スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/05/28更新

Vol.068

特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
  前編

これから求められるのは
自ら課題を発見して解決できる人材

佐藤 昌宏 (さとう まさひろ)

デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐。一般社団法人教育イノベーション協議会代表理事。内閣官房「教育再生実行会議 技術革新ワーキング・グループ」委員、文部科学省 教育再生実行アドバイザー、経産省「『未来の教室』とEdTech研究会」座長代理など、国の教育改革に関する委員を数多く務める。著書に『EdTechが変える教育の未来』(インプレス)。

時代の変化がよりスピードを増しているように感じられるなか、「どんな時代、どんな状況になっても、子どもたちが伸びていくために大切なことは何か?」――これからの子どもたちに求められる力、そして育みたい力について、各界の識者とともに探っていきます。
今回は、EdTech(=Education[教育] × Technology[テクノロジー])の第一人者として、国が推進する教育改革への提言に関わる委員などを数多く務められている、デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐の佐藤昌宏先生をお迎えして、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。今回お届けする前編では、これから求められる人材像や未来の教育の在り方、ICT(=Information and Communication Technology[情報通信技術])を軸とした時代の変化について、後編ではKUMONらしいICTの活用について意見を交わしました。

新しい時代の「ちょうどの学習」

特別対談:佐藤昌宏,池上秀徳

佐藤:これまでの教育におけるICTの活用としてイメージされてきたのは、eラーニングのような、画面に向かって一人で学習するというものですが、これはモチベーションを維持するのが大変なんですね。ゲーム性を取り入れたゲーミフィケーション(=ゲームの要素や考え方を他の分野で活かす)のような工夫もありますが、学び続けるモチベーションをいかにキープしていくかは課題のひとつです。

池上:公文式はICTのないアナログ時代から始まっていますが、創始者の公文公会長は、紙の問題を解き指導者が採点してその場で振り返る、という形で、人が介在することで学習者のモチベーションを引き出すことを大切にしていました。

佐藤:モチベーションを維持するために必要なのがリフレクション(=内省による振り返り)だと言われています。ただリフレクションに関して、自分の過去の履歴を客観的に、事実に基づいて振り返るのってとても難しいんですね。でもそこはICTの出番。たとえば私はスキーをやるんですが、ビデオを使って自分の動きの録画を振り返るだけでも劇的にうまくなるんですよ。ICTを使えば、事実に基づいたリフレクションができる。
たとえば公文式のプリントを積み上げていくだけでもその紙の累積の量で、子どもたちは「こんなにやったのか」と自己肯定感がわくでしょう。でも枚数だけではなく、1枚1枚の中身について何ができたのか何を間違えたのか、かかった時間は?それらを的確に分析して、グラフのような形でより詳しく見せていくこともICTで可能になります。

池上:ICTの活用、まさに大事なところですね。私たちは「教材は子どもたちがつくるもの」という考え方を大切にしています。学習いただいている子どもたちが問題を解いている様子や内容、記録に学びながら、細かな改訂を重ねています。誰もが自分の力で進めていける、学習者にとっての「ちょうどの学習」を実現できる教材を目指しています。ICTは、よりよい指導にも活かせますね。

佐藤:おっしゃる通りで、ICTを活用することで、「ちょうどの学習」や「教材改訂」など、さらなる進化に活かせるように思います。指導者の先生方の教育への熱い思いや子どもたちへの愛情を大切にしながら、そこにICTを有効活用することが、さらに先を行くためのヒントになりそうです。

関連リンク
デジタルハリウッド大学大学院
一般社団法人教育イノベーション協議会


 

特別対談:佐藤昌宏,池上秀徳  

後編のインタビューから

-KUMONらしいICTの活用
-すべては子どもたちの幸せのために

関連記事

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.420
英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続ける大切さ
好きなことを探求する先に出合う無限の可能性
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 後編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!