スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/02/28更新

Vol.060

合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん  後編

プログラミングをきっかけに
未来社会に向けて
「新しい学び」を獲得していこう

松田 孝 (まつだ たかし)

1959年東京都生まれ。東京学芸大学卒。上越教育大学大学院修士課程修了。東京都公立小学校教諭、東京都狛江市教育委員会主任指導主事(指導室長)をはじめ、東京都の小学校校長を3校歴任。2019年4月より合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げ、代表に就任。総務省地域情報化アドバイザー、金沢市プログラミング教育ディレクター、小金井市教育CIO補佐官も務める。著書に『学校を変えた最強のプログラミング教育』(くもん出版より近日発売予定)。

東京都の小学校教諭を振り出しに、教育委員会指導主事、小学校校長などを歴任されてきた松田孝さん。校長として最後の赴任校となった小金井市立前原小学校では、ICT(情報通信技術)の活用やプログラミング教育を先駆けて実施し、注目を集めました。現在は3つの公的な肩書きを持つほか、自ら会社をつくり、民間企業と連携してICT教育の普及に取り組まれています。新たなチャレンジを続ける松田さんが考える「学び」、そして「教育」とは? プログラミング教育によって子どもたちはどう変わるのか、教員の道に進まれた理由などについてもうかがいました。

自分の頭で考えて主体的に生きていこう

合同会社MAZDA Incredible Lab 松田孝先生

じつは、そうした学校ではない「学びの場」を作りたいというのが、今後、私が挑戦してみたいことのひとつです。今の学校は、「安全の確保」「人権の尊重」「学力の向上」という極めて高度化した課題を背負い過ぎています。これからはオルタナティブ(既存のものに取ってかわる新しいもの)な学びの場がもっともっと開かれるべきだと思うのです。

私が考えているのは、プログラミングを自学できる場です。プログラミングそのものを教えるのではなく、プログラミングが表現やコミュニケーションのツールだということを理解する場となり、子どもたちが「サイバー空間とフィジカル空間を生きているんだ」と自覚しながら自己実現していき、自分を好きになる。そんな学びを保証する場が拓けたらと思っています。

ICTの活用やプログラミング教育の普及にあたっては、保護者の意識改革が欠かせません。しかし、パソコンやタブレットなどの情報機器を、授業で日常的に使用することに抵抗感を覚える保護者も少なくないと思います。よく心配されるのは、視力の低下、首や肩の痛みやしびれが起るストレートネックなどですが、この2つは姿勢の問題であり、情報機器そのものは関係ありません。情報機器にはゲームの要素もあるので、依存の問題も気になると思います。これについてはきちんとルールを作ることが大切です。

絶対に気をつけなくてはならないのは、ホルモンバランスの調節に影響するとされるブルーライトです。物理的に遮断できるメガネを使用するなど、適切な対策をとってほしいですね。就寝前にブルーライトを浴びるのは絶対に避けてください。

サイバー空間には、攻撃性、匿名性などのリスクもあります。保護者の方には、こうしたリスクを正しく理解し、その上で、子どもたちがどうICT機器の利活用に関わっていけばよいか、一緒に考えていただきたいと思います。社会に出ると必ず直面する問題なので、子どもの時にしっかり学ぶことが大事です。

子どもたちには、自分の頭で考えることを大切にして、主体的に生きていってほしいですね。自分を好きになるために、いろいろなことにどんどんチャレンジしてください。その過程では、悩んだり困ったりすることも出てくるでしょう。そんな困難が、人を成長させますし、必ずや困難への対応方法を見いだすことができると、私は信じています。そんな時に思い出してほしい詩があります。上越教育大学大学院時代に知った詩で、地元出身の児童文学作家、小川未明の歌碑に刻まれたものです。

雲の如く
雲の如く高く
雲の如く輝き
雲の如く、とらわれず

私自身、悩んだら空を見上げ、その悩みや困難の原因である既存の考え方に「とらわれない」よう自分を叱咤してきました。困難にぶつかったとき、そして自分自身をさらに好きになるために、ぜひ、思い出し「雲の如く、とらわらず」と唱えてみてください。

 

関連リンク
合同会社MAZDA Incredible Lab


 

合同会社MAZDA Incredible Lab 松田孝先生  

前編のインタビューから

-「Society 5.0」を生きる子どもたちに必要な力
-「プログラミング教育」による生徒の変化
-プログラミングは、子どもたちの思いを表現する新しいメディア

 
関連記事

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて「新しい学び」を獲得していこう

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!