トップ > KUMON now! > トピックス > 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2016/01/05更新

Vol.127

子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント  

家庭学習をうまくいかせるためには
「学習する時間を決める」「親も楽しむ」
「普段からのコミュニケーション」
がポイント

KUMONでは、2015年8月、小1~小3の子がいる共働き世帯の母親を対象に、「家庭学習」についての実態調査を実施しました。KUMON now!では、この調査結果を全3回にわたってお伝えしています。第2回目の今回は、「調査から見えた『家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント』」をお伝えします。

【「共働き世帯の子どもの家庭学習調査」結果】
第1回:子どもの家庭学習の現状と母親が思い描く理想の家庭学習の状態について※
第2回:調査から見えた「家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント」(今回)
第3回:家庭学習が「うまくいっている」家庭から学ぶ、親の観察ポイントとは?

※第1回の調査結果は、記事末尾の関連リンクからご参照ください。

 

ポイント1: 学習する時間を決める

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:小1~小3の子がいる共働き世帯の母親1,000人
調査期間:2015年8月28日~8月30日

親の意識・行動として「平日の家庭学習の開始時間を把握している」(57.7%)、「その日にやった家庭学習の内容を終了後に確認している」(52.0%)の2項目は、「あてはまる」と回答した人が全体の半数を超えていました。

この結果を、家庭学習が「うまくいっている」「うまくいっていない」という状況別にみると、「平日の家庭学習の開始時間を把握している」という項目に対して「あてはまる」「ややあてはまる」と回答したのは、「家庭学習がうまくいっている」家庭で65.3%、「家庭学習がうまくいっていない」家庭は43.1%という結果で、13項目のうち一番差が大きい結果でした。

一方、「うまくいっていない」家庭では、「気がつくと学習に関してがみがみと怒っている」(66.3%)、「子どもの学習を毎日促している」(64.5%)が高率でした。この結果から、「うまくいっていない」家庭は、子どもの学習に関して“促しが必要”であり、このことによって母親が怒りがちであるという状況が浮かんできました。学習する時間が決まっている(親子で決めている)のが、家庭学習をうまくいかせるポイントの一つであると言えそうです。

【グラフ1】
Q. あなたの小学1年生~3年生のお子さまの学習状況や態度について、あなたの意識や行動として近いものをお選びください。

 

 

ポイント2: 親も楽しむ

もう一つKUMON now!が注目したのが、「子どもとの家庭学習の時間が楽しみだ」という項目に対する回答です。この項目に対して、「うまくいっている」家庭の15.6%の方が、「あてはまる」と回答していました。(「うまくいっていない」家庭では、「あてはまる」と回答したのは、6.5%。)この結果から、親も一緒に家庭学習を楽しむ気持ちを持つことも、家庭学習をうまくいかせるポイントの一つと言えそうです。小学生になると、「学習は自分でするもの」と親は考えがちですが、特に小学校低学年のうちは、親が一緒に家庭学習を楽しみながら取り組むことで、学習習慣づけによい影響があるかもしれません。

 

ポイント3: 普段からのコミュニケーション

今回の調査では、普段の生活における親子のかかわりと家庭学習状況の相関が見てとれました。共働き家庭で親と子が一緒に過ごす時間は、平均で「1時間38.7分」でした。この結果は、「うまくいっている」家庭と「うまくいっていない」家庭で大差はありませんでした。

親子で過ごす時間の過ごし方は、「テレビを一緒にみる」(69.0%)、「買い物に一緒に行く」(63.8%)、「一緒にお風呂に入る」(61.1%)が6割台で挙げられました。家庭学習の取り組み別に比べると、「うまくいっている」家庭は「テレビを一緒にみる」を除く全ての項目で「うまくいっていない」家庭のスコアを上回る結果が出ました。この結果から、「うまくいっている」家庭は、子どもと様々なことをして過ごしている様子がうかがえます。

【グラフ2】
Q. あなたは、小学1年生~3年生のお子さまと、普段どのように過ごしていますか?

 

また、子どもとの会話で話題にあがるのは、「学校での出来事全般」(74.1%)、「友達について」(60.0%)、「子どもの興味のあることについて」(51.2%)の項目がトップ3でした。 家庭学習が「うまくいっている」家庭では、全項目で「うまくいっていない」家庭のスコアを上回り、親子で多くの話題を共有している様子がうかがえます。

【グラフ3】
Q. あなたが、小学1年生~3年生のお子さまとの会話で、話題に多く上がるのは何ですか?

 

これらの結果から、家庭学習が「うまくいっている」と感じているママは、会話や遊び、勉強といった日常の基本的な生活の場面を子どもと共に過ごしており、学習に限らず生活全般で子どもとの関わりがスムーズである様子がうかがえます。それによって、家庭学習も「うまくいっている」と感じているとも考えられます。

 

関連リンク

子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想|KUMON now!
子どもの家庭学習調査(3)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?|KUMON now!
共働き世帯「家庭学習」に関する調査|プレスリリース

関連記事

調査・研究・アンケート  2015/12/07更新

Vol.119 子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想

家庭学習は母親の大きな悩み 母親が求めるのは「みずから進んで学ぶ姿勢」

子育て・家庭学習  2016/02/01更新

Vol.133 子どもの家庭学習調査(最終回)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?

家庭学習が うまくいっている家庭から学ぶ 親の観察ポイントとは

子育て・家庭学習  2020/04/21更新

Vol.351 家庭学習調査2019(2)
新学習指導要領の実施に向けて

プログラミングと外国語教育 新学習指導要領の認知と評価は?

子育て・家庭学習  2017/04/04更新

Vol.202 家庭学習調査2016(3)
家庭のスタイル別家庭学習の実態

専業主婦家庭と共働き家庭、 家庭学習の実態に差はほとんどない 共働き家庭は「自律」を重視

子育て・家庭学習  2016/06/14更新

Vol.156 わが家の家庭学習-KUMON編

習慣づけるには 「楽しい」「どんどん進みたい」という 子ども自身の思いから

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!