スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/06/04更新

Vol.068

特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
  後編

これから求められるのは
自ら課題を発見して解決できる人材

佐藤 昌宏 (さとう まさひろ)

デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐。一般社団法人教育イノベーション協議会代表理事。内閣官房「教育再生実行会議 技術革新ワーキング・グループ」委員、文部科学省 教育再生実行アドバイザー、経産省「『未来の教室』とEdTech研究会」座長代理など、国の教育改革に関する委員を数多く務める。著書に『EdTechが変える教育の未来』(インプレス)。

時代の変化がよりスピードを増しているように感じられるなか、「どんな時代、どんな状況になっても、子どもたちが伸びていくために大切なことは何か?」――これからの子どもたちに求められる力、そして育みたい力について、各界の識者とともに探っていきます。
今回は、EdTech(=Education[教育] × Technology[テクノロジー])の第一人者として、国が推進する教育改革への提言に関わる委員などを数多く務められている、デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐の佐藤昌宏先生をお迎えして、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。前編に続く後編では、KUMONらしいICT(=Information and Communication Technology[情報通信技術])の活用について意見を交わしました。

すべては子どもたちの幸せのために

佐藤:これまでの学校の先生方というのは、クラスルームの30人なり40人なりの生徒たちを相手に、職人芸で個別最適化をはかっていたわけですね。ただそれはアナログだから定量化しにくいし再現性も難しい。ICTによってその解決をはかることができます。

池上:ICTの活用でも再現が難しいことには、先生の子どもに対する「思い」や「気持ち」の部分がありますよね。ここは人間の性格や資質もあるからなかなか定量化できないところであり、それこそAIではなく人が関わることの魅力だと思います。

特別対談:佐藤昌宏,池上秀徳

佐藤:公文式教室の先生の愛情や気持ち、そして学習者一人ひとりの「ちょうど」の見極めや関わりは、大きな強みだと思います。今のICTでは、評価まではできないと思っています。評価をアシストするデータや事実を提供するのがICTの役割です。ここはAIが勝手にやるときっとおかしなことになるでしょう。

池上:KUMONの指導者は、子どもたちの自立を促していく大切な存在です。学力はもちろん、子どもたちの個性や気持ちをきちんと把握したうえで、個人別にちょうどの教材を提供し学習をサポートする。「一人ひとりのできること」を見つけて、可能性を引き出す存在です。手とり足とり教えるのではなく、子ども自身に自分の力で気づかせるように導くことで、自分で課題を克服する姿勢を身につけてほしいという考え方です。

佐藤:子どもに手を差し伸べてフィードバックをする役割ですね。手を差し伸べるのはやはり人間の仕事。ICTによる正確なフィードバックと、そこに愛情を添えるのが人間ですね。EdTechを推進する側として、KUMONほどICTと親和性の高い教育企業はないだろうと思います。デジタルシフトに向けてコロナはきっかけのひとつでしょうけど、グローバル企業として世界の動きをさらにリードしていただきたいです。KUMONの今後のビジョンやICT活用の道筋をお伺いできたので非常にわくわくするとともに安心しました。そのキーワードはやっぱりビッグデータですね。KUMONはこれからビッグデータを活用して子どもたちの学習にますます貢献する企業になっていくんでしょうね。

池上:ありがとうございます。一人ひとりの子どもたちの「ちょうど」を見極める指導者の存在と、誰もが自分の力で進めていけるようにきめ細かいステップで構成された教材に、ICTを上手に活用していくことで、子どもたちの可能性をさらに引き出すことに挑戦していきたいと思います。

佐藤:これから数十年先にはICTの活用は今よりさらにあたりまえになります。ただ私たちの仕事は、流れにまかせていたら何十年もかかってしまう変化を、10年とか5年にどうやったら縮められるかということでしょう。ICTが変化を促しているのは教育だけではありません。たとえば農業も金融業界も、さらに医療現場でも、すごく大きな変化が起きています。そして、教育において、時代とともに変化を起こしていくのは、すべて子どもたちの幸せのためなんですね。

特別対談:佐藤昌宏,池上秀徳

池上:そうですね。「何のため」「何を目指しているか」が大切ですね。私たちKUMONも子どもたちの幸せのために存在します。「教育を通じて地球社会に貢献する」という公文の理念そのものです。

佐藤:ICTの教育への活用は、子どもたちのより豊かな学習のためです。私たちがいかにそれを活用して、未来の子どもたちの成長、幸せにつなげられるか、ということが大切ですね。

池上:KUMONにとってのICT活用は60年を超える歴史の中で第二の創業に近いことかもしれません。子どもたちの可能性をさらに伸ばすこと、そして今ある仕組みをさらに伸ばすために、地に足をつけた形でのICT活用をしっかり考えながらやっていきたいです。

関連リンク
デジタルハリウッド大学大学院
一般社団法人教育イノベーション協議会


 

特別対談:佐藤昌宏,池上秀徳  

前編のインタビューから

-KUMONらしいICTの活用
-すべては子どもたちの幸せのために

関連記事

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/11/05更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!