スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/10/29更新

Vol.070

特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
  前編

学び合いが創り出す
KUMONならではのホスピタリティ

原 良憲 (はら よしのり)

兵庫県姫路市出身。1981年東京大学工学部電子工学科卒業。1983年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2005年京都大学博士(情報学)。1983年日本電気株式会社入社以来、日本と米国・シリコンバレーの研究拠点で、メディア情報管理などの研究・事業開発に従事。2006年より京都大学経営管理大学院教授(現職)。同大学院院長(2018~2020年)、サービス学会会長、日本学術会議連携会員、京都市ベンチャー企業目利き委員会審査委員など。

各界の識者とともに、教育の未来やKUMONのこれからを探っていく対談シリーズ。今回は、サービス・イノベーション、インテグレイティド・ホスピタリティなどを専門に、京都大学経営管理大学院にて教鞭をとる原 良憲教授にお越しいただき、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。前編ではサービス業としてのKUMONの特色、KUMONならではのホスピタリティについて意見を交わしました。

生徒と先生が共に創る学習プロセス

原:サービス業でよく言われる「お客様は神様です」という言葉がありますね。お客様の言うことを何でも認めてソリューション(問題解決)を提供する考え方は、瞬間的な価値はありますが、長続きしないのではないかというのが持論です。京都の興味深い商慣習に「客を鍛える」という言い方があります。一見(いちげん)さんお断りというと、ネガティブにも捉えられます。しかし、本質は「いいものはいい」と、お客様に本物であるものを正しく認識していただくこと、また、このような商慣習の過程で対等な関係を築くことです。お客様のリテラシーを高めることで信頼関係を長続きさせられる。どちらがサービス提供者、受益者ということではなく、切磋琢磨して、長く続く信頼関係作りを目指しているのですよね。

池上:確かに、「一見」というのはイベントですよね。イベントは一回ですが、公文式学習は一回の授業で完結する形ではなく、毎回の学習を重ねて進んでいくプロセスになっています。プロセスの中で学習者が伸びていき、指導者もともに学び成長していきます。

原:華道の世界の話になりますが、池坊専好次期家元と、日本の美意識やレジリエンス(持続する復元力)などについて、一緒に教育研究させていただいています。生け花の世界では、右長左短、時間の間といった非対称性や曖昧さがあって、そういう中で不完全なものから、完全な状態を目指す過程を一緒に楽しむというのが日本の美意識ではないかと。できあがったものを楽しむというより、一緒に創る過程を楽しむという発想で。たとえばハリウッドやK-POPのような完成度の高いエンタテインメントに重きをおくこととは、注目する視点が異なりますよね。まさにプロセスをより大事にしているということだと思います。

特別対談:原良憲教授,池上秀徳

池上:学校は基本的に1年ごとに担任が変わりますが、KUMONは先生が生徒を学年で区切るのではなくある期間に渡って長く受け持つので、その間のプロセスがずっと共有されていくわけです。あの時はこうだったねと共通の体験を語れるようになるんですよね。中には、学習者だった親御さんのお子さんが同じ先生の教室に通うということもあり、世代をまたがってプロセスを共有し続けるなんてこともあるわけです。プロセスという共有体験と指導者のホスピタリティが重なることで生まれるものが、KUMONのサービスの強みであり、本質だと思います。

関連リンク
京都大学経営管理大学院


 

特別対談:原良憲教授,池上秀徳   

後編のインタビューから

-非認知能力をいかに見える化するかがカギ
-常に見通しを示すことが重要
-指導者の学びあう風土

関連記事

2021/11/05更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!