2回目の今回は、「調査から見えた『家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント』」をお伝えします。

【「共働き世帯の子どもの家庭学習調査」結果】
第1回:子どもの家庭学習の現状と母親が思い描く理想の家庭学習の状態について※
第2回:調査から見えた「家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント」(今回)
第3回:家庭学習が「うまくいっている」家庭から学ぶ、親の観察ポイントとは?

※第1回の調査結果は、記事末尾の関連リンクからご参照ください。

 

ポイント1: 学習する時間を決める

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:小1~小3の子がいる共働き世帯の母親1,000人
調査期間:2015年8月28日~8月30日

親の意識・行動として「平日の家庭学習の開始時間を把握している」(57.7%)、「その日にやった家庭学習の内容を終了後に確認している」(52.0%)の2項目は、「あてはまる」と回答した人が全体の半数を超えていました。

この結果を、家庭学習が「うまくいっている」「うまくいっていない」という状況別にみると、「平日の家庭学習の開始時間を把握している」という項目に対して「あてはまる」「ややあてはまる」と回答したのは、「家庭学習がうまくいっている」家庭で65.3%、「家庭学習がうまくいっていない」家庭は43.1%という結果で、13項目のうち一番差が大きい結果でした。

一方、「うまくいっていない」家庭では、「気がつくと学習に関してがみがみと怒っている」(66.3%)、「子どもの学習を毎日促している」(64.5%)が高率でした。この結果から、「うまくいっていない」家庭は、子どもの学習に関して“促しが必要”であり、このことによって母親が怒りがちであるという状況が浮かんできました。学習する時間が決まっている(親子で決めている)のが、家庭学習をうまくいかせるポイントの一つであると言えそうです。

【グラフ1】
Q. あなたの小学1年生~3年生のお子さまの学習状況や態度について、あなたの意識や行動として近いものをお選びください。

 

 

ポイント2: 親も楽しむ

もう一つKUMON now!が注目したのが、「子どもとの家庭学習の時間が楽しみだ」という項目に対する回答です。この項目に対して、「うまくいっている」家庭の15.6%の方が、「あてはまる」と回答していました。(「うまくいっていない」家庭では、「あてはまる」と回答したのは、6.5%。)この結果から、親も一緒に家庭学習を楽しむ気持ちを持つことも、家庭学習をうまくいかせるポイントの一つと言えそうです。小学生になると、「学習は自分でするもの」と親は考えがちですが、特に小学校低学年のうちは、親が一緒に家庭学習を楽しみながら取り組むことで、学習習慣づけによい影響があるかもしれません。

 

ポイント3: 普段からのコミュニケーション

今回の調査では、普段の生活における親子のかかわりと家庭学習状況の相関が見てとれました。共働き家庭で親と子が一緒に過ごす時間は、平均で「1時間38.7分」でした。この結果は、「うまくいっている」家庭と「うまくいっていない」家庭で大差はありませんでした。

親子で過ごす時間の過ごし方は、「テレビを一緒にみる」(69.0%)、「買い物に一緒に行く」(63.8%)、「一緒にお風呂に入る」(61.1%)が6割台で挙げられました。家庭学習の取り組み別に比べると、「うまくいっている」家庭は「テレビを一緒にみる」を除く全ての項目で「うまくいっていない」家庭のスコアを上回る結果が出ました。この結果から、「うまくいっている」家庭は、子どもと様々なことをして過ごしている様子がうかがえます。

【グラフ2】
Q. あなたは、小学1年生~3年生のお子さまと、普段どのように過ごしていますか?

 

また、子どもとの会話で話題にあがるのは、「学校での出来事全般」(74.1%)、「友達について」(60.0%)、「子どもの興味のあることについて」(51.2%)の項目がトップ3でした。 家庭学習が「うまくいっている」家庭では、全項目で「うまくいっていない」家庭のスコアを上回り、親子で多くの話題を共有している様子がうかがえます。

【グラフ3】
Q. あなたが、小学1年生~3年生のお子さまとの会話で、話題に多く上がるのは何ですか?

 

これらの結果から、家庭学習が「うまくいっている」と感じているママは、会話や遊び、勉強といった日常の基本的な生活の場面を子どもと共に過ごしており、学習に限らず生活全般で子どもとの関わりがスムーズである様子がうかがえます。それによって、家庭学習も「うまくいっている」と感じているとも考えられます。

 

関連リンク

子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想|KUMON now!
子どもの家庭学習調査(3)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?|KUMON now!
共働き世帯「家庭学習」に関する調査|プレスリリース

関連記事

調査・研究・アンケート  2015/12/07更新

Vol.119 子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想

家庭学習は母親の大きな悩み 母親が求めるのは「みずから進んで学ぶ姿勢」

子育て・家庭学習  2016/02/01更新

Vol.133 子どもの家庭学習調査(最終回)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?

家庭学習が うまくいっている家庭から学ぶ 親の観察ポイントとは

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!